東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/5/28

アリスのレストランにはなんでもあるのさ  Rock N Roll

衛星で『アリスのレストラン』(69年)を観る
アーサーペン監督によるこの作品はやはりアメリカン
ニューシネマの代表的な作品だろう

主人公アーロ(ガスリー)はバイクに乗って気ままな
旅を楽しむ若者であり 徴兵を何とか逃れなが
ら 買い手が付かなくなった教会で仲間たちとコミュー
ン的な生活を始めたり その教会の近くに仲間の一人が
”アリスのレストラン”を開店させたりと まさに夢を
実現させたかのようなのだが 実際は些細な事から
仲間うちの(ドラッグを含めた)イザコザは絶えず
教会もレストランも崩壊していく というのが大まか
な展開だ

奇病で末期を病院で過ごすウディ ガスリー役の父と
アーロとのやり取りなど 実際に起こったことも含め
ながら アーサーペンは69年当時のヒッピーの夢と現実
を映し取っていく 登場人物のなかで最も繊細な人間
がヘロインに溺れていく過程や ゴミの不法投棄で
警察当局にやんわりと諭される部分など 大人の視点
からやや冷ややかにヒッピーの生態を描いている点も
見逃せない

映画の終盤 仲間の一人が「また やり直そうよ」と
呼びかけ かつての城で結婚披露宴をぶち上げるシー
ンがあるが 参加者はやがて一人一人 自分の日常に
戻っていくがためにパーティ会場から離れていく
その場面の何とも言えない虚しさに この映画の苦み
が凝縮されている

「アリスのレストランには何でもある/きみが望むす
べてがね/アリスのレストランに行こうよ/きみの家か
ら少しだけ歩いて」と歌われるアーロ ガスリーの
楽天的な主題歌が 映画の後半になるに従って 皮肉
めいた響きへと変わっていくのだ、、、

資本主義の概念が隅々まで人々の心を支配した今から
振り返ると 何とも稚拙に映るであろうカウンター
カルチャー時期の映画かもしれないが あの頃に
自分のロック観の一端がある私としては 今もなお
突き刺さってくるものは少なくない


「アリスのレストランにはすべてがあるのさ/そう、
きみが望むすべてがね」

2009/5/25

5月のフィービー スノウ  

フィービー スノウのファースト(シェルター 73年)
を久しぶりに聞きたくなって棚を探していたのだが
どうしても見つからない こんな時って妙に悔しいっす
よね? あれれ デヴィッド ブロムバーグの隣にあっ
たはずなんだけどな

というわけで本日近所のレコード屋さんでたまたま見つ
けたので 思わず購入 いやあ一ヶ月くらいこのレアで
も何でもない ”普通の名盤” が妙に気になっていた
ワンコインというか 500円きっかりで日本盤の
リイシューLPだが 嬉しい

全曲隅々まで覚えている サムクック「グッド
タイムス」も スノウ自ら弾くギターのシンコペも
そしてブロムバーグが控えめに奏でるドブロが光る
「イーザー オア ボース」も 録音はニューヨークの
A&Rスタジオ ギターの助演は他にデイヴ メイソンや
スティーヴ バーグ バーグはのちにスティーヴ フォ
ーバートを制作し 彼の来日公演にもギターで同行した
のだった

東海岸の匂いがしたからブロムバーグの隣に盤を挟んで
いたのかもしれない 少しばかり端正でクールなイー
スト コーストのサウンドスケープが染み入ってくる

歌詞もいい 先の「イーザー〜」から引くと
ハッとするようなフレーズが出てくる

what i want to know from you
when you hear my plea
do you like or love
either or both of me

sometimes this face
looks so funny that i hide it
behind the book
but sometimes this face
has so much class that i have to sneak
a second look

















2009/5/24

今日のデッド  

Dicks Picks Vol. 1

73年のデッドにとくに思い入れがある私には
まさに最高のCDです
73年12月19日にフロリダのタンパで行われた公演
を収録しています
雨ながら今日もデッドを聞いていました

(1)
here comes the sunshine
big river
mississippi half step
weather report suite
big railroad blues
playing in the band

(2)
hes gone>
truckin>
nobody fault but mine>
jam>
other one>
Jam>
stella blue>
around and around


曲の粒が揃ったディスク1もいいのですが
やはり圧巻なのはステージ後半のディスク2
「トラッキン」から流れて珍しくガルシアが
マイナーキーでリトル ウィリー ジョンで
おなじみの「フィーヴァー」のフレーズをぽ
ろぽろと弾き始めるとブルース古典「ノーバ
ディ〜」へと流れ込み 以降はもうデッドな
らではのジャム大会に とくにここではジム
オルークもびっくりの音響です

しかし後続のジャム バンドにさほどの興味
を覚えないのは 彼らのリズムの輪郭がタイ
ト過ぎるからでしょうか 筋金入りのデッド
ヘッズの方でも「フィッシュは苦手」という
人は案外多く 私もそうです(笑)いや
こういうジャムを継承していることはむしろ
嬉しいのですが 音の質感はやはり違うんだ
よな〜

なんだかんだ言ってもジョニーキャッシュの
「ビッグ リバー」やチャック ベリーの
「アラウンド アンド アラウンド」を演奏
している点にアメリカのバンドらしい鷹揚さ
を感じます

それにしても光の粒子が降り注いでくるような
「ヒア カムズ サンシャイン」は美しい!







2009/5/24

5月23日  

1 Bob Dylan/ Shake Shake Mama
2 Link Wray/ Tuson Arizona
3 Derek Trucks Band/ Down In The Flood
4 Bobby Charles/Everybodys Laughing
5 George Soule/ Its Over
6 Mavis Staples/My Own Eyes
7 Aretha Franklin/ So Soon
8 Los Lobos/Wicked Rain〜Across 11Oth Street
9 Bobby Bland/Who Will The Next Folol Be
10 Eddie Hinton/Big City Woman
11 Howlin Wilf / Hello Stranger
12 Dave Alvin/ Dynamite Woman
13 Bob Dylan/I Feel A Change Comin On
14 Robert Ward/ Help The Needy
15 Johnny Guitar Watson /Gangstar Of Love



告知はしなかったが定例DJ会を高円寺の洗濯船にて
2はポリドール時代のレイで レーベルメイトの
ギャラガーも吹き込みをしていたが
『タトゥー』発表時には陽の目を見なかった名曲
11の原曲はむろんバーバラ ルイスだ




2009/5/22

カタログではなく文章を読みたい  

『ミュージックマガジン』誌が3ヶ月連続で99年から溯
って69年まで 30年間のベストアルバムを選出してい
る 今月号はその最終回『69年〜79年編』だ
やはり今回が一番親しんできた  僕なりに語
ることが出来るアルバム群が100枚並んでいる

ちなみに一位は『アビーロード』二位『アフター ザ 
ゴールド ラッシュ』三位『ザ バンド』となってい
て 以下いわゆるロックの古典的名盤が目白押しとなっ
ているが ハード/メタル群が(ゼップ以外ほとんど)
登場せず パンク/ニューウェイヴに一定の評価を与
えて(ラモーンズ パティ スミス ヘッズからポッ
プグループ スロピンググリッスルまで)いるのが
特徴かもしれない またボブ マーリー ファニア オ
ールスターズ フェラ クティ オルケスタ ヴェヴェ
あるいはネルソン カヴァキーニョらによる『素晴らし
きサンバの仲間たち』など 非西洋圏の音楽が上位に
顔を出している点も 初代編集長であり同社代表である
中村とうよう氏の意向を引き継いでいるといったところ
だ ソウルではマーヴィン カーティス ダニーそして
スティーヴィと ニューソウルの面々が脇を固めた

順位を含めてこうした特集は恣意的なものであり また
選んでいる編集部や評者に比べて 肝心の読者が疎外
されているような部分は気になるものの 相変わらず
とうようさんがリンダ ルイス『ラーク』を時代いかん
にかかわらず賞賛している点は好ましいし レノンが
2枚 ディランが2枚ランクインしている点も この
二人の吸引力を物語っている

ただ音楽ライターの端くれであり かつて『マガジン』
にも書いたことがある自分が言わせていただければ
いかにも  ”後付け” な記述がなきにしもあらず
こういう風に書けばマガジン編集部には受けるんだよ
という賢さ? をどうしてもライター諸氏に感じてし
まう 別に彼らに悪意があるわけではないけれど
相変わらず ”優等生”の匂いを感じてしまうのだ

「ザ バンドが描く南部の方が 後発のサザーン ロ
ックよりリアルだ」とか「ニルソンもまた都市音楽の
移民だったのだ」とか(立ち読みだったのでうる覚え
で申し訳ないが およそそんなこと)を読むと なお
さら ロック音楽が知的遊戯に過ぎるような側面を
感じてしまう 

ところで 最近一番かっこいいなと思ったのは
直枝政広さんによる「俺、ニルヴァーナなんて聞いた
ことないもんね」という発言だ 彼が果たしてどうい
う文脈でそう語ったのかは定かではないけれど
そこに音楽と聞き手の幸福な関係を探っている様子
は存分に伝わってくる 恐らく多くの聞き手もまた
そうであろう

今 僕の手元にあるのは75年6月号の『マガジン』だ
この号にはポール ウィリアムスによる優れたディラン
の洞察「ことばと音による水彩画」が掲載されている


いつものことながら ウィリアムスはここでも驚くべ
き素直さでデイランに向き合っている










2009/5/22

安さか、クオリティか  

NHK総合の「クローズアップ現代」はわりとよく見る
番組だ テーマは不況 介護など重いものが多いが
昨日は値下げ競争が激化する外食産業を取り上げていた

なかには安さで業績を伸ばして来た中華料理のチェーン
「日高屋」が一時業績を悪化させた報告がされていた
何でも肝心の調理にかかる手間を機械まかせにしたため
味に関するクレームが殺到し客離れが起こったという
(結果 製造工程を改善し 人件費を増やし業績回復)

やはりいくら安くてもそれなりの品質を保たねば駄目と
いう当たり前のような結論なのだが
それが見えない経営者は どんな分野でも
案外多いのかもしれない

そういえばあえて安売りに参戦しなかったモスバーガー
は売り上げが堅調らしく むしろ原材料の安全性を
アピールしているようだ
確かにモスは美味しい
消費者は賢い

ちなみに僕は野菜を買う時
必ず産地を確認するようにしている


2009/5/20

5月19日〜一つの社会契約論として  

昨日ある場所で清志郎の話題から憲法の話へと
流れた 
ある意味極めて自然な経緯だろう

改憲派の方々の言い分は
時代に合わなくなってきたものは時代に合わせ
ていかねば という主張がおおむね大半である

だいぶ以前にも紹介したが
田中優子さんの見解は
時代性ではなく尊守すべき理想として憲法が
あるのだから
人間の方をそれに近ずけていくように
努力しなければ というものだ




2009/5/17

リンク集を久々に更新しました!  

今回は5つの音楽家(バンド)と5つのお店を
新たにリンクさせて頂きました
みなさんの何らかのきっかけになってもらえれば
とても嬉しいです

どうしても自分が住んでいる東京中心のセレクト
になってしまいましたが その点はどうかお許し
ください

なお紹介コメントなどでご意見がある当事者の方
は お手数ですが小尾までご一報ください
よろしくお願いします

2009/5/16

補足的に説明しておくと  

ある意味 家で酒飲んで音楽聞いているのが一番安上り
だし CD店に行かずともアマゾンが送料無料で届けてく
れる それでもなお交通費をかけ外に出掛けてお金を支
払う愛好家たちがいるのだから
優れた店主なり経営者というのは そこら辺を受け止め
る度量や思慮深さを持っていると思います
何もおべっかを言ってほしいとかいうんじゃなくて
自然なおもてなしというのは 普段の心映えから来る
ものですからね こればっかりは

逆に言えば 昔ながらのロック喫茶を引きずったような
高踏的な「聞かせてやる」目線の店は
デッド精神に反するので苦手です(苦笑)
ちょっと僭越に聞こえるかも知れないけど 自分の場合
新譜以外 外に行かなければ聞けない貴重な音源って
殆どありません
まして説教を垂れるような店は 論外ですね








2009/5/15

模倣を超える日本語のこと〜RCサクセション  Rock N Roll

日本のロックが洋楽の模倣から始まったことは
論を待ちません いやロックに限らず歌謡曲の
世界でも”輸入文化”として洋楽から影響を受け
てきたのが 戦後の日本音楽史といっていいで
しょう そこに母国語の歌詞が乗ることで生まれ
る親しみこそが 信頼となってきたのです
韓国や中国といった近隣国でも事情は同じかも
しれません

RCサクセションの場合を考えてみると
初期の殆ど売れなかったフォーク時代を経て
ロックンロール バンドへとシフトしてからの
彼らが範としたのが ストーンズであり あまた
のメンフィス ソウルだったことは 言わずもが
なですね

いわばミディアム テンポのバウンスの確立です
思えばストーンズが真価を発揮するのは粘り気の
あるミディアム ナンバーであり オーティスや
MGズの場合も まさに”間”のあるミディアムこそ
が 音楽の肝となっていました

オルタナ〜グランジ以降 こうした肉付きのある
グルーヴが失われてしまったというのは私見ですが
実際のBPMを計測すれば 私が言わんとすることを
理解して頂けると思います
テクノやハウスを聞き慣れた方には このビートは
牧歌的ですらあるかもしれません

皮肉なことに RCが売れていた80年代以降
日本に於ける洋楽のポテンシャルは低下しますが
RCや映画『ブルース ブラザーズ』のヒットで
黒人音楽の恩恵に授かった人間も
けっして少なくないと思います

私の場合 それはJ ガイルズ バンドあたりから
始まったのですが
そうした温故知新をもっても代価出来ないものが
「日本のロック」なのだと思います
そんな意味でもやはり
母国語の力というものについて
考えさせられます




























2009/5/14

5月14日  

大手出版3社などがブックオフの株28.9%を取得
以前は敵対関係にあった両者だが
不況下の「共栄共存 」だという


CDソフトでいえば ソニーやユニヴァーサルが
ディスクユニオンの株を買うようなことであり
予想は難しいが
古本(もしくは新中古)市場に大手の発言権が入って
くるわけで ブックオフのサービスが今後何らかの形
で変化していく可能性は大きい

書籍にせよCDにせよ 日本の場合
再販制〜定価販売がそもそものネックだと
思うのだが 何だか複雑な気持ちである


2009/5/12

have love, will travel  Rock N Roll

Grateful Deadというグループ名の由来に関して
一応 念のために説明しておきましょう


ある死者が借金のため埋葬出来ないのを見た旅人が
彼を不憫に思い 借金を肩代わりした
その後 旅人は道中で数々の幸運に出会うのだが
ある日 それが死者からの恩返しであることに
気が付く
まさに”死者への感謝”(Grateful Dead)である

これがグレイトフル デッドの由来だ
彷徨える魂を救うためのチベット教など
東洋思想が その原典とされている
ある意味究極の ”性善説” かもしれないし
”輪廻”の発想でもあろう

それでは お元気で!








2009/5/11

静かに死んでいく日本〜雑感  

アメリカの失業率が8.6%に上がったとか
大手自動車会社の倒産はこういう数字にも
はっきりと現れてくる
日本の失業率はちょうど2分の1くらいだが
8%台になれば ようやくことの深刻さに
気が付く太平楽がいるのかも

また日本でいくら就業人口を見たって
ご存知の通り非正規雇用が3人に一人なのだから
マイホーム〜幸せな家庭みたいな図式は
これからもどんどん崩れていくのだろう

こんなことを書くのも
私が見てきた日本と
今の若者に見えている日本は
明らかに異なるんだろうな と思ったから

いずれにしても若者や子供に元気がない国は
静かに死んでいくのかもしれない

2009/5/10

デッドの音楽はまるで大河に辿り着く川のようだ  Rock N Roll

ウィンターランド73年の完全版を紹介したばかりの
デッドですが 前後して同じライノからリリースされ
た『To Terrapin Hartford 77』も素晴らしいので書
いておきましょう

これはデッド77年のスプリングツアーのファイナルと
なる5月28日 コネチカット州のハートフォードで行わ
れたライヴを(たぶん完全)収録したCD3枚組ですが
まずお値段が2300円前後とお買い得なのに加えて
(後述する)選曲良し 音質良し ミッキーハートが復
活してリズムパートが充実するなど 文句ない出来映え
で デッド初心者にも自信を持ってお薦め出来る内容に
なっています 

77年のデッドといえば心機一転大手アリスタと契約し
『テラピン ステイション』をリリース その後『シェ
イクダウン ストリート』『ゴー トゥ ヘブン』と
ファンにはあまり評判が良くない デッドらしくない
時代が続くのですが やはりライヴでは真価を発揮した
とてものびのびとした演奏をしていて惚れ直してしまい
ます  紅一点のドナ ゴドショウもコーラスで花を添え
ているし ウェアの野性味とガルシアの繊細さとの対比
は言わずもがな ”天才”レッシュのベースは天を駆け
彼らは虹のようなサウンドを描き出していきます

77年5月28日@hartford, CT

bertha>
good lovin>
sugarree
jack straw
row jimmy

* *
new minglewood blues
candyman
passenger
brown eyed woman
promised land
samon and delilah
tennessee jed

* *
estimated prophet>
playing in the band>
terrapin station>
drums>
not fade away>
wharf rat>
playing in the band
one more saturday night
us blues





2009/5/7

Rock Of Ages  Rock N Roll

キヨシロー死去の衝撃はいろいろなlogを見ていても
伝わってくる
尾崎やhideの死に関してはまるで世代が異なるために
あるいはその音楽性に魅力を感じなかったために
まったく気持ちが動くことはなかったのだが
51年生まれであるキヨシローの場合 日本のロックの
第一世代に属するだけに いい先輩がいなくなってしま
ったような寂しさを どうしても感じてしまう

以前もこのぺージのリード文で触れたことだが
戦後第一世代であるキヨシローたちの場合
既存の価値観への反発がものすごく強い反面
直接両親や祖父母から戦争体験を聞かされているだけ
に 平和への希求は思いのほか強いという
特性がある

むろん第二世代である僕
あるいはもっと下の世代に於いてもそのことに敏感な
人間はいくらでもいるから 属する時代の問題ではな
いのだろうが やはり戦後すぐの荒涼とした光景を
直接聞かされた体験はよりリアル(*)であるという
事実は否定出来ないだろう

戦後があり カウンターカルチャーの蜂起があり
シラケの時代があり、、、と そんな時代背景を
キヨシローに重ね合わせてみると
”僕より上のお兄さん” の肖像がおぼろげながらも
見えてくるのだ

正直 近年の彼に関して
僕はとても いい聞き手とは言えなかった
それでもまるでジョン レノンを失った時のような
やり切れなさを覚える

*いわゆる言い伝えによる戦争体験の継承が戦後65年
近くなって薄まってきたのは仕方ないという見方もで
きるし それだけこの60数年の日本が平和だった証左
でもあるだろう ただゲームや映像など架空の戦争ご
っこに馴れてしまい 皮膚感覚として継承出来なくな
っているという事実は考えなければならない
卑近な例で恐縮だが 私の場合親戚が集まる機会があ
ると叔父や叔母たちは必ずといっていいほど戦争の話
になるわけで、、、










teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ