東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/9/11

中村まり〜野うさぎのような歌  

10日は中村まりのライヴを吉祥寺のMANDARA2で見た
普段からサポートすることが多い原さとし(banjo)や岸本
一遙(fiddle)そしてソロ作も2枚出している安宅浩司(g)
を交えつつ進められたステージは
そのストリング バンド編成もあって 中村のソロ以上に
オールド タイム色へと針が振れていった

ブラインド ブレイク、カーター ファミリーあるいは
伝承歌の「私はもぐらになりたい」(グリール マーカ
スがディラン&ザ バンド『地下室』のライナーでその暗喩
に触れたことでも知られる)など こういう選曲ひとつ取って
も きょうびの女性シンガーソングライターにはなかなか求め
られない土臭い響きが溢れ出す
「キー トゥ ザ ハイウェイ」でのハーモニカもいいアクセ
ントだ

クリックすると元のサイズで表示します

権利や義務そして生き様を主張する音楽は山ほどあるが
不思議と中村まりは たとえ自作曲でもそういう世界と距離を
取る むしろ例えば伝承歌にある物語性やメタファーにどうや
ら惹かれているようだ それは音楽嗜好ということ以上に 
彼女が過去との対話や静寂との語らいに価値を見出しているか
らだろう あるいは知恵のようなものに

今日はあえて中村のヴォーカルに焦点を当てながら聞いてい
たのだが そういえばこのスタイルに思いつく先人たちが
なかなか見当たらない 微かにヴィヴラートがかかったブル
−ジーな歌声 こればかりは天性の授かりものだと思う

淡々と歩むその姿が その人となりを指し示す
むろん流行もフォーマットもマーケッティングも一切関係ない
中村まりとは そういう人だ

まだレコーディングされていない「Still In The Sun」や
「Hold A Little Hand」が まるで生まれたばかりの古典
のような風合いで 演奏が終わってもここに残っている

クリックすると元のサイズで表示します

終演後 片付けを終えた中村

クリックすると元のサイズで表示します

中村と筆者




2010/9/12  15:15

投稿者:obin

(追記)
そういえば当日私が空席を探していたところ 「小尾さんですか?」と
声を掛けていただいた方がいらっしゃいました 何でも私のblogを読んで
中村まりに興味を持ち 初めて聞きに来られたとおっしゃっていました
ネットではたまに詮無い人も出てきますが こんな私でも少しはお役に立っ
ていると思うと嬉しくなりました 終演後もその方から激励のお言葉をいた
だき 何だか温かいものが込み上げてきました

2010/9/12  4:11

投稿者:obin

muneさん、そう言っていただくと私も一人の中村まりファンとして
とても嬉しいです 
”百年に一度”の逸材を これからもきちんと見ていこうと思っています

2010/9/11  22:24

投稿者:muneさん

小尾さん こんばんは! 
中村まりさんのライブ予想以上に素晴らしかったです。
特に、彼女のブルーグラス(オールドタイム)好きには驚きました。
(私も60年代にハマった時がありましたが)ニッティー・グリッティーの71年のアルバムからの影響でしょうか? 
これから私も追いかけます。また、お会いしましょう!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ