東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/9/14

most likely you go your way,and i'll go mine  Rock N Roll

問答無用のチャック・ベリー

クリックすると元のサイズで表示します

チャック ベリーが57年に発表したファースト アルバムは
ロックンロールのみならず ブルーズ、ラテン、ラウンジ、
バラードなど 雑種な音楽の交差点といったところ そのぶん
当時の音楽背景が伺えるというものだ
「Brown Eyed Handsome Man」では人種差別への皮肉も込め
られている
たぶん 世界一美しいファースト アルバムがここに




2010/9/15  16:27

投稿者:obin

小出斉さんが『レココレ』で「school day」(しばしdaysと誤記される)について               
お書きになられていますが 「school days」と過去に呼びかけるのではなく
「school day」と現在進行形で学校(とその放課後)を楽しもうというのが
同曲の歌詞のポイントです サブタイトルはRing Ring Goes The Bell
(鳴るよ鳴るよ放課後のベルが)とあり そのフレーズと掛け合っていくギター
も見事!
これが『After School Session』のオープニング曲なのでした

2010/9/15  6:54

投稿者:obin

エル・テッチさん、おはようございます 確かに当時はシングル盤の時代でしたね
LPは”白人富裕層向けの市場”(この言葉をマーシャルさんは取材中幾度も
口にしていました)でしたから

私のチャックベリー体験はベスト盤から始まっているので 逆に『アフター〜』
のバラけ具合は 埋め草的なナンバーも含めて楽しめました
バラードの「Together We Will Allways Be」とか ラテン風味の「Havana
Moon」とか、、、でもデビュー曲の「Maybellene」が入っていなかったり
と やはり妙なアルバムではあるのですが(笑)

おっしゃるようにマディの『The Best Of』(註:紛らわしいけどいわゆるベスト
盤ではなくファーストです)のような完成度とは明らかに違います

『ヘイル ヘイル ロックンロール』や『永遠のモータウン』(Standing On
the Shadow Of Love)の映画は観たのですが 『ドリームガール』や『キャ
デラック レコード』は見逃してしまいました 最近では『パイレーツ ロック』
が楽しめました

マーシャルさんのインタヴューを読まれたら またぜひ感想をお聞かせください

2010/9/15  3:36

投稿者:エル・テッチ

 久しぶりに、エアコンをOffにしていたら、うたたねをしてしてしまって、今、居間のソファで目覚めました。
 Chuck Berryの1stは、期待が大きすぎて、初めて聴いたときは、そのあまりの地味ぶりにがっかりしたことを覚えています。ここには、Berryの綺羅星のごときヒット曲が、ほとんど収録されていません。
 当時、LPは、まだ富裕層のものだったと思われ、ヒット・シングル1枚を軸に、アルバム用吹き込みを加えたつくりというのが、最も冒険のないスタイルだったと思います。
 このアルパムも、そういうたぐいだったんでしょうか?
それとも、自らのブルース・ルーツを明かした、アーシステックな主張がこめられていたんでしょうか?
 当時のChuckに、どれほど発言権があったか疑問ですが、少なくとも、Muddyの1stとはつくりが、まるで違います。
 でも、Chuckのその後の人生を考えると、そんな甘い人生観の人とは考えにくいです。
事実、その後のアルバムは、ヒット曲満載路線にシフトしていっています。

 さて、私は、少し前ヒットした映画「ドリーム・ガール」をDVDで出見ましたが、「キャデラック・レコード」は見ていません。Obinさんは、ご覧になられましたか?
モータウンをモデルにした映画が、あれだけ話題になったのに比較して、Chessを題材にした映画が、ほとんど話題にも上がらないのはなぜでしょう。
 出来が悪かったんでしょうか? 私も、ショップで、「ああ、サントラがでてるなあ」と、などと一応感心がありましたが、結局いまだに見ていません。
 やはり、エタ・ジエイムズ役が、ビヨンセというのは無理があったのかな?
くしくも、ドリームガールズでのダイアナ・ロスがモデルと思しき人物も、ビヨンセが演じていました。
 0binさんの記事、楽しみにしています。

http://fanblogs.jp/eltetti1/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ