東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2008/2/22

大寒町〜そこにあった場所  

77年頃スタートした江古田のテックスメックス専門レコード店、クランが
この2月に店を閉めた

開店当初は英米のシンガーソングライターやスワンプ ロックなど
渋いロックを聴かせる喫茶店(夜は飲み屋)として知る人ぞ知るスポットであり
私もその時代から頻繁に顔を出していたかつての若者だった
初めてリクエストしたのが ジェシ ウィンチェスターのファーストだったといえば
あの時代の空気を感じ取ってもらえるだろうか

サントリーホワイトのボトルを飲み倒した日々
トム ウェイツを聞き通した雨の午後
「ディキシー チキン」に興奮した夜
ダグ サームの死去を知らせに行った晩秋

思えば私の音楽的成長はこの店の存在とともにあったのだが
昨年末の西早稲田ジェリー ジェフ閉店とともに
時代が変わりゆく様を今更ながらに
突き付けられるような思いである

家への帰り道 店主に挨拶するくらいが
最近の付き合いだったというのが正直なところ
確かに厳しい時代は近年ずっと続いていたのだろう

ともあれ約30年の歴史があった
吸い込んだ思いも
捨て去った過去も
とにかくだ

そんな思いを見透かされないように
夕暮れの静けさのなか
弱まっていく太陽の光のなか
最後のシャッターは降ろされていた

別れを告げる相手も
もう永遠に そのちょっとぎこちない姿を
見せてはくれない










2008/2/22

37年間に37枚のアルバムを出し続けた男  

がヴァン モリソンである(もうすぐ出る新作を含めて)
むろん多少のむらっけがあったり
やや生気に欠ける作品もあるのだが
明らかに傑作となる予感を噛み締めながら作っていったアルバムも
肩の力を抜いたカントリーアルバムも
私は同じように好きだ
何故ならばすべての作品が名盤でなければならないという理由はどこにもなく
むしろそんな隙のない人間というのは
個人的にもあまり好きではない

ある意味「ユー ウィン アゲイン」や
「ペイ ザ デヴィル」といった適度にバラけたアルバムを
愛してこそ 彼の人間性に触れられるのである
これぞ本当のパブ ロックじゃ(笑)

というわけで
いつか捲土重来を! と ある掲示板で
大きく出てしまった私だが
勝ち負けや上昇志向など
そのような汗臭いことをあまり好まない人間であることを
私のことを多少とも知っている方なら承知しているであろう
ただ 私もこのまま飢え死するわけにもいかず
21世紀の片隅で何とか踏みとどまるために
ときには勝負に出なければならない というお話でした

まるで総力戦といった感もあるのが93年のヴァン モリソン
その様子を収めた「ライヴ イン サンフランシスコ」は
まさに圧巻です



2008/2/21

2月21日〜セント ドミニクの予言  

月刊誌よりヴァン モリソンにおけるブラックミュージックの影響を考察せよという
自明ともいうべきテーマの原稿依頼をいただいたので 終日ヴァンを聴きながら

1 とにかく声がデカイ!
2 30年にまたがる2度のライヴ作でサニーボーイ2世の同じ曲を歌う
3 その他内緒のネタ(ぱくり同業者よ、去れ)

ということを悶々と感じていたのです

昼間は例のCD屋おじさんと いかに今の音楽が既知感を
売り物にしているかを嘆き合いつつ
ジミ=キャサディ=ウィンウッド「ヴードゥ チャイル」は
最高であり
ムーンライターズ(ムーンライダーズにあらず)もまた
愛おしいという戯れ言を交わしたのでした

まあヴァンの音楽がボビー ブランドとジョン リーの幻影だと
言われれば 返す言葉もないのですが
パクリと愛情の違いは その音を聴けば判る!


出された音は嘘が付けない
その命題に立ち向かうのが
音楽ライターの ”仕事” である



2008/2/21

2月20日〜Bムービー  

究極の登校拒否中学生に比べればまだまだ自分の引き蘢りなどツメが甘いものだろう
あるいは徹底的に駄目状態だった一時のブライアン ウィルソンに比べればという話である
昨日も近所のレコ屋おやじとアリソン クラウスの音は綺麗過ぎるというまったくもって
納得の行く話をしていたのだった

音の質感というのは正直なもので
私にはヴァン モリソン自ら吹くサックスや自ら弾くギターに
感じ入ることのほうがよほど多い

それはオーティス レディングという横綱よりも
エディ フロイドやドン コヴェイという小結級に
共感してしまう感性の表れかもしれない
ピケット先生などは さしずめ大関の爆発であるし
デルバート マクリントンのちょっとまえの新作は
感動的だった

音楽というものはただ英雄伝説をなぞっても意味がないということであり
ますます歌がへたになってきたヘンリー マックローにも
音楽の神は宿っている

とにかく日本の辺境でジェイムズ カーが最高!などと言う人間を
私は信用していない

このような感性はブリンズリーやエッグス オーヴァー イージーを
呆れるほど聴いた結果の審美眼でもあろう
というわけで私のB級人生もこれからであり
何もしない時間が苦痛でなくなるまで
まだまだ修行は続く

どんどん駄目になっていくロン ウッドにも
私は愛おしいものを感じるのだ





2008/2/19

自画像  

好きなことだけをして(100%自分を出して)収入を得るということの大変さを噛み締める日々
それでも 実感が上回ったりすることのみが充足であるというような

満員電車に長いこと乗っていたから
途中下車して午後3時に駅のベンチで
お茶と10円値上がりしたカップ麺をすすっているというのが 
現在の私が抱えたセルフ ポートレイト

往路はもうない
片道切符を握りしめたまま




2008/2/19

ソウル/ファンク100傑  

という企画をとある雑誌がやっていましたが
私の場合の30傑は以下の通り
1 アリーサ フランクリン「ライヴ アット フィルモア」
2 マイルス ディヴィス「オン ザ コーナー」
3 ワイルド マグノリアス
4 ダニーハサウェイ「ライヴ」
5 ボビー ウォマック「ルッキン フォー ラヴ アゲイン」
6 トゥーツ&メイタルズ「モンキー マン」
7 サム クック「ライヴ アット ハーレム スクエア」
8 ジュニア ウォーカー「ショットガン」
9 ドクター ジョン「ライト プレイス ロング タイム」
10 ジェイムズ ブラウン「イン ザ ジャングル グルーヴ」
11 ジョー バターン「サルソウル」
12 グラント グリーン「ライヴ」
13 ベイビー コルティス「アイズリー ブラザーズ ウェイ」
14 ダイク&ザ ブレイザーズ「ソー シャープ」
15 ビリー プレストン「ヨーロッパ ツアー」
16 ドン コヴェイ&グッドタイマーズ「ハヴ マーシー」
17 レイ チャールズ「バース オブ ソウル」
18 ジュニア パーカー&ジミー マグリフ「ストレンジ シングス ハプン」
19 ウィルソン ピケット「エクサイティング!」
20 ジミー スミス「ルート ダウン」
21 ファンタスティック ジョニー C「ブガルー ダウン ブロードウェイ」
22 ジェイムズ コットン「ライヴ アンド オン ザ ムーヴ」
23 サム&デイヴ「ソウル メン」
24 カーティス メイフィールド「バック トゥ ザ ワールド」
25 ウィリー コローン「ファンタスマス」
26 アーマ トーマス「ビトゥイーン ティアーズ」
27 ジミ ヘンドリクス「バンド オブ ジプシーズ」
28 ワイルド チュピトラス
29 プロフェッサー ロングヘア「ニューオーリンズ ピアノ」
30 アルトン エリス「アライズ ブラック マン」




2008/2/19

1メートル手前の彼  

理知的な人である
相手の話をよく聞き ゆっくりと丁寧に
静かな声で話始める

自分の音楽を文章にしてくれたことに
彼は感謝の言葉を述べ
その夜の演奏にそっと感想を求めた

彼が導いてきた輝きがあり
彼をもってしても報われなかった思いがある
その途上に彼はいて
きっと これからも物語を紡いでいくことだろう

1メートル手前の彼が話しかけていた
1メートル手前の佐野元春が微笑んでいた
       









2008/2/17

音楽的感性はレコ屋で鍛えられる  

というのがまあ前時代の法則だったものです
私なども昔 訳知り顔でリチャード トンプソンの「ヘンリー ザ ヒューマン フライ」などを
レジに持っていくと「おにいちゃん、いい買い物したね!」などとオダテられ
「それでは(ジョー ボイド繋がりで)ジェフ マルダーもいいよ」などと
メルリの兄ちゃんに拉致され
すっかりその気になり 現在は単にその末路という感じですが
そのような交流が失われているから音楽流通もまるで活気がありません

レコード屋のおじさんとお茶話していても
出てくるのは溜め息ばかり
客なし 儲けなし 展望なしという三重苦で
正直ネット通販部門でかろうじてやりくりしているといったところでしょうか

私も最盛期は朝から夜までレコ屋をハシゴし 店舗ごとのクセを
覚えていったものですが
この前もクリス スミザーのセカンドがユニオン新宿で
何と1980だったので 持っているにもかかわらず思わず
購入してしまいました
こういう勘だけは鈍っていないようですが
世の中の流通形態というのは
もう激変していたのでした








2008/2/16

重松清〜凡庸のなかの真実  文学

重松清という作家に関してはこれまで「カシオペアの丘で」と
「重力ワゴン」と そして今「トワイライト」を読んでいるに
過ぎないのですが 奥田英朗ともども私と共通するバックグラウンド
(大阪万博、キャンディーズの後楽園、バブルの狂騒など)があり
なんとなくですが 悪くはないと思っています

村上春樹ほどスタイリッシュな語彙や文体というものはないのですが
その分 扱っているテーマ(離婚、リストラ、齟齬、友情など)には
広く一般性が感じられて こりゃ売れるよなあとも感じますし
時代の推移を見つめる眼差しにも共感したりして、、、

「トワイライト」にはこんなシーンが出てきます
リストラ宣告をされた とある中年男子が
派遣社員の若い女の子と どさくさまぎれに飲みに連れ立ちます
自分の話を真摯に聴き 受け止めてくれる女の子
その様子に彼もまた心動かされ
自分の心情をより語っていくのですが
結果的には 利用されるだけの結果に終わっています
そう まるで一夜のゲームのような

群像を描くというところも
重松作品に見られる大きな要素です
「僕」と「あなた」だけではなく
同世代の違う主人公たちを同時に登場させて
それぞれが抱えた現在や過去を書き込んでいくことで
作品はより重層的な ほろ苦い響きを獲得していくのです

青春群像といえば映画「ビッグ チル」や
「アメリカン グラフィティ」を思い起こす方も
少なくないでしょう
あるいは「世界のすべての7月」といった小説を

自分たちが描いた未来が
現実という残酷な重みのなかへと埋没していく
考えてみれば これもまた重松が抱えた永遠のテーマです
そう、まるでジャクソン ブラウン「プリテンダー」のように













2008/2/15

放蕩息子と父そして母  

新桜台〜小手指〜虎ノ門と珍しく電車に乗った一日でした
まずは実家のある所沢で母親と昼飯を
こうしてしみじみと母とごはんを食べるのもなかなか味わい深いものです

入院用に必要な荷物をもって一路 虎ノ門へ
ただし肝心の父親はCT検診中で会えずじまい
しょうがないから看護婦に伝言をお願いし 荷物を置き
病院を後にしたのでした

思えば私も若い頃は
父への反発ばかりをしていたと思います
戦後かなり苦労したらしい父と母は
息子だけにはそういう思いをさせまいと
いい学校に いい会社へ という教育方針を打ち立て
当時のベッドタウンの先駆であった所沢の団地に
居を定めました
まあ それが戦後一般の ”家族の肖像” だったのです

それから私は多くのありきたりな反抗期を経て
煩悶と逡巡を重ね 今へと至っているわけですが
サラリーという組織を辞めてしまった息子には
自分と同じ血を感じたのでしょうか
とくに文句を言うことなく受け入れてくれました

これもまた戦後の群像のひとつ
もうひとつ新しい世代には また新しい物語が
あるのかもしれません

というわけで
退院の暁に 私の新しい本を渡せれば
この放蕩息子のことを
少しは認めてくれるのかもしれません









2008/2/14

hit the road with four beat!  

というわけで本日はアリーサと同じアトランティック レーベル繋がりということで
ドン コヴェイのことをメモしておきましょう
というのも1年ほどまえにライノから彼の「シー ソウ」(66年)が
リイシューLPとして発売され 私はディスクユニオンで1490円という安価にて
購入したのです

コヴェイといえばストーンズが取り上げた「マーシー マーシー」で
知られるR&Bシンガーであり ミック ジャガーのヴォーカル スタイルに
多大な影響を与えました 
この「シー ソウ」アルバム全体を聴いても思うのですが
やや小粒で バラードよりもミディアム〜ジャンプ ナンバーに
真価を発揮するタイプ
モッズに愛された理由もどうやら その粋なダンス ビートにあるようです
「ブーメラン」など踊りのスタイルを表題にしたナンバーが
何といっても秀逸です
「スーキー スーキー」などはソウル ジャズのグラント グリーンも
カヴァーしていたくらいです

演奏面も素晴らしくブッカーT&MGズによる黄金のスタックス サウンド
とくにアル ジャクソンのバック ビートが冴え渡っています
オリジナル ライナーには「ダウン トゥ アースな」という表現が
出てきますが どことなくB級な匂いがするあたりも私は俄然好み

今更ながらにストーンズが「マーシー マーシー」が着目し
ほぼ同時代にカヴァーしたことにも脱帽させられます
この曲自体が8ではなく4ビートで前のめりにガンガン押し出していることも
リズムの芯が痩せていない一因といえるでしょう
考えてみれば「19回めの神経衰弱」でも「ラスト タイム」でも
ストーンズは ”4の押し出し” というテーマへと果敢に取り組んでいたのです
かの「サティスファクション」にも4の世界が色濃くあり
まさにストーンズ版 スタックス系粘り腰ビート完成といったところです

最後はドン コヴェイからストーンズ話になってしまいましたね(笑)
しかし若いバンド マンも一小節に8回ハイハットをヒットするのではなく
この ”4の押し出し” 魔力にも気が付いて欲しいなあ






2008/2/13

Arethas Albums Archives  

ちなみに自分が何枚アリーサのLPを所有しているかチェックしてみました

1 I Never Loved A Man The Way I Love You (Atlantic SD 8139) 67
2 Aretha Arrives (同 8150) 67
3 Lady Soul (同 K40016) 68
4 Soul 69 (同 8212) 69
5 The Girl In Love With You (同 8248) 70
6 Spirit In The Dark (同 8265) 70
7 Live At Fillmore East (同 7205 ) 71
8 Young, Gifted And Black (同 7213) 72
9 Hey Now Hey (同 7265) 73
10 Spakle (同 18176) 76

以上です 途中に抜けもありますので あまり偉そうなことは言えませんが
南部の音楽を追いかける途上で自然に出会ったのが まさにアリーサでした
ちなみに3にはクラプトンが、6にはデュアン オールマンも参加しております^0^
1〜6までがまさにサザーン ソウルの醍醐味ぷんぷんといったところですが
白人聴衆に心を開いた7が何といっても忘れられない生涯の一枚ですし
ニューソウルの動きに対応した8と9も まさに愛するアルバムです
8はご存知のようにニーナ シモンがオリジナルで ハサウェイも歌っていた歌
同アルバム所収の「ココモに降る最初の雪」を聴いて英メロウ ファンク バンドの
ココモは誕生しました
そんな美しい逸話を持つココモはアリーサの9から珠玉のバラード「エンジェル」を
取り上げたのです
サウンドトラックとなる10はカーティス メイフィールドの指揮/アレンジメント
これも聞き逃せないアルバムかな

アリーサを耳にすると 心がとても豊かになります
とても寒い冬の夜であれば 
なおさらかな








2008/2/13

youre all i need to get by  

やっと購入しました
アリーサ フランクリンの未発表音源集CD2枚組 これが噂に勝る優れものだったので今日はただ聞き惚れて
いました 内容的には60年代後半から70年代にかけてのアトランティック録音の蔵出し集であり 録音はNYのアトランティック スタジオとマイアミのクリタニア スタジオが半分ずつといったところ(マスル組の出張
あり)クリタニア組では無論ディキシー フライヤーズ NY組では時代とともにダニー ハサウェイやバーナード パーディ コーネル デュプリーらが登場してくるので スタジオ ミュージシャン裏面史としても重宝な
もの 大半のトラックがリズム セクションとアリーサそしてスウィート インスピレーションズによるコーラスという大枠でのシンプルな録音ながら やはりアリーサのヴォーカルは天衣無縫 この魅力に尽きるでしょう
要するにゴスペル仕込み故に声がデカい 音域が豊か ひたすら求心力があるということなのですが アリーサ
のヴォーカルに 私はいつも 包み込むような響きを感じます 
むろんこの蔵出し集は アトランティック時代の諸作をしっかりと聞き込んだ人たちのためのスペシャル プレゼントでしょう 
ロック音楽がひたすらノーを叩き付けていた時代に ソウル音楽は慈愛の感情を極限までに引っ張っていきました そのコントラストに結局 私は音楽の不思議さ 謎を感じて 答えは未だ出ていないです

2008/2/11

one man dog , one man parade  

「不可解なのは曲が出来てからの最初の録音が標準になってしまうことだ」とは最新アルバム「ワン マン バンド」にジェイムズ テイラー本人が寄せているコメントである 締め切り間際に書いた曲がその時のレコーディングメンバーとともに固定化してしまうことを懸念し 曲が歳月や聴衆とともに成長していくことを願い
実践しているJTならではの見解だが 彼(g)とラリーゴールディングス(p)
の二人によるライヴ作「ワン マン バンド」は確かに素晴らしいアルバムだと思う より正確にはクワイアのダビング〜同期なども施されているのだが
フルバンドと”ワン マン バンド”を自在に使い分けて近年も積極的に活動しているジェイムズもまた ”パフォーミング アーティスト” という冠が相応しい 
これは単にアンプラグドだからいいとか リズム隊がいないから曲の骨格が映えるからいい ということではまったくない むしろ重ねてきた年月が彼の音楽と聴衆との間に親和力を生み出したのだ



2008/2/9

leave this town  

今日から数日 東京を離れます
帰京は11日
携帯は持って出る予定なので
関係各位はそちらに連絡してください
よろしくどうぞ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ