2006/9/28

gws/1.0区間閉塞式自動信号機βテスター募集のお知らせ  VRM4EG
VRM4EGに収録したgws/1.0時限式自動信号機スクロールは、お手軽にリアルな信号動作を組み込める上、他スクロールとの組み合わせで信号灯火に応じた自動速度変更も可能な逸品であったワケですが・・・って自分で書いてて空しくなってきた・・・お手軽を追求し「時限式」すなわち、列車位置に関係なく時間経過に応じて灯火色が遷移する方式を採用したため、本当の意味での閉塞が出来ないという欠点を抱えておりました。

この欠点を克服したスクロールが、現在ボクの手元で最終テスト中です。その名も「gws/1.0区間閉塞式自動信号機」・・・って、そのままですが・・・時限式自動信号機とほぼ同じ組み込み手順を踏襲しつつ、区間閉塞によって後続列車の追突を防止する機能を実装しています。もちろん、時限式自動信号機同様に二灯/三灯/四灯減速/四灯警戒/四灯抑速/五灯の全形式に1つのスクロールで対応。gws/1.0規格完全準拠で、あなたのVRM4レイアウトをインテリジェントに演出します。

クリックすると元のサイズで表示します
<β版アーカイブに付属するHTMLベースの解説書(抜粋)>

先にβテスターを公募したgws/1.0待避線出発信号同様、必ずしも扱いが容易なスクロールではありません。βテスターのご意見を反映することで、より多くの人に優しいスクロール/解説書へブラッシュアップした上で一般公開したいと思っておりますので、ご協力いただける酔狂な方はメールにてご連絡ください。

なお、このスクロールは単体でご利用いただけます。信号灯火色に応じた編成走行速度の自動更新をおこなうには、VRM4EG所収のスクロール群が必要です。

続きを読む
0

2006/9/23

VRM4EG所収“スクリプトの教科書”誤字脱字情報  VRM4EG
VRMスクリプト会議室におけるDENGURU氏、rebun氏のご指摘を受けて、鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド付録CD-ROM所収の拙稿“スクリプトの教科書”に、以下の誤字・脱字が見つかりましたので、ご報告しておきます。

*     *     *

実践編B「難しそうなことからやる」の節のサンプルコード
[編成スクリプト]

誤:
cnvfloat VarDistance
mul VarDistance 0.3

正:
cnvfloat TmpTime
mul TmpTime 0.3

実践編B「距離計測ツールが役に立つ」の節のサンプルコード
[センサースクリプト]

誤:
setf {距離(Nゲージmm)}

正:
setf VarToStop {距離(Nゲージmm)}

誤:
setf ObjTrain.VarDistance VarToStop

正:
mov ObjTrain.VarDistance VarToStop
いずれも「正」の太字部分が修正、補足部分となります。

お手数となりますが、上記のように読み替えていただけますようお願い申し上げます。また、この他にも「これ、おかしいんじゃない?」という発見がありましたら、ご指摘を賜れますと幸いです。
0

2006/9/5

gws/1.0待避線出発信号βテスター募集のお知らせ  VRM4EG
このカテゴリでエントリを書くのも久しぶりですが。

工学社刊「鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド」に収録したgws/1.0自動運転化スクロールのアドオンを作ってみました。「gws/1.0待避線出発信号」と題したそれは、VRM4EG収録のgws/1.0規格スクロールと組み合わせて使うことで、二線分岐した駅の待避線で、先発列車をやり過ごす列車を、スクリプトを1文字も書かずに実現する、という優れものです。自分で言うなよ。

実はこれはある方からメールを頂いたやり取りの中から生まれたもので、現在はその方にβテストをお願いしています。が、これは、先にリリースしたgws/1.0自動踏切スクロールVer1.1とは比にならないほどややこしい代物でもあるため、一般公開に先立って他有志の手による検証もお願いしたいと思っておる次第です。

クリックすると元のサイズで表示します
<β版アーカイブに付属するHTMLベースの解説書(抜粋)>

続きを読む
0

2006/4/22

禁断のピックアップ  VRM4EG
先にあつかましいお願いを書きましたが、それに関連して1つ禁断のネタを。

*     *     *

個人のWeb/blogでVRM4EGについてレビューやそれに近い言及をしてくださっておられる方が多数おいでであることは、もちろん、例の調査の過程で気づいております。書いてくださった方の中には「これはVRM侍(当時)が食いつくに違いない」と期待していたのに「無視したまま出家とは何事か!」とお怒りの方がおられたかも知れません。
が、これは無視していたのではなく、少なくとも著書に関して言うと、読者たる諸兄が私を批評することは許されても、私が読者たる諸兄の批評をさらに批評するのはお門違いであると考えているからです。
例外的に、jrkwansai氏については、あえて当時のVRM侍でピックアップしましたが、これは拙前著をキッカケに始まった氏の手になるレイアウト施工が、拙著に対する批評という枠を超えて、氏自身の独自のアクティビティとして完遂されたものとの判断によるものです(なので、レイアウトが完成するまで敢えて触れずにいました)。

そういうワケですので、個人のお立場においてVRM4EGのレビューを公表しておられる皆様に、逐一私見をお返しすることはご遠慮申し上げますが、私はレビューして下さった皆様に心の底より感謝しておりますし、自身の次なる活動の糧として吸収させていただいておりますことを、ここに改めて表明しておきます。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ