2006/10/24

#23 瑞西からこんにちは−Willi Leopold殿(後編)  VRMユーザー紳士録
前編はこちら】

● ヨーロッパから見た日本の不思議

VRM入道(以下入):私はBSP/VRM News from Japanを通して、決して多くはないですか、いくつかの日本のVRMユーザーのVRMの活用事例を紹介しました。これらに対して、どのような感想をお持ちですか。
Willi氏(以下W):失礼な表現になるかも知れませんが、最初に私が感じたのは、日本のVRMユーザーが作るVRMレイアウトが、意外に小さいことです。私は、TOMIX Fine Trackについて調べたときの経験から、日本の鉄道模型レイアウトの多くが、住宅事情によってその大きさが制約されていることは承知していました。ですが、VRMにはそういう制約はないでしょう?
入:それはおっしゃる通りですね。その疑問に対する明確な回答を私は持ち合わせませんが、仮説としては、日本のVRMユーザーを含む鉄道模型愛好家は、レイアウトの大きさよりも密度にこだわる傾向がある、と言えるかも知れません。あくまでも一般論ですが。
W:まさにその点についてはヨーロッパやアメリカの事情とは対照的であるように思います。ヨーロッパやアメリカの鉄道模型レイアウトは、それがリアルであるかヴァーチャルであるかを問わず、とにかく大きいですから。しかし、私は日本人の作る小さなレイアウトを魅力的にも感じます。特に、初心者にとってそれは良いお手本になり、結果的に趣味の間口を広げていると思います。
入:印象に残った日本のVRMユーザーはいますか?
W:あなたを除いて?
入:もちろん。私は、私自身が異常な例であることは承知していますから。
W:では、45-50sさんの名前を挙げておきましょう。彼のweblogは定期的に拝見しています。しかし・・・
入:?
W:言うまでもないと思いますが、私にとって日本語で書かれたWebサイトを読むのは、なかなかの苦行です。ほとんどの場合、それは日本語のみで書かれています。I.MAGiCやTOMIXの公式サイトといった、企業ですらそうです。私には、まったくその理由が理解できません。彼らは海外の我々に何かを売ろうという気持ちがないのでしょうか。
入:・・・あぁ、それは日本人の一人として、常々恥ずかしく思っていることです。
W:機械翻訳を使って挑戦はするんですよ。でも、ほとんどの場合、得られる英文は意味をなしていません。そういう意味で、あなたのやってくれたことには大変感謝しています。
入:いや、下手糞な英語で申し訳ない限りなんですが。それはともかくとして、私は以前からインターネットにおける日本人と他国人、特にアルファベット文化圏の方との非対称性に問題意識を持っています。我々があなたがたのWebコンテンツに触れるのは容易ですが、あなたがたが我々のWebコンテンツを読むのは極めて困難です。なにせ、使われる文字の数の桁が違いますから。
W:我々も、日本に関心がある以上、日本語を学ぶべきであるとは思っていますし、実際に学んでいる欧州人は少なくないですよ。
入:そこです。私は、特にヨーロッパの方々は、BSP/VRMに限らず日本発の情報に飢えておられるのではないかと思っているのですが、実のところはどうなんでしょうか。
W:答えはイエスです。私の関心事に限って言っても、ゲームと鉄道の分野について、もっと日本からの情報発信が欲しいと思っています。日本は、ゲーム機の開発でもそうですし、そのソフトウェアの生まれる地としても、非常に魅力的です。SEGAや任天堂やSONYといったメーカーから、創意溢れるゲームが我々の手元に届きます。特に、ロールプレイングゲームについては、日本は伝説的な存在とすら言えます。
入:私自身、以前そういう方面でヨーロッパの方々と親交があったので、よくわかります。
W:また、私にとってより興味があるのは、やはり鉄道であり、鉄道シミュレーションの分野に関する日本発の情報です。鉄道ファンでなくとも、ほとんどのヨーロッパ人が“新幹線”のことを知っています。
入:パリで、私の顔を見ながら“シンカンセン?シンカンセン?”と微笑むおじさんに会ったことがありますよ(笑)。
W:ヨーロッパで入手可能なNゲージ機関車の最高峰だって日本発、つまりKATOです。いくつか持っていますが、素晴らしい製品です。しかし、何故かTOMIXの製品をスイスでは見かけません。彼らは我々に売りたくないんでしょうか。また、TAITOもそうです。私は“電車でGO!”に魅せられた多くのヨーロッパ人を知っていますが、彼らは売る気がないようです。こんなに私たちは欲しているのに!

● お互い地球の裏側に住んでいるけれど

入:話題を再びVRMに転じましょう。BSPはもう死んでしまったわけですが、今後についてはどうお考えですか。I.MAGiCに何か期待することはありますか。
W:I.MAGiCには、とにかく日本の中でだけビジネスをする、というポリシーを改めて欲しいです。VRM4を持って、ヨーロッパの市場に乗り込んで来て欲しい。I.MAGiCが決して大企業でないことは承知していますが、今日においてはインターネットを通じてそれが可能なはずです。英語のWebサイトを作り、英語版のVRM4をダウンロード販売するといったように。VRMを欲しがるようなヨーロッパの顧客で、数百メガバイトのダウンロードを躊躇する人なんていませんよ。
入:日本のVRMユーザーに対してはどうですか。
W:I.MAGiCがヨーロッパ市場に参入するのを後押しして欲しいですね。それは皆さんにとっても利益のあることだと思います。そして、VRMのファンは日本以外にもいることを忘れないでいて欲しいです。
入:最後になりますが、BSP/VRMは、Williさんにとってズバリ何でしょうか?
W:凄いシミュレーションです・・・価格も凄いですが(笑)。しかし、正直に言ってBSPは大きな失望と苛立ちのみを私に与えました。しかし、BSPは別のものを私にもたらしました。それは、あなたや45-50sさんといった、日本の方々との出会いです。BSPは死んでしまいましたが、今後も、何らかの形で日本の鉄道ファンと交流していきたいと思っています。共通の興味と趣味さえあれば、地球のほとんど裏側に住んでいようが、言葉や文化の隔たりがあろうが、貴重な交流が可能であることを私たちは証明できたと思います。鉄道ファンは、どこにいても鉄道ファンです。そして、私たちがこうしてノウハウや経験を分かち合えることは、最も素晴らしい人間の美徳であると、私は思っています。
入:私も強く同意します。本日は地球の裏側からありがとうございました。
W:お礼を言うべきなのは私の方です。あなたの努力を通じて日本の皆さんと知り合えたことは、私にとって何物にも代え難い喜びですよ。

注)本稿はQ&A式のメールのやり取りを元に、対談風の記事にまとめたものです。かならずしもご協力いただいたネットVRMユーザーの発言そのままを反映しているわけではありません。文責はすべてghostにあります。
0

2006/10/23

#23 瑞西からこんにちは−Willi Leopold殿(前編)  VRMユーザー紳士録
今回は、VRMユーザー紳士録として始めて、海外からのお客様をお招きいたしました。

VRM入道(以下入):と言うワケで、よろしくお願いします。
Willi氏(以下W):このような機会を得て、光栄です。

● 世界遺産の街からこんにちは!

入:では、差し支えのない範囲で、簡単に自己紹介をお願いします。
W:私は50歳です。離婚して16年になりますが、既に成人した二人の息子がいます。以前は、広告代理店を経営していたんですが、1995年に大きな病気をして仕事を辞めざるを得なくなりました。2年ほど前からやっと普通の体調になって、今に至ります。
入:それは大変でしたね。
W:体調が快復してからは、Webを通じて世界中の人たちと交わるのが私の趣味になりました。
入:スイスのどちらにお住まいで?
W:ザンクトガレン[St.Gallen]です。スイス東部の中心的な都市で、コンスタンス湖とアルプスの山々に囲まれています。ザンクトガレンの修道院は、中世ヨーロッパを偲ばせる重要な遺構として良く知られていますが、今日ではただの田舎町の1つに過ぎません。ですが、住むにはとても良い所ですよ。
入:ザンクトガレンの修道院は、大聖堂と付属図書館が世界遺産に認定されていますよね。私も妻もかねがね訪れてみたいと思っている地の1つです。
W:是非いらしてください。歓迎しますよ。

● BSP/VRMとの馴れ初めは?

入:では、VRM/Bahnsim PROのお話に入りましょう。WilliさんのBahnsim PROとの出会いはどんなものだったんですか。
W:今年の初夏、店頭でBSPを偶然に見かけたのがそもそもの始まりです。すぐに、それがVRMの独語版であることに気付きました。と言うのも、2年ほど前にI.MAGiCのWebサイトを見て、VRMのことを知っていたからです。
入:逆、つまり日本の我々が、たとえばTRAINZのWebに行き着くのは容易ですが、WilliさんがI.MAGiCのWebサイトに辿りつくのは簡単ではないはずです。どうやってそこへ?
W:TOMIXのWebサイトからです。TOMIX Fine Trackは本当に素晴らしいNゲージ用のレール規格だと思っています。私は日本から直接これを取り寄せました。そのときにVRMのことを知ったわけです。
入:なるほど、そういう経路でしたか!
W:BSPを見つけたときは、それは嬉しかったです。「このソフトでTOMIX Fine Trackのトラックプランを作ることができる!」と。
入:でも、実際は・・・
W:その通りです。私がどんなに失望したか想像できますか。ワクワクしながら帰宅し、BSPをインストールしてそこにFine Trackがない・・・どころか、事実上何もないことに気付いたときのそれを。パッケージには1,000個のオブジェクトと書いてあるのに、ですよ。
入:お気持ちはよくわかります。かく言う私も、BSPを取り寄せてインストールした直後、しばらく呆然としてしまいましたから。
W:かつて、私はヨーロッパにVRMが入ってこないことに立腹していました。そして今、私は新たな失望に直面しました。この際、BSPなんか捨ててなかったことにしよう、と思っていました。あの日までは。
入:あの日・・・とは?
W:何の気なしにbhvのフォーラムを訪れたとき、そこに新しいものを発見した日です。そこには、1つのURLが書かれていました。ghostの“Bahnsim Pro / VRM News from Japan”です。
入:ほぉ・・・って、オレかい!?

● Willi vs Raziela@bhv

W:あなたのWebサイトにたどり着いたことですべてが変わりました。
入:・・・いや、実際は何も変えることが出来なかったので、そう言われると、穴があったら入りたい気分なんですが。
W:あなたは、私の「ghostの記事を独語訳したい」という申し出を快諾してくれました。あの時、私はこう考えていました。私同様にBSPのパッケージ内容に不満を感じた人たちに、日本からの情報をドイツ語で提供することができれば、その流れに乗って、BSPの新たな拡張パッケージを得ることが出来るのではないかと。
入:私がBSP/VRM News from Japanを始めた理由も、まさにそこにあります。そういう意味で、Williさんの登場は、私にとっても渡りに船でした。何せ、ドイツ語は駄目なもので、bhvフォーラムを読むのも苦労しましたから。bhvフォーラムと言えば、実は私は、フォーラムでのWilliさんの発言を、逐一翻訳して、日本のVRMユーザーに伝えていたのですが。
W:え・・・アレを翻訳していたんですか。うーん、時に少し怒り過ぎていたので、恥ずかしいですね。
入:bhvに対しては、どのような感想をお持ちですか。
W:当初から、彼らに鉄道シミュレーターに関する知識がないことはわかっていました。彼らが、単に転売で益を求めているだけであることも。しかし、あなたと共に彼らに道を示して共感を得ることが出来れば、彼らをその気にさせることが出来るのではないか、と思っていました。
入:しかし、現実にはbhvは既にギブアップ状態で、フォーラムで「BSPは死んだ」と発言した方もいます。
W:確かに、BSPは死んでしまったようですね。残念なことです。そもそも、日本の市場に比べて鉄道シミュレーションの激戦区である欧州において、ミニマムパッケージのみで収益を得られると考えた、彼等の甘さが招いたことだと思っています。
入:この問題、つまりBSPがまるで元からなかったものであるかのように消えていこうとしているこの事態に対する、I.MAGiCの態度についてはどうお考えですか?
W:I.MAGiCは本当にヨーロッパの市場に関心があるのだろう、と思っています。他に、BSPによって最初の一歩を刻む・・・これは結果的に失敗に終わろうとしていますが・・・理由や、EuroExpressシリーズを始める理由が、私には思い浮かびません。もちろん、彼らの本心が、ライフサイクルの終わりを迎えた製品(訳注:VRM3のこと)を使ってちょっとした小金を稼ぐことだけにあった、と考えることも可能でしょうが、そうは考えたくないですね。

後編へ続く】
0

2006/8/5

#22 超絶TB職人−moko殿(後編)  VRMユーザー紳士録
前編はこちら】

● VRMスクリプトの面白さって・・・?

VRM入道(以下入):話題をVRMに転じます。mokoさんは、VRMスクリプトにも果敢に挑戦しておられますね。一方で、ネットVRM界隈全体を見ると、まだまだVRMスクリプトは活用されていないな、と思います。そこでまずお伺いしたいのですが、mokoさんがVRMスクリプトに挑戦される動機、と言うか、そこにある面白さ、について語っていただきたいのですが。
moko氏(以下m):色々と構想を練って、試行錯誤しながら作り、動かしてみて上手くいった時の快感が何とも言えません。構想を練ってるその時間や、完成に近づいていくにつれワクワクする感じ、自分の手でギミックを作れたことに対する優越感、知る喜び、といったところでしょうか。
入:仰る中では「試行錯誤」であるとか、「優越感」「知る喜び」といったところがキーワードになってくると思うのですが、ご存知の通り、私は種々のスクロールをリリースしています。意図するところは、スクリプトはどうしても敷居が高い、という方にもVRM4のパフォーマンスを手軽に、かつ最大限楽しんでもらいたい、にあるのですが。
m:でも、あまり使われてないですよね。
入:そうなんです。それは、もちろん、私の力量不足やニーズの取りこぼし、説明下手があると思うんですが、逆に、どんなスクロールであれば多くのVRMユーザーに活用してもらえるだろうか、というのは最近の私の関心事となっています。そこで、ご自身スクロールを書かれることもあるmokoさんのご意見を伺ってみたいと思うのですが、先ほど仰ったような「試行錯誤の面白さ」「優越感」「知る喜び」といった、いわゆるVRMスクリプトの醍醐味は、スクロールを使うことでも得られるものでしょうか。
m:僕としては、スクロールをただ使っただけ、ただ組み合わせただけではちょっと物足りないです。「自分の手で」というのは、直接スクリプトに触れることを指していたつもりでした。それがコピー&ペーストだとしても、そうすることで、スクロールをただ使っただけの時よりも「作ってる」という感じがして、それが「優越感」につながってると思います。
入:なるほど。
m:もちろん、それはスクリプトに限ったことではなくて、面白さは全ての段階にあると思います。テクスチャーを描いたり、サウンドを調整したりもそうですし。でも、直接スクリプトに触れるからこそカラクリを見破ろうとすることも出来ます。そのカラクリを見破ることが出来た、仕組みを理解できた時もまた「快感」であり、見破ればそのぶん知識が増えますから、「知る喜び」ですね。
入:私も多くのVRMユーザーにそういう面白さを味わってもらいたい、と常々願っています。一方で、個々人が自分一人で出来ることというのは、どうしても「量」的に限界がありますから、これも以前から言っていることですが、もっとお互いの成果物を積極的に利用しても良いのではないか、と思っているんですが。
m:一概には言えませんが、基本的にプライドが高い人が多いのでは、と思います。45-50sさんが言っておられた「自己完結を良とする」と同じことなのですが、プライドが邪魔をして「全て自作!」と、意地張って「他人の手になる各種リソース」を使いたがらない、とか。
入:そういうプライドって、無意味だと個人的には思うんですけども。
m:サウンドリソース、特に走行音を自作するのは難しいです。とは言え、録音してきても抽出、編集には相当根気が要りますから、「全て自分で作らないと気がが済まないけど、音作れないからやめたっ」という風に、興味があるのに諦める。なんて勿体無いケースがあるかも知れません。
入:mokoさんご自身は、VRM4要の音声系素材もいろいろと提供されてますよね。
m:音にただならぬ興味を持ってる人がそんなに多く居るとは思えませんが。つい最近、185系のブレーキ緩解音を45-50sさんに使って頂きましたが、フリーで効果音を配布するサイトって、結構あるらしいですね。僕も隠れてサウンドを配布してたんですが、VRMで使える形にしたサウンドリソースをそのまま配布するのもアリかなと思った次第です。
入:私は、音声に限らず、素材を提供する人とそれを活用する人の間に上下貴賎はないと思っています。そういう意味で、mokoさんに続く人、45-50sさんに続く人、の両方がネットVRM界隈に続々と現れることを期待しています。
m:加えて、どうしても初心者は色んな事に躊躇し気味ですから、テンプレートでもポータブル編成でも、「怖がってる」のではないかというのが僕の勝手な読みです。
入:なるほど「怖い」というのは、本質的には誤解なんですけれども、言いえて妙かも知れないですね。リアル鉄道模型の世界でも、国内におけるDCCの普及率がいまひとつ伸びないことなんかが、同じ背景を持っていたりするのかも知れません。こういう雰囲気に対するカウンターアタックは今後のネットVRMユーザーの課題の1つですね。

● moko氏の「誉め殺し」たいネットVRMユーザーは?

入:では、お約束の質問を。mokoさんが「誉め殺し」たいネットVRMユーザーをご紹介いただけますか。
m:まず、今回のお話の中にもしばしば登場した45-50sさんです。アイデアの斬新さ、見え隠れするユーモア等々見ていて飽きが来ません。何と言っても次元が高い。褒めるじゃなくて尊敬です。
入:まったく同感です。私も彼のような人がネットVRM界隈に現れたことを手放しで歓迎しています。
m:もう一人はHagu-Rさんです。これはTB目線ですが、Hagu-Rさんが持つ「独自の画風」は、良い雰囲気を醸し出していて好きですね。
入:彼もTBでいろいろ描いておられますね。私、関西人ですから。関西私鉄系のネタは馴染みが深いので、楽しく拝見させてもらってます。では、最後に。ズバリ、mokoさんにとってVRMとは何ですか?
m:“至福の空間”です。
入:ありがとうございました。
m:これからも電波垂流しまくってください。それを受信するのは僕の生き甲斐ですんで。
入:生き甲斐にしちゃうのはマズいです(苦笑)。

注)本稿はQ&A式のメールのやり取りを元に、対談風の記事にまとめたものです。かならずしもご協力いただいたネットVRMユーザーの発言そのままを反映しているわけではありません。文責はすべてghostにあります。
0

2006/8/4

#22 超絶TB職人−moko殿(前編)  VRMユーザー紳士録
前回の45-50s氏同様に、現在ボクが最も注目しているネットVRMユーザーの一人であるこの方をお招きしました。

VRM入道(以下入):と言うワケでよろしくです。
moko氏(以下m):ボクで宜しければ。

● TBFの雄の素顔に迫る

入:まずは簡単に自己紹介をお願いします。
m:高円寺生まれのサイタマ育ち&生息中の高校生、現在17歳です。VRM歴は...昨年の5月に買った115系の入門ソフトが最初なので、1年とちょっとです。それ以前に「レイアウターF」を持っていて、おまけでついていた体験版に魅せられたのが購入のキッカケです。VRM4は同年9月に新しいパソコンに乗り換えたのをキッカケに始めました。
入:Weblogのタイトル「日向車両mini」ですが、これって「ひゅうがしゃりょうミニ」って読むので正しいんでしょうか。実はボクの妻は宮崎の日向市の出身でして、何となく以前から気になってたんですが。
m:読みはそれでいいです。ブログ開設当時は別に「日向車両」というメインのサイトを持っていましたのでそれに対する「mini」です。今は跡形もなく消えていますが。
入:で・・・何で「日向」なんですか。高円寺って東京ですよね?
m:由来は某漫画のキャラ「日向ヒナタ」が当時ストライクでしたのでそこから来ています。
入:「NARUTO」ですよね、それ。いや、実は今Googleで調べたんですが。余談ながら、今春に渡欧した際、フランスの日本漫画専門店・・・これがまた、パリのみならずアチコチにやたらとあるんですが、店頭が「NARUTO」一色でした。いかがです、欧州進出の足がかりに。まぁ、そういう冗談はさておき。では、ハンドル名の方も?
m:ハンドルネームの「moko」は本当は「mako」とするつもりでしたが、TBForumの登録時に間違えてmokoと入れてしまったのでそのままmokoと名乗っています。
入:じゃぁ、誤字が定着したってことですか。これまた意外な。
m:因みに、TBFのワード検索ログを見てるとたまに「moco」で検索されてたりしますが、僕は日産の軽ではありません(笑)。
入:TBFのお話が出てきましたのでまずそこから。mokoさんはVRMユーザーとしてはもちろんですが、TBForumの雄としてご活躍です。Re460とか、ハァハァさせていただきました。
m:お褒め頂き恐縮です。
入:さて、TBFについてはVRMユーザーの中にはあまりご存知ない方もおられるかと思います。mokoさんから簡単に紹介していただけますか。
m:TBFの管理人でもあられるH.Kumaさんが提唱したモノですので詳しくは http://hkuma.com/tbf/about.html を参照していただくのが良いと思います。僕自身について言うと、元々絵を描くのが好きで、以前も電車の顔イラストを描いてましたし、TBより遥かに大きいサイズで側面の絵を描いた事もありました。TBに限った事ではないのですが、側面のイラストは正面のイラストと違って横にスクロールさせると走ってるように見えるんですよね。TBに魅せられたのはそこだと思います。

● リアリティとデフォルメの融和点

入:お追従するつもりはないのですが、mokoさんのTBを拝見してますと、もちろん他にも上手な方は多いのですが、特に車両の特徴をうまく押さえておられるというか、非常に好印象を抱いています。何かコツがあるんですか?
m:作画のコツというのは僕のような若造が言えた事ではないですが、一般論では印象把握、観察力、再現力、適度適切なデフォルメ、でしょうね。この辺りは模型の設計、製作にも通ずるところなのではないかと。
入:VRMに限った話ではないんですが、鉄道趣味の世界では、何と言うか、写実が第一でとにかく本物通りでないと駄目だ、みたいな論調の人をしばしば見かけることがあります。個人的には、そういう「思い込み」は、趣味人である本人を、必要以上に模型製品の出来に対して苛つかせたり、VRMで言えばPCの性能限界と真正面から衝突してしまったり、といった感じで、返って苦しめてるんじゃないか、とか常々思っているんですが。
m:それは同感です。もちろん、楽しみ方は人それぞれだと思います。本物を追い求めるのは大いに結構なんです。が、「模型」は実物の「カタチ」を「模す」から「模型」であって、実物ではありませんよね。確かに、手摺が別体だったり、抵抗器がグレーだったり配管を追加設置したりしてあったほうがカッコイイですよ。見た目は。
入:それは事実ですね。
m:でも、実物でない「模型」で実物を目指すために寸法にコテコテに凝るというのは、製作者自身が持つ実物の印象・・・というか、肖像かな・・・に自信が無いことの証拠、自己主張の弱さの表れだと思うのです。決して写実派の人をけなすつもりはありません。が、同じ電車を模型化しても人の手になる作品であれば全く同じものは1つとして出てきませんから、生まれ持ったセンス、個性をもっと信じれれば、自然とデフォルメが受け入れられると思います。
入:それ、すごく深いご見解だと思います。VRMもバージョン4に至って、これまでと比べ物にならないほどのディテールを手に入れましたけど、やはり、所詮はシミュレーターなワケで。でも、折角ここまで出来るようになったものを、実物そのものではないっていう不満を抱えて鬱屈しながら、それでも遊ぶっていうスタンスはしんどいと思うんですよね、気持ちはわからないことはないんですけど。ちなみに、mokoさん自身にも、もちろんデフォルメしつつ、かつリアリティを追求するこだわりがおありだと思うんですが、どこらへんで折り合いをつけておられるものでしょう?
m:僕の場合、TB作画は趣味であり仕事ではないので、必ずしも本物に忠実でなければいけないとは思っていません。忠実さを求めすぎて凝り固まってしまうというのはあんまり好きではないので適当に手を抜いていることが多いです。「格好良く描く」ことを常に目指して描いています。僕にとって格好良い=満足の証拠ですから、これについては全力で取りかかっています。ですので、いくら実物に忠実でも「格好良くない」絵はボツ。満足できるまで修正を加えます。そして何より大事なのは楽しむことですね。つまらなくなったら趣味じゃなくなりますから。

後編へ続く】
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ