2008/9/14

強いて補正するほどのことでもないが、気になるし暇なのでつっこむよ  Bahnsim PRO砲兵隊
先だってコレを見つけて…

いきなり余談だが、実はこの人から、YouTubeで言うところの“友だちからの招待”とやらを受け取ったのがコトの始まりである(最近、立て続けに海外からそういうのが来ている)。トレイン・トレインの同種機能にも同じ疑問があるが、もちろん、このような有り様が既に世の中である程度のディファクトスタンダードであることを理解した上で、こういうコミュニケーション(システムの機能を使って「お友達になりましょう」と呼びかける行為)は、ボクの感覚からすると、謙虚なのか横柄なのかイマイチよくわからない。

ブックマークしておいたら、意外にも(BSPなんて、みんな既にスルーだと思っていた)他ネットVRMユーザー諸兄もコメントを加えられた由。ただ、その中に変なのがあった…まぁ、半分は翻訳エンジンがプアだという話なので、本人の責とは言えないが…ので、暇に任せて補正しておきたい。
2008年09月11日 AKAGI-vrmstation yahoo翻訳によると「非常に限られて役立つ」。google翻訳では「非常に限定的な利用のためのBSPは!」。どちらも正しいような気がする。

どちらも正しくないぞ、そもそも日本語としてすら。


<せっかくだから、動画をそのまま貼っとくか>

続きを読む
0

2007/9/6

BSP→VRM4車両移行備忘録  Bahnsim PRO砲兵隊
多分、誰の役にも立たない話。書き留めておかないと自分が忘れて困りそうなので、メモしておく。

*     *     *

先月末、諸般の事情でVRM用PCを新調し、VRM4をインストールし直した。その際、ドイツから仕入れたBahnsim PRO (VRM3ドイツ版、以下BSPと表記)の車両移行でトラブルが発生した。

クリックすると元のサイズで表示します
<BSP収録のドイツ型車両たち>

具体的には、BSPを一旦起動してVRM3レジストリのAppPathの値をBSPのインストールフォルダに向け、移行ツール“VRM4TrainSetup.exe”を起動するまでは良いのだが、[リスト]ボタンをクリックする(この瞬間、移行ツールはVRM3の車両データベースにアクセスし、インストール済の車両を調べにかかる)と、その時点で移行ツールが異常終了する。どうもセグメンテーションフォルトっぽいので、BSPの車両データベース構造とVRM3のそれとは完全コンパチブルではないらしい。

いや、しかし。以前はうまくいったのであるから、今回の手順に、前回やったがまだやっていない抜けがあるのだ。で、VRM入道に書いた日付はかなり離れているのだが、こういう実験をやっていたことを思い出した。

最初に疑ったのは「EuroExpressシリーズを追加して、VRM3国際版インストーラの洗礼を浴びせる必要があるんじゃないか?」ということ。が、これはハズレ。試しにICE-TをBSPに追加してみたが、やはり移行ツールは異常終了。で、コリャお手上げか、Shellのタンク貨車はお気に入りなんだけどなぁ・・・とズンドコ感が漂いだした刹那、ゴーストが耳元で囁いた。「そうだ、追加キットだ!!」と。

クリックすると元のサイズで表示します
<移行ツールが動いた!!>

前回は885系だったんだけども、今回はVRM3用500系新幹線を使ってみた。案の定、移行ツールが動作し、晴れてBSP収録車両のVRM4への移行に成功した。めでたし、めでたし。

*     *     *

しかし、である。

どうにもこの動きは非常に奇妙に思えてならない。逆(EuroExpressを追加すればうまくいく)であれば、まだ納得はいくのだけれども。ひょっとすると、本来BSPには日本版VRM4への車両移行を拒む仕掛けがなされていて、VRM3追加キットでそれが回避できてしまうのは、I.MAGiCも計算外(っつーか、未検証)の意図せぬ出来事だったのかも。

ま、使えりゃ文句はないんで、どっちでもいーや。
0

2007/3/13

テレビ的にWebを見る人の話  Bahnsim PRO砲兵隊
以前にも似たようなエピソードを書いたことがあるけども、また、YouTubeで似たようなメッセージを受け取った、というお話。
このタリスはTRAINZ?
だったら送ってくれ。
ありがと。

THEFINALHAZARD氏からのメッセージの適当訳
彼の言う「このタリス」は、45-50s氏の手になる“悪の親玉Thalys”のこと。公開当時、あまりの出来の良さに感動したボクが、45-50s氏に許諾をもらってYouTubeに上げて、とれたての動画リストに加えたヤツである。

で。「あれ、オレ、注意書き忘れてたっけ?」と思いつつ当該のビデオクリップを確認したのだが、ちゃんと、
(C) 2007, 45-50s
Generated with Virtual Railroad Models Ver.4 (VRM4)
と書いてある。然るに「TRAINZ?」とは何事か、プンスカ!

いや、まぁ、こんなもんかな、と。

多くのWeb閲覧者は、そこに書かれた文字情報に関心がない。彼らが注目するのは映像や音声なのであって、ある意味、Webを“テレビ的”に見ているワケだ。つまるところ、閲覧者の理解を助けるべく、あるいは、誤解を避けるべく、グダグダと書き連ねたところで、実際には、目には入っているけれども読まれていない、というのが多いのだろう、と思う。

逆に考えると、たとえ流麗な文章を書くことが出来なくても、インパクトのある映像(静止画/動画を問わず)さえあれば、衆目を惹くには十分だ、とも言える。事実、45-50s氏の手になるビデオは、THEFINALHAZARD氏の心を捉え「それがTRAINZであるなら是非とも手に入れたい!」と思わしめる力があった、ということである。

とりあえずこの人には、先のオランダ人へ書いた返事とほぼ同内容の返信をしておいた。彼がBahnsim PROを入手するか、そして、海外に居る限りはThalysが入手できないことに気付くか、はボクの知ったこっちゃない。何と言うか、読めばわかるのに絵しか見ない人には、相応のリスクは背負ってもらわないとね。
0

2007/1/27

オランダ人が釣れていた件  Bahnsim PRO砲兵隊
YouTube広がりで、いろいろ面白いことになりつつあるようだ。ニコニコ動画は、名前は聞いていたけれども、どんなものか知らなかった。コメントが画面上を飛び交うのが面白いね、アレ。

*     *     *

奇しくも、ボクの方でもYouTubeつながりで妙なコトがあったのでご報告。

YouTube登録ユーザー間でメッセージを飛ばし合う機能があるんだけども、いわゆるSPAMばかり飛んで来ていたのでスルーしていた。で、今日になって、その中にまともなメッセージが紛れていたのに気がついた。
とても美しいキミの使っているゲームは何?

適当訳、原文は文法を無視している
とだけ書いてある。理解に苦しむのは、このメッセージのタイトル(メールサブジェクト、と思えばよい)が“Virtual Railroad Models Ver.3 Germany Edition(VRM3)”だったこと。わかってんじゃん(笑)。いや、多分、これがソフトウェア名だと思わなかったんだろうな。

とりあえず返事をしておいたんだけども「Bahnsim PROはもう死んじゃってるから、手を出さない方がいいよ」と書くべきか書かざるべきか悩んで、結局書かなかった。それは本人が判断すべきことだろう。ちなみにこの人。メッセージに、オランダ国鉄のInter Cityを撮影したビデオが添えてあったので、多分、オランダ人なんだろう、と勝手に思っている。英文法が怪しげ(単語だけが英語で、語順が蘭語風になってた)なのは、子供だからか?

*     *     *

今更だけども、インターネットって、いろいろあって面白いね。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ