東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/9/12

大きな流れを手繰り寄せていく東京ローカル・ホンク  Rock N Roll

11日は東京ローカル ホンクのライヴを高円寺のJIROKICHIで

先週の渋谷BYG以上のしなやかさを見せるバンド サウンドに
酔った 音響も定位を含めてかなりの水準だ

2本のギターが繰り出していく澄んだ音色といい
ミディアムでじわじわとウネっていくリズム セクション
といい 今日はほぼパーフェクトな出来映え
メンバーたちも乗っていてアンコールも4曲という大きな
流れへと辿り着いていった

「目と手」に「はじまりのうた」
この二つの新曲が今後のホンクにとって大きな推進力となっ
ていくのでは、、、そんな華やぐような予感も味わった
とくにメンフィス ソウルとトワング ギターが鮮やかな
合致を見せる「はじまりのうた」の豊潤な味わいといったら!
長いインプロが用意される「カミナリ」の降り注ぐ雨を描き
出していくような展開は 身震えするほど

クリックすると元のサイズで表示します

井上文貴 指弾きでもスライドでも引き出しの豊かさばかりか
音色への気配りも

クリックすると元のサイズで表示します


新井健太  歌と伴走していく得難いプレイヤー
この日も裏メロで印象に残るラインを紡ぎ出していった

クリックすると元のサイズで表示します


田中クニオ まさにハートビート リムショットのさざ波
から奔放なフィル インまでが ”気は心”に支えられている

クリックすると元のサイズで表示します

木下弦二 井上のギターとの対比も鮮やか
ときどきソリッド ギターも使用しているが 空洞板が付
いたこのギターが 彼のシグネチュアーだ

クリックすると元のサイズで表示します


何気ない小品「伊豆半島」を アンコールの序盤に
アカペラで
この四人ならではと思わせる瞬間がここにも

MCでは珍しく曲の構造を解説するサービスもあった
(ループのなかの大きな展開とか)
また『”何々系 何々系”と言われた時もあったが
結局(どのブームにも)乗れなかった』といった主旨も
木下は語っていたが そこに聞き取れるニュアンスが
自嘲ではなく逞しい響きであることが 現在のホンクの
圧倒的な強みだと思う
結果 彼らは他の誰でもない世界を築いていったのだから

クリックすると元のサイズで表示します

「カミナリ」ではこんなインプロ場面も
これはヘンドリクス的な歯弾きではなく 木下が自らの
ヴォイスをギターのマイクを通して響かせるという試みです

当日のプレイリストはこちら

http://d.hatena.ne.jp/QRR/20100911





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ