東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/8/31

8月31日〜人生の暗い側面  文学

佐々木譲『夜を急ぐ者よ』(集英社文庫 初出90年)を読了
350ページのサスペンス ロマン
今年39冊めの読書でした

過激派の政治犯に仕立てられてしまった青年が 資産家で
自民党員である父を持つお嬢さんと ふと出会う若き日の
回想を挟みながら 二人がその後辿った数奇な運命を炙り
出していきます

時と場所を経て二人が偶然にも那覇で再会し 空白を埋め
ようとする場面がひとつの山場ですが 一度犯罪を犯して
しまった者は常に人生の裏側を歩かなければならないのだ
ろうか? という作者の問いも苦く込められているような
気がします

また深読みすれば ”政治の季節”である60年代に青年期を
過ごした佐々木の”イデオロギー”や”徒党”への反発までも
が汲み取れるでしょう 終盤の抗争場面でかつての同士が
「お互い、くずれちまったもんだな」と独白するシーンに
作者のアイロニカルな視点がしっかり宿っています

音楽はまあ枕みたいなものですが ジョン レノンが射殺
された日の新宿の様子などを描いていて 私も他人事とは
思えませんでした あるいは荒井由実が松任谷由実に変貌
していく小技も 鮮やかに時代の移ろいを捉えています

今や直木賞作家として著名な佐々木譲ですが 20年まえに
書かれた本書では 現在の技巧の上手さだけではない
自画像(self-portrait)までが込められていたのではないで
はないでしょうか?

一級品のエンターテイメント小説という以上に
人生の暗い側面について考えさせられました

クリックすると元のサイズで表示します

2010/8/29

8月29日〜アトランタの暑い日  

休日は朝のうちの歩きが心地好い 本日は12,491歩
同好の士にはi-podで音楽を聞きながら歩いている人も
多いが ぼくは一切聞かない派である
まあ 音楽のことは常に考えているんですけど

ロス ロボスの新作とともに最近愛聴しているのが
デレク トラックス バンドの『ロードソングス』
今年の4月8日と9日 シカゴのパークウェストで行わ
れたライヴを収録した2枚組だ

単なる馬鹿弾きに走らないデレクの知性のようなものが
バンド アンサンブルの隅々にまで染み渡っているのが
何よりも素晴らしいし ちょっとボブ テンチを思わせ
るようなマイク マティソンの嗄れたヴォーカルもアー
シーな匂いを振りまいていて大好き!
そして多彩なリズム アプローチも ジャムシーン以降
の風通しの良さに後押しされているようだ

秋になったら20,000歩に挑戦してみようかな

クリックすると元のサイズで表示します

2010/8/29

Golden Soulを求めて  Rock N Roll

福岡を拠点に活動するコーガンズのサード アルバムが
発売された
ぼくにとっては咋秋、新宿のclub doctor以来の再会だ

どちらかというとビート バンドの祭典という趣きがあ
ったそのイヴェントでは
彼らは開演まえに「俺ら、ちょっと浮くかも」といった
ようなことを言っていたけれど そんな雑駁な感想は
ファストよりもミディアムでバウンスしていくような
その日の演奏が何よりも雄弁に補完していった
ビートのしなり具合は むしろブラックミュージックか
ら学び取ったものが多いように ぼくは思った

最新作『Golden Soul』でも その印象は変わらない
ジンロウのまっすぐなヴォーカルを存分に活かした音の
像と言ってもいい
言葉が溢れ出し ビートがしなやかに輝き出す
山田のギターと ジュンとキンのリズム隊はどうやら
押しも引きも体で覚えていったようだ

そう イアン デューリーと闇市で鍋を囲んでいるうちに
ファンカデリックと遭遇してしまったような
そう あのクラッシュがパンクの形態に溺れることなく
壮大な『ロンドン コーリング』を紡ぎ出していったように

「もう決して若くはない」そんな覚悟も歌詞に滲み渡って
いる ジンロウが作る歌詞にはむろん暗喩もあるけれども
それを上回るのは”まともな人ほどおかしくなるんだよ”
(『冒険』)といった直裁と優しさだろう

そこには遙かな死体の群れがある
そこには物言わぬ愛想笑いや どうでもいい薄笑いがある
ぼくも「ライオンの船」に乗って
この夜から漕ぎ出していきたい

クリックすると元のサイズで表示します

http://cogans.web.fc2.com/

2010/8/28

ただそこに土地がある 人がいる  文学

川上弘美『おめでとう』(文春文庫 初出2000年)を読了
大作を読破したあとはいつも短編集で骨休めするのだが
これがまた良かった 今年38冊めの読書でした

川上は綺麗な日本語を丁寧にリズミカルに使うなあ 
そんな印象はずっと変わらない そこから立ち表れる色彩
匂い 可笑しみ(ユーモア)が何とも味わい深い

音楽もそうだが 本や映画を筋書きだけで求めていくのは
いささか貧しい捉え方だといつも思う
そうじゃないんだ
優れた表現には筋とは別の色彩があり 匂いがあり ふと
立ち止まる一瞬があるのだ

説明的ではない修辞 美文を回避していこうとする心
文章というのは こうじゃなくっちゃ

西暦3000年の正月に向けられた表題作「おめでとう」は
黙示録的でもある

その主人公は昨日と同じように 御飯を炊き 魚を焼き
遠くに見える東京タワーを眺めながら
「自分のなかに遠くのものがあるのは不思議」
などと呟いている

クリックすると元のサイズで表示します

2010/8/28

8月28日  

もうすぐ満四ヶ月となるウォーキング
今日の成果は11,850歩と 猛暑につきやや軽めに調整
こうしてlogで定期的に公開することで まさに退路を
断つのです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


バックスキン地のNikeはずっと気に入っているもの
ブランズウィックのカンパニースリーヴに入っているの
はザ フー「マイ ジェネレーション」の7's

クリックすると元のサイズで表示します

8月21日 中目黒バードソング カフェ最終日
山本シラスのDJに反応するオビン
腹回りの変化にも注目を(笑)
utaさん、撮影ありがとうございます

2010/8/28

祝!Saddles 〜TOKYO BOOT UP最終審査通過!  Rock N Roll

弊logのリンクにも張っているSaddlesが
日本のSXSWともいうべきTOKYO BOOT UPの最終審査を通過
しました! つまり出演決定です

ぼくが彼らのことを知ったのは 武蔵小山アゲインの石川さん
から「オビさん、すごいバンドがいるからぜひ!」と薦められ
たことと たまたまリーダーの山本塁さんとぼくが仕事で一緒
だったことが重なっての結果なのですが いやあ素晴らしい!

通常のフォー ピースのロック バンドが今という時代にその
価値を訴えることは本当に難しくなっていますが 彼らのケレ
ン味のない演奏(さしずめオルタナ世代のルーツロック再発見
)は きっと何らかの楔を打ち込むことになるでしょう

TOKYO BOOT UPに関しては
http://tokyobootup.jp/ 

SADDLESに関しては
http://saddlestheband.net/

をご参考に

クリックすると元のサイズで表示します

2010/8/27

here, today  




65年までのビーチボーイズは本当にいいなあと思う
音楽に余分な邪念が入り込んでいないという感じだ
南カリフォルニアの音楽ってこんなにも明るいのか
と 驚いた遠い記憶が蘇ってくる

『トゥデイ』(65年)は初期ボーイズの総まとめ
といったところだろうか
奥山和典さんは同盤のB面を聞いて「この美しさは
ただごとじゃない」と思ったそうだ
『国境の南』の羽田野純夫さんも 『トゥデイ』が
お気に入りとか
そういえば元NRBQのビッグ アルことアル アンダーソン
は何でも『トゥデイ』に触発されて名曲「Ridin in my car」
を書いたと述懐している

どちらかというと抹香臭い音楽のほうが評価されがちだけど
こういう人たちの触覚は信用出来るなあ(笑)

それにしても「help me, londa」の後半で音量が突然上下す
るのをラジオで聞いたとき 「勝手にいじるな!」と思った
記憶が懐かしい
レコード盤でもそうだったことをぼくが知るのは もう少し
後になってからのことだった

クリックすると元のサイズで表示します

2010/8/27

8月27日  

本日のウォーキングは12.361歩
体重はまた減り 最高減を記録した
実は長野への旅行中の2泊3日じゅうに油断したせいか
またすぐに増えてしまい
焦っていたのだが 良かった良かった

会う人たちから たまに「お腹すっきりしましたね」
「顔も小さくなりましたね」などと言われると 正直嬉しい
面白いのは 男たちは関心がないのかあまり反応してくれ
ないのに対し 女性の場合ダイエットはやはり切実なのか
けっこう直截に感想が返ってくるのがなんだか面白く
また怖いなあ(笑)

それにしても ふとした瞬間に自分の体が軽く感じられる
のは 何だかとても新鮮だ

クリックすると元のサイズで表示します


2010/8/26

8月26日  文学

宮部みゆき『小暮写眞館』(講談社 2010年)を読了
全700ページの大作で 読み終えるまでにおよそひと月
かかってしまったけれども 圧倒的に素晴らしかった
今年37册めの読書であり たぶん今年のベスト


クリックすると元のサイズで表示します

主人公の英一が高校一年から三年までに経験する出来事
を追うクロニクルであり 彼の視界に出入りする様々な
人々の物語でもあろう それらが重層的に折り重なり合
っていく 物語はけっしてドラマのように動いていくわ
けではないが 登場人物たちが奥に秘めているものは複
雑だ それらを宮部みゆきは力強く ユーモアを交えな
がら束ねていく そう、これは動かないけれども濃密な
”普通の人々”の物語だ

クリックすると元のサイズで表示します

自分を他者との関係性のなかで捉えようとする態度は
袋小路から人を連れ出してゆくけれども この小説でも
それは例外ではない
英一にとっては 年上のやや風変わりな女である恒本
順子との交信も この物語の核となり どこまでも視界
を押し広げ 生と死のことを暗黙のうちに浮かび上がら
せていく

美しい

クリックすると元のサイズで表示します

2010/8/25

ディレイニー&ボニー&フレンズ『オン・ツアー』  Rock N Roll

念願だったディレイニー&ボニー&フレンズの4枚組ボックス
を ようやく入手することが出来た
音だけは編集部からお借りしてすでに親しんでいたが
やはりこうして自分で購入してみると思いは格別だ
むろん音源公開時のCD−Rよりも遥かに音がいい!

クリックすると元のサイズで表示します

本ボックスの詳細に関しては『レコードコレクターズ』8月号
に青山陽一さんが ばっちり書かれているのでそちらをぜひ
読んでいただきたいのだが 69年12月に行われた彼ら初とな
る英国ツアーの模様を 日にち(もしくは1stと2ndショウ)
ごとにフル収録したというこの作品は ひとつのライヴ ドキ
ュメントとしても 大変価値があるものだろう とくに12月
7日のセカンド ショウを収録したディスク4は ジョージ
ハリソンも合流して圧倒的なウネリを見せていく
前のめりに押しまくっていくタイプのジム ゴードンのドラ
ムズも 多くの方が指摘するようにパワフルで凄い!

このツアーにフレンズの一員として参加したのは むろん
エリック クラプトン 彼のキャリアにとっても間違いなく
分岐点となった時期の演奏だけに 当時のエリックがどんな
音楽を求めていたのかを考えてみてもいいだろう
ここでも彼が自らリード ヴォーカルを取る「I Don't Know
Why」は 後年のエリックへときちんと連なっていくものだ

ちなみに彼はこんな発言をしている

「ぼくが今までいたグループでは ぼくよりずっと歌が上手
いシンガー、完成されたシンガーがいたんだ だからぼくは
奥に引っ込んでいた でもディレイニー ブラムレットは
ぼくの歌を初めて褒めてくれた そう 彼はぼくに自分で歌
う自信を与えてくれたんだよ」

クリックすると元のサイズで表示します

中央のステージ写真に映る二人が ディレイニーとエリック
この出会いは やがてスワンプ ロックの潮流を生み出して
いく原動力となった

そういえば ぼく自身が英国や米国といったことをことさら
意識せずに(分け隔てなく)ロック音楽を聞いてこれたのも
ディレイニー&ボニーたちが デイヴ メイソンやジョージ
ハリソンと接近していったことに もともとの背景があるの
かもしれないなあ



2010/8/24

8月22日、23日〜last trip to nagano  

22日 茅野にて父の散骨を

クリックすると元のサイズで表示します

the skies, the fields

クリックすると元のサイズで表示します

aftergrow


クリックすると元のサイズで表示します

till the morning comes



23日 諏訪にて

クリックすると元のサイズで表示します

when the ships come in

クリックすると元のサイズで表示します

that old time feelin' coming strong

クリックすると元のサイズで表示します

this is my opening farewell


青年時代 父の目に焼き付いていたのは
終戦直後の荒涼とした光景だけだった
そこから 彼の長い長い旅が始まっていった

クリックすると元のサイズで表示します

so far, so close

2010/8/22

8月21日  

今日は 中目黒バードソング カフェの最終日
この特別な夜に応えるように 木下弦二&佐藤克彦のライヴが
どこまでも余韻を湛えていきました

クリックすると元のサイズで表示します                     クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

歌とギターが支え 補完し合いながら空間を作り出
していきます
弦二のヴォリューム奏法や わざと遅れながら弾き出して
いくフレーズも味がある
むろん佐藤の震えるようなラップ スティールも

クリックすると元のサイズで表示します


ライヴ終了後には 山本シラスがDJを
これも最高の選曲でした
                                               <クリックすると元のサイズで表示します

ほら、『ナウ ルック』が!
シラスは最高!

クリックすると元のサイズで表示します


記念撮影を
L to R 店主の梅澤くん、小尾、文屋 章さん
いやあ 最後までよく飲んだなあ(^0^)

クリックすると元のサイズで表示します

弦二の歌は ぼくの釘を抜き取っていくようだ
打たなくてもいい釘や
打つと思っていて動機を取り違えていく釘の
こと

そんな風に思わせる音楽家に会ったのは 
ぼくは久しぶりのことだった

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2010/8/20

残暑お見舞い申し上げます  Rock N Roll

みなさん、お元気ですか?

ぼくは今日もロック音楽の成り立ちと成果について
ぼんやりと考えていました
ロックの伝説的なレーベルの社長に取材出来たこと
も ぼくのそんな思いに拍車をかけてくれました

さて ぼくは8月21日から24日まで 夏休みを取ら
せていただきます
そう 昨年他界した父を墓とはまた別に散骨するた
めに 残暑の長野へと

久しぶりに愛すべき親戚の人々にも会ってこようと
思っています
車を妹に任せるのは ぼくが運転免許を持っていな
いから

また 近いうちにお会いしましょう

小尾 隆

クリックすると元のサイズで表示します


こんにちは、見知らぬ人

あなたのことが解るまでには とても時間がかかりそう

でも こんにちは、見知らぬ人へ




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ロックンロールの”オリジナル” チャック先生!
彼は相棒であるジョニー ジョンソンのピアノをギターへと
置き換えながら あの独創的なギター奏法を生み出していった
と言われている

クリックすると元のサイズで表示します

男は黙って サッポロビール!

2010/8/19

オビンの”B級”街道その6〜ダニー・アドラー  Rock N Roll

我が愛する”B級”の町、江古田の中華料理店
『味養亭』がこの9月末で創業50年の歴史に
幕を閉じるとのことです
私が生まれるまえからお店を始めていたんだなあ
寂しいけれど 長い間お疲れさまでした

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


"B級”街道のメンタリティとも通じる美味は
けっしてチェーン店には求められないものでした
(ちなみにエル・テッチさんは”C級”を展開中です^0^)

さて今回の”B級”街道は ダニー アドラーです
元々はオハイオ州シンシナティから英国にやってきた
アドラー氏はロンドンのパブ シーンと交流しながら
自身のバンド、ルーガレイターを76年頃結成します

クリックすると元のサイズで表示します

私が初めて彼らの存在を知ったのは上記のライヴコン
ピ2枚組(78年)に収録された「ゼロ ヒーロー」
という曲ですが パンクの荒々しさも兼ね備えたサウ
ンドは タイトルから言ってもエルヴィス コステロ
の「レス ザン ゼロ」を思い起こさせるものでした


77年に彼らルーガレイターはデビューLPを
Do-Itレーベルからリリースしていたのです

クリックすると元のサイズで表示します

トレモロアームを駆使しまくった変態ファンクとでも
いうべきギターサウンドは しかしめちゃかっこ良く
ワイルドで ときにハワイアン スティール風味まで
に逸脱していきます(笑)
これぞ真にオリジナルなロックンロールでしょう

クリックすると元のサイズで表示します


同LPからのシングル曲は インディの名門STIFFから
私のDJでよく回る曲です
ジャケットはむろんビートルズの”ハーフ シャドウ”
をパロディにしています こんな遊び心もパブ的な
メンタリティを感じさせるものでした

クリックすると元のサイズで表示します

アドラー独特のギターは  よく”Gusha Gusha Sound "
と形容されますが たぶん本人の命名によるものでしょう
レーベルの左側にそのフレーズを書いたロゴが見えます
う〜ん、小技効きまくり!

クリックすると元のサイズで表示します

このシングルもファースト アルバムに収録されていますが
ヴァージョンが異なります 私はLPヴァージョンのほうが
好きですが これまたレアな7'sです 77年にヴァージンか
ら発売されています 美しいラヴ ソングで こんな綺麗
なメロディも書けるんだなと びっくり!

クリックすると元のサイズで表示します


ルーガレイターが解散すると アドラーのおっさんは当然
ソロ活動に入っていくのですが 個人名義のこの80年盤も
最高です! レーベルはarmという超マイナーなので
ジャケットも完全なる低予算
こんなジャケで売ろうとする方も”B級”なら
買い求める私も 限りなく”B級” どす(笑)
むろん”Gusha Gusha Sound "が ガンガン鳴りまくって
いるのです!

レトルト食品とか チェーン店の食べ物ばかり食べている
と 間違いなく舌は劣化していきます
音楽にしても同じことが言えるのではないでしょうか?

”メインストリーム”の殺菌されたような音に馴れてしまえ
ば ”B級”ならではのリアルな音楽や聴衆の歓声さえ
聞き逃してしまうかもしれません

ダニー アドラーさんと江古田の『味養亭』で
ビールを飲みたかったなあ〜

クリックすると元のサイズで表示します


前述の80年盤のインナースリーヴから
中央下のサスペンダー ズボンがアドラー氏
誇らしく”Gusha Gusha Music" の表記も書かれています

最後は 近年のアドラーを







2010/8/18

いつも考えていた  Rock N Roll

ーー小尾さん、まずはダイエット成功おめでとうございます

小尾:「ありがとうございます 自分でも信じられないこと
なのですが 8キロ体重が減りました」

ーー5月13日からウォーキングを始めて ほとんど1日も
休まずに三ヶ月ひたすら頑張りましたね

「最初は辛かったんです ぼくジョギングで一度挫折してい
るから 最初は全然自信が持てなくって でも始めて2週め
くらいからどんどんハマッていったんです jogは駄目だっ
たけれどwalkは大丈夫なんじゃないか、なんて呪文を自分に
課しながら 今は毎日楽しいくらい歩けています」

ーーそもそもの動機は?

「ぼくは以前に比べてミュージシャンに会う機会が増えました
たとえば中村まり、東京ローカル・ホンク、佐野元春にはわり
と定期的に会っています もっとも会うと言っても 彼らのラ
イヴ演奏のときに 終わってから雑談する程度ですけれども
そのときに彼や彼女の音楽に相応しい自分でいたかったという
気持ちがすごく強かったんです そのとき自分がもしも弱点を
抱えていたなら 彼らと対等に話は出来ない 彼らが放つ言葉
に関して素直に反応出来ない ぼくはそういう事態だけは避け
たかった」

ーー批評は二義的なものではない、という小尾さんの思いがそ
んなところにも感じ取れます

「賢い音楽家ほど 音楽は聞き手に届いてこそという思いが強
いですね もし仮にぼくが信頼を得られるのであれば 聞き手
に徹することじゃないかな とも思っています 彼や彼女の音
楽のいい部分をしっかりと見渡していきたいです」

ーー曇っていた部分もあった?

「チケットが高過ぎるという問題は考慮しなくてはなりません
が ぼくにとって今年の春 キャロル キングとジェイムズ
テイラーのジョイント ライヴを見たことは すごく大きな
体験でした ああ、この人たちはすごい志をもって音楽に取り
組んでいるんだな、と 全然すれていない 全然始めた頃の
気持ちを失っていない ぼくはむしろ自分が恥ずかしくなりま
した その帰りに一人飲みながら思うことは少なくなかったで
す おい、小尾 お前はまだ全然駄目じゃんかと」

クリックすると元のサイズで表示します

渋谷『国境の南』の羽田野純夫さんと

ーー音楽評論家といってもなかにはヒドいのもいます

「言っていることに一貫性がなかっったり 単なるお調子者だ
ったり 長いセンテンスの文が書けない 機を見るに敏なだけ
とか もう荒れ果てていますね(苦笑)まあぼくは自分の仕事
をやるだけなのですが、、、小尾っていうのは売れてもいない
し有名でもないけどコツコツやっているな と思っていただけ
れば嬉しいです」

ーー佐野元春さんもそこら辺を見ていてくれたと思います

「自分のことは解らないですけれど あの人の触覚というか
直感力というのはいつも研ぎ澄まされています たとえ無名で
それほど実績がなくっても ひらめいたら指名する 登用する
そういう意味でも常に行動的な人であることは間違いないです」

ーー健康に気を付けてワイルドライフに別れを告げた?

「ワイルドライフがロックンロールだと未だに勘違いしている
ひとたちもいますが ぼくはもうそういう時期はやり過ごしま
した すごく象徴的に言えば自由になりたいという願望は深酒
を誘発しますが 本当に自由になってみると(社会から放り出
されてみると)お酒との付き合いも自制をもったものへと変化
していくんですね まあ現実面でそれほどお金が使えないとい
う側面も大きいのですが(笑)」

ーー早寝早起き 和食中心 ウォーキング

「だから夜型の編集者とは真逆の生活だから彼らに合わせるの
は大変です(笑) ぼくが仕事を終えて一杯やり出す頃 彼ら
は出社してきたりしますから」

ーーそんなに小説が好きだったら小説家になれば? と皮肉を
込めて小尾さんを攻撃した音楽評論家もいましたね 小尾さん
のドニー フリッツ取材にいちゃもん付けたりして(苦笑)

「だからそもそもものごとの見方が狭いし 貧しいと思う
そんなことを言っているから音楽馬鹿になっている 井の中
の蛙になっていることに気がつかない ディランのことを書い
てもディランの音楽がまったく伝わってこない 可哀想な人
だとぼくは思っています これから和解することもないだろ
うし 付き合っていくつもりもありません」

ーーまあイヤなことは忘れて 今日も歩きましょう

「歩く 本を読む 音楽を聞く 文章を書く 食事を作る
友と語らう そのどれもが等価であるんですね まあ地味で
すけど それを大事にしていきたいと思っています
長生きしたい もっと本を読みたいなって ここ数年やっと
思えてきたんです」

クリックすると元のサイズで表示します

レコード店『ペットサウンズ』の森勉さんと
お茶の水のウッドストック カフェにて

クリックすると元のサイズで表示します

編集者のバシコちゃんと 中目黒のバードソング カフェにて



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ