東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2008/11/27

プレイリスト@銀座グレープガンボ  

1 ブッカー T&MGズ /タイム イズ タイト
2 ジャッキー ロス/ セルフィッシュ ワン
3 JJ ジャクソン /バット イッツオールライト
4 マーヴェロウズ/アイ ドウ
5 トニー ジョー ホワイト/ポークサラダ アニイ
6 ロイ ヘッド/トリート ハー ライト
7 ソウル サバイバーズ/エクスプレス トゥ ユア ハート
8 エタ ジェイムズ/サムシング ガット ア ホールド オン ミー
9 ベティ エヴェット/ゲッティング マイティ クラウド
10 デルズ/オー ホワット ア ナイト
11 キング フロイド/グルーヴ ミー
12 アリーサ フランクリン/ ユー アンド ミー
13 アーマ トーマス/イン ビトゥイーン ティアーズ
14 アール キング/マイ ラヴ イズ ストロング
15 クラレンス ヘンリー/バット アイ ドウ
16 クリス ケナー/サムシング ユー ガット
17 アラン トゥーサン/ソウル シスター
18 同/ スウィート タッチ オブ ラヴ
19 リー ドーシー/スニーキン サリー スルー ジ アレイ
20 ドクター ジョン/トラヴェリン ムード
21 ロニー バロン/ルイジアナ フラッド
22 ジョニー アダムス/アイ ヲント クライ
23 ワイルド チュピトラス/ブラザー ジョン
24 ソウル チルドレン/ウィ ガット トゥ ゲット アワー シング トゥゲザー
25 ジョニー アダムズ/リヴィング オン ユア ラヴ
26 ヤング ホルト リミテッド/ソウルフル ストラット

2008/11/25

幻の10年  

パソコンが我が家にやってきてから10年くらい経った
この機会にざっと流れを振り返ってみよう

1 趣味嗜好をキーワードに人的ネットワークが
  飛躍する
  ニフティ会議室など初期の段階を経てホームペイジ
  作りがブームになる
  結果 BBSやオフ会が隆盛となる

2 負の側面として匿名性による異分子の排除が
  始まる(いわゆる叩きの前触れ 井戸端会議
  のレベルから村八分まで いずれも低能)

3 携帯電話も完全に浸透し より”手軽に”人的
  ネットワークとアクセス出来るようになる
  PCもノート型が普及

4 3と前後してメイルやネットによる犯罪が多発
  中傷 誹謗は小学生までに及び 社会問題となる
  ネット王国の韓国で有名人の自殺が増える

5 ホームページのブームが去り ブログがそれに代わ
  り より私的な要素が強まる またミクシィの出現
  によって人的ネットワークはより広がりを見せるが
  一方で「ミクシィ疲れ」などの流行語を生む
  この頃には「叩き」も常態化  人々の派閥化も進む

7 アキバ事件の加藤被告の供述には「ネットで無視さ
  れ腹が立った」というものもある また「ブログ
  炎上」なども有名人中心に起きる


とある心理学者はこう警告している

「人々は簡単に(悪口などは)無視すればいいと言い
ますが 実際は心根などに影響を及ぼさざるを得ない
んですよね 簡単に無視出来るのであれば 韓国のア
イドルだって自殺なんかしませんよ それほどまでに
追い込んでいくネットの闇社会 匿名性は空恐ろし
くなるほどです いずれにしても人間は現実と仮想
現実という二つの世界を 好むとも好まざるとも作っ
てしまったのですから この両方と付き合っていくし
かありません 人類は後戻りが出来ないのですから」

何度も叩きに遇ったことがある小尾 隆さんは言う

「基本的に僕は性善説を信じているんです それ
を信じていなければblogなんてやっていられないし
それほど人々は邪悪ではないだろうという気持ちも
どこかに残っているものですから ただこの10年ネット
と関わってきて 崩壊を見つめざるを得なかったとい
う局面もあって複雑ですね  それはともかく 僕が
重視するのは思考のプロセスです    ネットでは
もっとそういうことが出来るものだと思っていたんで
すが 実情は安易な横繋がりというか お友達ごっこ
ばかりで あいつはいい、こいつは駄目だとかそんな
レベル(苦笑)それが僕にはとても気持ち悪いんです 
少なくとも僕が自分のlogに求めるものはもう少し違う
もの 言ってしまえばもっと真剣な思考回路なんです
だからうちのlogに来てくれる人たちとは これからも
よりよい会話を取り交わせていけたらいいな と思って
います 嫌な奴がいる反面 僕のことを理解し応援し
てくれる人たちもいる それはやっぱり財産のような
ものですね」









  

  
  
  
  
  
  
   

2008/11/23

濾過したものしか語らない  

というのが私の基本的な姿勢なので
このlogに何らかの情報を求めても時間の無駄であろう

こんなことを書くのも人様のlogでいいと言われるCDが
単にタワレコやHMVでの今週のリコメンドに過ぎなかっ
たりする場合が少なくないから
こと私の場合
そうした即時的な話題はなるべく避けたいと思っている



















2008/11/20

人を相手とせず 天を相手とせよ  

という訓話は『大西郷遺訓』からのもの
さらに「天を相手として己を尽くし、人を咎めず、
我が誠の足らざるを尋ぬべし」と続いている

解釈としては文字通り
卑近な対人関係に左右されることなく
遠く天に語りかけながら己の生き方を見つめよ
といったものだろう

もっと平たくいえば
とかく他人はいろいろ干渉したがるが
そんな馬鹿な連中は相手にせず
自分を見つめなさい、との意かもしれない








2008/11/19

自ら計らわぬ生き方  

城山三郎『落日燃ゆ』を読了
これは東京裁判によってA級戦犯の一人となった
広田弘毅の生涯を伝記的に描いたものだ

満州事変を機に大戦へと戦火を広げていった時代
外相として協調/対話路線に徹した広田であるが
軍部の暴走に翻弄されていく様が克明に記されている

結果 文官としては唯一A級戦犯の烙印を押され
絞首刑に処せられた広田はしかし
一切の弁明をせず 刑に服したという

そのことを英雄的にではなく
冷静かつ克明に書いていく城山氏の姿勢が
忌まわしい時代をかえって残酷に伝えている

広田が生きた明治 大正 昭和という時代
その延長のなかに今があることは
ここで繰り返すまでもあるまい
















2008/11/12

さようなら、筑紫哲也さん  

やや遅くなってしまったが
先日肺癌のため惜しまれつつも亡くなられた
筑紫哲也さんに心からご冥福をお祈りしたい
これでまた 戦争を知るジャーナリストが一人消えた

願い続けた平和
沖縄問題への一貫した姿勢
徹底した現場主義
あるいはテレビキャスターとしての一面など
さまざまな評価があった 

私が筑紫さんから学び取ったことは 二つある
まず一つはマイノリティへの優しい視点だ
とかく多数決が良案だと流されがちな風潮に逆らい
少数派の意見に耳を傾けることを忘れなかった

たとえば戦時下の沖縄決戦についても  
日本人の被害を声高に語るのではなく
沖縄人に吊るし上げられた米国兵の痕跡をルポして
私たちを驚かせ 己の狂気をそっと照らし出した
歴史認識いかんを超えた事実を伝えることで
説得力を生み得る ジャーナリスト理念の基本だ

もう一つは 反知性主義への抗いといっていい
これまた本質的なことだが
物事に賛成するにも物事を批判するにも
自分で知ることからしか 何も始まらない
付和雷同や 寄らば大樹の陰といった発想を忌み嫌い
自分自身で学びなさいということを
これまた穏やかに諭した

大きなものを憎み
小さなものを慈しむ
敬愛出来る人間にはこのような資質が身に付いている
そんな意味では権力に与しない態度が
骨の随まで染み渡っていた人でもある

田勢康弘さんは筑紫さんについてこう回想している

「同僚と群れず ひょうひょうとしていた」

その一言が筑紫哲也の人となりを
雄弁に物語っているような気がしてならない






2008/11/9

please dont ever change  

毎度のお騒がせ男というか数々の放言で知られる柔道の石井さんですが そのキャラクターも含めて私には比較的好ましい人物のように映ります とりわけ印象的だったのが スポーツをやったこともない奴が偉そうに喋りやがってといった旨の発言でマスコミを皮肉ったときでした 品行方正なスポーツ選手であれば「みなさんの応援あっての私です」「今の私があるのは陰となり支えてくれた人々がいるからです」といった気遣いの発言に終始しますのでなおさらです 周辺のスタッフやファンを思いやる気持ちはもちろん大切ですが 通り一辺のサービスが繰り返されると へそ曲がりの私くしなんぞは本当かよ? などとついチャチャを入れたくなってしまうのです 選挙運動じゃあるまいしねえ 半端ではない鍛錬 自分の才能に対する確信 周囲の雑音を介さない平常心 もっと平たく言えば自負というか強烈なエゴがなければ第一級のアスリートとはなり得ません そんな気持ちがときに「お前ら調子に乗って騒ぎやがって」という感想に結びついた石井さんの言葉は むしろ普通の青年の心情を率直に代弁しているのではないでしょうか? さてなんで私が石井さんネタを振ったのかというと
メディアの振れ幅といったものがあまりにも勝ち負けに左右されているからです 北京で優勝出来なかった星野
さんに対する叩きも その過剰さに私は実に嫌な感じを覚えました 勝てば官軍 負ければ、、、の諺もありますが 投手出身の監督は視野が狭いやら 情に負けて代え時を見誤ったやらボロクソ言われましたね 仮に
これが金メダルを取っていたらどうでしょう? 一転して投手出身ならではの見事な采配 情をもって選手を
信じた男の美学などなどと評価を変えたに違いないのです やはり勝った負けただけではなく過程をつぶさに報告するとか 時勢いかんにかかわらず自分なりの評価の軸をぶらさないといった基本的な姿勢こそが必要
とされ信頼のもととなるのだと思います とくにネットの時代になってからは明暗 勝ち負けといった二分法
がより増幅される傾向が強まってきました そんなさなかでの石井さんの ”放言” はむしろ風通しよく また心地良く響いたのです 以前にも書いたことですが みんな自分のこと以前にどうして人のことばかりとやかく言うのでしょうか? 自分だけ安全圏にいて観戦を決め込むのが好きなのでしょうか? 少なくとも私にはあまりいい趣味とは思えません 昔まだ学生だった頃にバイト先で他人の悪口ばかり言うおばちゃんたちを
目のあたりにして こういう人間だけにはなりたくないなあなどと漠然と思ったものですが メディアの叩き
も井戸端会議も品性に欠けるといった意味では 同じレベルです 以前 路傍の石さんが「賞賛は沈黙のなかにあり」「人様の口を付いて出るのはそんなもの」とこのlogに書き込んでくださいましたが その通りかもしれません 話は戻って石井さんですが何でも今後はプロの格闘家へと転身されるとのこと もう一度金をという多数の声に背を向け内なる気持ちに従う 立派だと思います 思いっきり深読みすれば「お前らいいかげんな奴らのためにメダルを狙うのは嫌になった」なんて思っているかもしれませんね

2008/11/5

ブルース アルバム  

20代からブルースもロックと平行して聞いていたので
アルバムもそれなりの枚数を持っている
音楽に対して最も好奇心が旺盛な時期だったから
シカゴのバンド サウンドはもとより
テキサス/ルイジアナ ブルースや
メンフィスもの 果ては
ジャズと隣接するかのようなジャンプにジャイヴ
ときには戦前録音まで
さまざまなスタイルを聞き進めたものだ
ロック音楽と同じように
ブルースにも地域ごと微妙に異なる味わいや風流があり
いつしか深みに嵌っていったのである

ちょうどPヴァインがチェスの権利を獲得した頃
と書けば 思い起こしてくれる方もいらっしゃるだろうか
海外でもチャーリー、エイスといった欧州のレーベルが
続々といいリイシューLPを発売していった時期でもある

近年 酒の肴にあらためていいなあとしみじみするのが
ジュニア パーカーやボビー ”ブルー” ブランドだ
ここら辺のデユーク/ピーコック録音
テキサスものは
まさに基本にして永遠といったところかも

それにしてもブルースの中古LPは安い
言葉は悪いが 二足三文といったところである
オリジナル盤にこだわらなければ500円〜
1000円くらいの手頃な値段でいっぱい買うことが
出来るわけ

というわけで 中古レコード店に行き
ブルースのコーナーをチェックしていくのが
今でも 私のささやかな楽しみである


















2008/11/3

昨日は  

告井延隆のソロライブを見に狭山のフィガロに行った
武蔵小山アゲインの石川さんから以前より
「告井さんのライブはいいよ」と言われてもいたから
個人的には10月のウィリーウォーカー以来のライブだ

告井さんのここ最近の趣向というかライブのテーマは
アコースティック ギター1本でビートルズを弾く
それも全曲インストゥルメンタルでというもの
何でも家で「マーサ マイ ディア」を弾いている
うちにすっかり夢中になり発展していったという
ここら辺ギタリストならではの探求心だろうか?

とはいいつつテクニック至上主義に走るのではなく
ステージでは原曲の良さを保ったまま アコースティ
ックの響きを淡々と運び込んでいく
バンド サウンドを大胆に解体するとかいった奇を
衒った方向ではなく 基本的にはフィンガーピッキング
の繊細さが際立つ正攻法のアプローチに好感を抱いた

そういう意味では先の「マーサ〜」をはじめ「ブラック
バード」「ハニー パイ」「アイ ウィル」「マザー
ネイチャーズ サン」といったホワイトアルバムからの
選曲が多かったのには納得 他にも「大好きなんです」
とのMCがあった「ヒア ゼア アンド エヴリホエア」
や「アイル フォロウ ザ サン」など原曲自体がソロ
指向の強いナンバーとの相性がとくに良いと思った

俗にギターは”世界で最も小さいオーケストラ”と形
容されるが 告井さんの場合も 主旋律を丁寧に追いか
けつつベースランを並走させ かつ装飾音を効果的に散
りばめていくといった多彩なもの 弾き語りと違いイン
ストでメロディラインを紡ぐことの難しさとやり甲斐を
感じさせる そんな意味でも秀逸だったのが「ペニーレ
イン」だろうか 原曲のカラフルなイメージを損なうこ
となく ホーンのパートまでしっかりと取り込んでいく
様はまさに圧巻 ステージ終盤には「ペニーレイン」「
ストロベリーフィールズ フォーエヴァー」「シーズ
リーヴィング ホーム」など まさにサイケデリックな
時期の複雑なナンバーを束ねていった

またリクエスト タイムでは難度が高いと思われる
「ペイパーバック ライター」に応じるという一幕も
あり 臨機応変にギタリストの矜持というか実力の片鱗
を伺わせた(これからも場数を踏んで持曲を増やしてい
くそうだ)

アンコールでは古くからのファンを気遣ってか センチ
メンタル シティ ロマンスの代表曲を歌入りで2曲
また自身がかつて狭山に住んでいたことを思い出したの
か 洪栄龍さんとツアーした頃の苦労話をしんみりと語
ったりもした

それにしてもジェイムズ テイラーへの愛情を染み込ま
せる中野督夫さんのソロといい この告井さんといい
この両翼がセンチという実力派バンドを支えてきたんだ
なあと 改めて思った

なお本日も 告井氏のライブがアゲインで行われるので
興味を持たれた方は 足を運んでみてはどうだろう













2008/11/2

these days  

さる中古レコード屋さんの在庫を見ていて
まるで自分の家のレコ棚みたいだと思った
40年音楽を聞いているとそんなこともある
御同輩はいかに

経年劣化は人もオーディオも
本日アンプを修理に出した
私の人生も とうに
折り返し地点を過ぎている

音楽から文学へとシフト
私の嗜好変化もそんなこと
あまりにも音楽を聞き過ぎた
あまりにも読んでいない作家がいる

同級 同世代だからといって
価値観の違いに愕然とする時がある
自分のなかに巣喰ってしまったものは
一体何だったのだろう

思わず無口に
思わず臆病に
我が身を振り返る
今日この頃


















teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ