2007/12/24

レイアウトコンテスト2007総括(おわり)  霊魂補完計画
少し前に、漆黒さんが用意してくださったアンケートシステムに“何を目的にVRMネタのweb/blogをやっていますか?”という設問を用意してみました。

http://cgi.www5d.biglobe.ne.jp/~g_office/vrm/anq.cgi?data=20071105223100

※直接は飛べないのでURLをコピーしてジャンプしてね

投票総数12を以ってネットVRM界隈を語るのには、やや無理があるワケですけども、現時点の結果(下画面)に対するボクの印象は「みんな欲がないなぁ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
<アンケート結果>

何がしかのムーブメントの立ち上げの時期に、リアルタイムに関わることが出来るというのは非常に貴重な体験なのであって、かつ、そのムーブメントが1〜2年で枯れ忘れ去られることなく、数年に渡る継続性を持ってきた場合、これは、たとえそのムーブメントが一見してどんなにくだらないことであっても、極めて稀なことなのであります。

VRMは前世紀末に産声をあげ(これからして、既に凄いことだと思いませんか?)一旦のピークを迎えたVRM3から、パラダイムシフトを伴うVRM4への移行もなんとか乗り切りました。この大きな流れに、人によって大小はあるでしょうけれども、何らかの形で参加し、影響を与えているというのは、みなさんが考えるよりも結構凄いことです。少なくとも、ボクはそう思います。

VRMが売れるか売れないか、VRMユーザーが増えるか増えないか、は、本質的には開発販売元であるI.MAGiCの領分なので、んなことはボクらは放かっときゃいいと思います。っつーか、給料だとか然るべき対価抜きに営業活動のような労働に従事するのは精神的に不健康です。

一方で、VRMという基盤を使ってボクらが積み上げてきた文化、と言うといささか大袈裟ではありますが、まぁソレをどう呼ぶかは別にして、VRMシステムとは別にボクらが作って来たもの・・・狭くはVRMレイアウト作品であり、広くはネットVRM界隈の歴史やコミュニケーション様態・・・を、どう維持発展させていくかは、I.MAGiCとは独立したボクらの領分です(極端な話、I.MAGiCがVRMの開発販売をやめても、ネットVRM界隈はすぐには消滅しないでしょう、そういうことです)。

冒頭に示したアンケート結果や、レイアウトコンテスト2007を通じてボクが強く感じたのは、そろそろボクらはそういうことを考えていい時期に来てるんじゃないか、あるいは、考えていくべき時期に来たんじゃないか、ってことです。

今、日本で鉄道模型といえば当たり前に「Nゲージ」と言われますけども、独アーノルト社が9mmスケールを標榜したのが1962年、KATO(関水金属)が本格的に日本型Nゲージを始めたのが65年であるのに対し、国内でNゲージという呼称が一般的になったのは70年代後半です。イカロス出版の「エヌ」以前には事実上唯一のNゲージ専門誌であった機芸出版社「Nゲージマガジン」の創刊は84年です(以上Wikipedia日本語版より)。

当時はインターネットなんかなかったワケですから、今よりも情報もモノも流通伝播の速度が低く、ゆえに、これだけの時間を要した、という言い方はできます。が、それを割り引いても、ある1つのムーブメントが市民権を得るというのが、非常に気の長い話であることがわかると思いますし、逆に、一瞬にして火がついたムーブメント(大抵、無理矢理なマーケティングを伴う)というのは大抵は長持ちしません。

そして最も重要なことは、Nゲージを国内において鉄道模型の代名詞の地位にまで押し上げたのは、もちろん各メーカーが自身の利益のために努力したからではありますが、それと同じくらいに、明に暗にそのムーブメントを支えたたくさんのユーザーがいたからこそだ、ってことです。

もちろん、ボクは予言者じゃありませんから「VRM(もしくはそれを後継する何か)が現在のNゲージ相当の地位に将来至る」ことを保障も何もしません。が、そうなるといいなー、誰かやってくれないかなー、とも思いません。それをやるのは他ならぬボクら自身だからです。でも、みなさんにそれが出来る、とも保障しません。少なくとも、現時点では、まだまだいろんな意味で力量不足は否めません。が、端緒は見えている。

んー、ちょっとここは表現が難しいんですけども、ボクがみなさんに伝えたいと常々思っていることは、歴史に名を残す仕事をするチャンスに巡り合うのは極めて稀で、かつ、そのチャンスに自分に出来ることを時期を逃さずにやるってのはもっと稀なことで、でも、その稀な2つを満たせば、やってやれないことはない、ってことです。そして、重要なのは、歴史に名を残すという結果、ではなく、歴史に名を残すべく今この瞬間に何かをするという伊達と酔狂だ、ってことです。う〜ん、我ながら言葉足らずだなぁ・・・@

まぁ、何が何だかワケがわからないかも知れませんが、志ある読者諸兄は翌年のレイアウトコンテストに向けて、本稿で述べたことを心の片隅に留めてください。んでもって、翌年のレイアウトコンテストが終わって、特に何も変わってなかったら、このエントリのことは忘れてください、ゲシシシシ。
0

2007/12/22

レイアウトコンテスト2007総括(その6)  霊魂補完計画
話がアッチへ行ったりコッチへ行ったりしているので、既に「どこがレイアウトコンテストの総括なんだ?」と思っておられる方もおられることでしょう。いや、それ以前に「何の話をしてるかわかんねー」な人の方が多いかも、っつーか、みんなそうかも。

ボチボチと総まとめに入ります。まず、ここまで述べてきたことを、大雑把に振り返ってみましょう。

第一に、45-50s氏の手になる大賞作は、一見して他作品と大きな差異がないように見えて、レビューにも書いたように「作者が(一方的に)見せる」のではなく「見る者を魅せる」強い意図を秘めた作品であるという点において、従来のレイアウトコンテスト作品とは一線を画したものである、とボクは見ています。

同時にそれは、いささか大袈裟な表現ではありますが、ネットVRM界隈が単に内輪ウケに終始するオタク集団から、外部からの理解を渇望するクリエイター集団へと発展していく指向性を持ち始めていることを象徴している、と捉えています。

クリックすると元のサイズで表示します
<同じく理解への強い渇望を感じさせた「都市開発/かずぼっくり氏」より>

第二に、でありながら、VRMの魅力(ひいては、各レイアウト作者の力量)を目に見える形で示すことがより難しくなりつつある、という問題を感じています。これについては、ネットVRM界隈の共有の課題として取り組んでいければいいな、と思っています。

一方で、このような問題が顕在化する背景には、相互交流の活発化によりVRMユーザー個々人、また、VRMユーザー総体の技術力が急速に向上した反面、その相互交流が基本的に「同じVRMユーザー=わかってくれる人」だけを相手におこなわれてきたため、銘々のネットVRMユーザーに「非VRMユーザー=必ずしもわかってくれるとは限らない人」に訴える力が、技術力ほどには育たなかった、という構造があるとボクは考えています。

これは、ネットVRM界隈のコンテンツもそうですし、今回のレイアウトコンテストの参加作品も、詳細に見ていくと同じ問題を孕んでいると思います。ややキツい言い方をすれば、皆、自分のVRMレイアウト世界への理解を欲しているわりには、それに伴う説明責任を果たしていないし、そもそも、説明するに足る力がない、とでも言うべきでしょうか。

そこで、第三の論点として、外部からの視線をネットVRM界隈に徐々に招き入れ、その刺激でもってネットVRM界隈のプレゼンテーション力を高めていきたい、という思いがボクの中にはあります。そもそも、VRM世界征服計画とれたてVRMなどはその目的で立ち上げたものだったのですが、結果的には、いずれも内輪ウケを加速する傾向が色濃く出てしまっています。

外部からの目をネットVRM界隈へ招き入れるにはどうしたらよいか。その具体的な方策の1つとして、リアル鉄道模型愛好家の視線を誘導する試みは勝手に始めました。加えて、本丸のテレビ的な権威を利用すべく、スーパーバイザー諸兄への檄も飛ばしました。どちらも即効性のあるものではありませんが、図に当たればじわじわと効いてくるだろう、と思っています。まぁ、これは本当に“思ってるだけ”で、どちらも空振りする公算が高いですが。

以上が、ここまで“レビュー祭”と称して、その実は通奏低音として奏でていたボクの主張の骨子であります。

去年に比べて端折りの度合いがひどい(いや、去年もひどかったですが)ので、わからない人にはサッパリわからないだろう、と思うのですが、これ以上噛み砕いても、やはりわからない人はわからないだろう、としか思えないので・・・っつーか、もー書いている本人が飽きてきたので、次回で締めて、その後は、今年度の電波ゆんゆん大賞の選定に専念します。

いや、もー“誰か”は確定してるんですけども、“どれに”するかで迷ってます、ゲシシシシ←最近、気に入っているらしい。
0

2007/12/20

レイアウトコンテスト2007総括(その5)  霊魂補完計画
前回からの流れを受けて、狭くはスーパーバイザー諸兄に、広くはI.MAGiCに、レイアウトコンテストに結集されるVRMユーザーのパワーの有効活用について、一案を示したいと思います。

と言っても、何か特別なことを求めているワケではありません。端的にまとめますと、要するに以下のようなことです。

(1)非VRMユーザーに対しては、レイアウトコンテスト受賞作・参加作品を題材にした「VRMの楽しみ方」を紹介するコンテンツを作成、公開する。
(2)レイアウトコンテスト参加者に対しては、各自の作品が公式Webの宣伝素材に利用されることによる、ささやかな達成感・優越感を提供する。

たった、これだけのことです。

と言うか。

なぜ、これが今までなされていないのか(いや、意外に本人たちは今でもやっているつもりなのかも知れませんが)理解に苦しむことですらあり、実はそれをすることが出来ない、我々ユーザー風情の想像を超えた特殊な事情が裏にあったりするのかも知れませんが、多分そんなことはないし、そもそも知ったこっちゃないので適当に放言します。

まず(1)について。これは対象読者は非VRMユーザーです。ですから、そんなに難しいことを書いたり、特殊なテクニックを解説したりする必要はありません。とにかく、コンテスト参加者の作品を例に、スクリーンショットや動画を交えつつ「こんな風にVRMは楽しめます」と紹介するだけ、ただ、それだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
<大胆な縦長構成で部門賞に輝いた「東海道/沖ノ鳥島氏」より>

イメージとしては、TOMIXのWebサイトに“楽しい鉄道模型の世界”という、いかにも初心者向け然としたコンテンツがありますが、ああいう感じでいいんです。パッとみて、へー、そんな風に遊べるんだ、とわかる、その程度のものでいい。それ以上のもの、さらなる深みへと誘うコンテンツは、放っておけばネットVRMユーザーがどんどん書き散らしますし、それの価値がわかる人は、放っておいても勝手にそれをネットの海の中から見つけるもんです。

まぁ、雲上人たるスーパーバイザー様は、ボクらなんかは想像も及ばないほどお忙しい身かも知れません。その程度のものであっても作る時間がないのかも知れない。だったら無理に自分たちで作る必要はないです。それぞれのレイアウトコンテスト参加者や、ネットVRM界隈の中でもコンテンツ作成力に秀でた人に声をかけて、コンテンツを作ってもらえばいいんです。スーパーバイザーは、それをうまいこと編集して、公式Webサイトに掲載する、それだけでいいんです。

「え、だったら、ネットVRMユーザーが銘々のWeb/blogで公開してるのと同じじゃないの?」とか言わないように、全然違いますから。昨日、ささやかな冗談を交えて示したように、VRMの世界におけるI.MAGiC HOBBY WORLD(とmoubiuslink.jpドメイン)は、“テレビ”みたいなものです。普通の人は、何か興味のあることについて知りたい場合、まずテレビや雑誌の情報をアテにするのであって、道端でボヤいているマニアの言葉になんかに、それがどれだけ造詣の深い人であっても、耳を傾けないです。あなただって、そうでしょ?

そして(2)ですけども、自分が作ったレイアウトコンテスト参加作品がスーパーバイザーによって(あるいは自分自身が彼らに協力することによって)公式Webの一角を占めるコンテンツになる、ってのは、テレビに出る、とまではいかなくても、深夜ラジオで自分の投稿を読んでもらえるくらいのカタルシスがあるはずです。最新のVRMパッケージを賞品としてもらえるよりも、よっぽどユーザーのモチベーションを煽ることが出来るはずです。

「いや、そんなのは古い価値観だ、そんな時代はとうに終わった」と優越感ゲームしたい人は勝手にしてください。んなことは百も承知です。でも、それじゃぁ普通の人はついて来ないんですよ。そんなんじゃ、VRMはいつまでたっても鉄道趣味の世界の隅っこから出れないんですよ。いつまでたっても、レイアウトコンテストは内輪ウケ大会を卒業できないんですよ。大賞作品が“お山の大将”じゃ、洒落としても面白くないでしょ?

もちろん、わかりにくさ、小難しさ、には、一面の格好良さがあります。スーパーバイザー諸兄はともかく、I.MAGiCは故意にそれを狙っているような印象もあり、それはそれで1つの考え方かとは思います。わかる人だけわかってくれればいい、それはそれでありです。が、開発販売元の商売上の都合はともかく、少なくともボクの知るネットVRMユーザー諸兄は、他者からの理解を渇望している、ボクはそう思ってます。

だとすれば、その頂点たるスーパーバイザー諸兄にあっては、敢えて雲上から一歩降り立って、たとえ多少バカっぽく見られようとも、誰にでもわかりやすい何か、子どもでも高齢者でも「お、VRMって面白そうだな、やってみようかな」と親しみを持てるコンテンツを、ネットVRM界隈のパワーを利用して生み出して欲しい、ネットVRMユーザーに対して率先垂範して欲しい、とボクは願います。

一般のVRMユーザーとは異なり、スーパーバイザー諸兄には、為すことを大多数の人に無条件に受け入れてもらえる“テレビ的権威”が付与されています。あなた方は自らそれを望み、手に入れているのです。それを死蔵せずに活用してください。それこそが、貴兄らがネットVRMユーザーから送られる敬意に、報いる唯一の手段なのですから。
0

2007/12/18

レイアウトコンテスト2007総括(その4)  霊魂補完計画
以下の議論の大前提としてまずご理解いただくことがあります。実質がどうかは知る由もないので捨て置きますが、建前上は・・・

鉄道模型シミュレーターレイアウトコンテスト200x
主催:VRMスーパーバイザー
協賛:アイマジック

です。
あえて言わせて貰うとね。このようなレイアウト(註:鉄模の大都会/ライドル氏のこと)こそが商売としてVRM3を一般の方に売り込むには、一番いいような気がするんですがね。あの「味も素っ気もないサンプルレイアウト」に比べりゃ、はるかにVRM3の本当の面白さが凝縮してるし。

VRM3井戸端会議分室 / 井戸端会議版VRM3レイコン2007総評19 より
上引用のおいちゃん氏の見解は、ボクは至極真っ当なものだと思っています。これまでもしばしば述べてきましたが、一般論から言えば、VRMのような(プチ)クリエイターツールのコンテストというのは、本質的にその拡販を目的におこなうものだからです。

但し、冒頭に書いたように、レイアウトコンテストの主催者はあくまでもスーパーバイザーであり、I.MAGiCは協賛に過ぎません。従って、上引用の意見の宛先もまた、I.MAGiC本丸ではなく、主催者たるスーパーバイザーであるべきです。建前上はそういうことになります。ゆえに、以下の論考の宛先もまた、建前上はスーパーバイザー諸兄です。

少なくともネットVRM界隈においてはスーパーバイザー制が有名無実化して久しいようにも思うので、何を今更、な気がしないワケではありません。が、それでも建前論として、改めてレイアウトコンテストの主催者たるスーパーバイザー諸兄に問い質したいのは「貴兄らは、何を目的にレイアウトコンテストを主催しておられるのですか?」という、根源的な疑問です。

外部の観察者の目から見れば、その目的が一般論で言うところのVRMの拡販ではないことは明らかです。なぜなら、レイアウトコンテストを通じての、主催者側の唯一の成果物であるコンテスト結果発表ページから、そのような意図を感じることが出来ないからです。

いや、ひょっとすると、スーパーバイザー自身には、そういう意図があるのかも知れません。が、そうであれば、もう少し非VRMユーザーにとって視聴覚へ訴求できるコンテンツになっているべきです。それが(まったくと言ってよいほどに)為されていない以上、そのような意図が感じられない、との批判は、甘んじて受けていただかざるを得ません。

クリックすると元のサイズで表示します
<VRMの可能性をラディカルに示した怪作「SD・東京ぬりえ/hirochi氏」より>

誤解のないように、くどいほどに明言しますが、本稿の意図は「スーパーバイザーはレイアウトコンテストをVRMの拡販に資するものにせよ」ではありません。それは、選択肢の1つに過ぎません。ボクが言いたいのは「レイアウトコンテストの目的をハッキリさせろ」であり、さらに言えば「目的にかなった手段を講じろ」です。

なぜ、そのようなことを求めるのかと言うと、主催者側の意図の如何にかかわらず、年々レイアウトコンテストがネットVRMユーザー個々人の言動に与える影響が大きくなってきているからです。これを銘々のユーザーの個人的な資質による過剰反応である、と切って捨てるのは簡単なことですが、少なくともボクの目から見る限り、これらの現象の根には、レイアウトコンテスト主催者側の意図や目的が、参加者側から見てわかりにくいため、考えなくてもいいことまで考えて苦しんでいる人がいるように思えてなりません。

有り体に言えば、fox氏以外のスーパーバイザー(って、実のところ誰と誰が現時点でアクティブなんですか?)は、日常的にまったくと言ってよいほど自身の成果物(レイアウトやスクリーンショット)を示していません。なので、口には出さないものの「スーパーバイザーにレイアウトコンテスト主催者、審査員の資格があるのか?」という疑問を抱いている人も少なからずいるはずです。そこへ、輪をかけてレイアウトコンテストの意図、目的、審査基準、結果発表、その他諸々がわかりにくいので、結果的にレイアウトコンテストに対するネットVRMユーザーのエネルギー投資が有効活用されず、むしろ空回りしている、というのがボクの問題意識です。

誤解のないように、改めて繰り返しますが、本稿の意図は、スーパーバイザー個々人がどーだとか、I.MAGiCがこーだとか、ではありません。ボクの望むところは、VRMユーザーのレイアウトコンテストに注がれたエネルギーを無駄にしたくない、厳密に言えば、それぞれの参加者に、レイアウトコンテストに参加したことは無駄だったと思わせたくない、の一点に尽きます。

レイアウトコンテスト作品のレビューを書くことを諸兄に煽り続けているのも、究極的には参加者各位、さらにはギャラリー各位に、レイアウトコンテストに参加することには意味があるのだ、と実感して欲しいからです。こちらに別途まとめましたが、レビュー祭で書かれた多くのレビューが、主催者による結果発表では拾いきれていない参加作それぞれの意義を発掘することに成功していると思います。

手前味噌ながら、こういう試みはコミュニティにとって、非常に重要です。意味のないもの、意義を見出せないものは遅かれ早かれ廃れますし、廃れないにしても、本当に意味のあるモノを作ることが出来る有能な人から順にムーブメントから脱落していきます。リアクションが得られないものにエネルギーを投じるのは、クリエイターにとって時間の無駄だからです。

これはレイアウトコンテストに限らず、日々のネットVRM界隈の活動にも通じるのですが、こちらの方は、以前と比べて相互批評が活発化し(まだまだ批判精神に欠ける、という難点はあるものの)健全に回っている、とボクは考えています。これに対し、レイアウトコンテストは、I.MAGiCの協賛という特権的な地位を活用しきれていない点に、忸怩たるものを感じずにはおれません。

では、具体的にどうしていくべきなのか、については、日を改めて一案を述べることにします。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ