2008/10/29

2008年10月のまとめ  月刊まとめ
ちょっと遠出するので勝手に締めてしまう2008年10月のまとめ

●VRM入道的ネットVRM界隈今月のピックアップ

hirochiのブログ

トレイン・トレインに舞い降りたVRM界期待の新星…と言ってもhirochi氏の御名は2007年度レイアウトコンテストの怪作“SD・東京ぬりえ”で十二分にVRMユーザーの間では浸透していたように思うので、むしろ、あるべき人がトレイン・トレインをキッカケにあるべきポジションへ歩み出た、と評すべきか。とにかく、今月は八面六臂のご活躍で、今後も期待大である。

●今月の注目ニュース

・ゴデンシャィの敵や装備その他etc製作選手権開催
 関連:ゴデンシャィの敵や装備その他etc製作選手権・投票 @ t.niwaの鉄道ブログ

ユーザー主催のコンテスト系企画として久しい上に、大きな盛り上がりを見せた点で注目度大。本稿執筆時点ではまだ結果集計中であるが、誰の作品が入賞してもおかしくないくらい、白熱したバトルだった。VRM的に正しいかどうかは別にして(笑)。

VRM4第10号リリース

VRM4としては最後のシステムパッケージになる、という触れ込みの第10号が無事リリース。ローカル系ストラクチャはなかなかの出来栄えで、漆黒氏が水を得た魚のように作例スクリーンショットを連日公開されているのが印象深い。

VRM ONLINE MANUAL

VRM ONLINEのオンラインマニュアル…語法として間違ってはいないはずだが、なんか変な感じだ。それはさておき、各ページ毎にURLがあるので、Web/blog上で他人にVRMの使い方を説明したいときなんかに便利なんじゃないかと。

・VRM ONLINE オープンβフェーズ2

って…何があったんだっけ?
フェーズ3に期待しましょう。

●自薦論考&ネタ

人質…ならぬモノ質を取られちゃったのかな?
今だからこそ改めて読み直してみると面白いBSP関連の過去ログ一覧
VRM ONLINEのレイアウトファイルアップロード機能を無意味化させないための試案
誰でもVRMレイアウトに簡単にデモ的な動作を加えることが出来る方法

以上、ますますもって何がなんだかわからかった2008年10月のまとめでした。
0

2008/9/30

2008年9月のまとめ  月刊まとめ
VRM ONLINE一色で推移するかと思いきや、ネットVRM界隈的には意外に冷静な反応だった2008年9月のまとめ。

●VRM入道的ネットVRM界隈今月のピックアップ

VRM2と3と4の車両の差 @ t.niwaの鉄道ブログ(とれいん・とれいん)

VRMの歴史を同形車両のディテールの変遷で見える化した良エントリ。不意に脳裏に「思えば遠くへ来たもんだ♪」とのフレーズが浮かんだ。

VRM oNLINE 不具合まとめ 9/19更新 @ うどん屋別館[VRM]

VRM ONLINEオープンβフェーズ1における、ユーザー側から見たトラブルの一覧をまとめたものとしては、もっとも網羅的かつ整理されたもの。結局、開発運営側からは(いい、悪いは別にして)これに相当するアウトプットがなかった。

「背景」で雨を降らすと、地下も降ってます。 @ VRM ONLINE Q&A掲示板

ネットVRM界隈における常識が、必ずしもVRM ONLINEユーザー予備軍に通じないであろうことを実感させられた“不具合”の報告。

ヤクーザ、襲来。 @ t.niwaの鉄道ブログ

ゴデンシャィロボの歴史にまた新たな1ページ。脈々と受け継がれ続けるネタの遺伝子というか。

●今月の注目ニュース

・VRM ONLINEオープンβフェーズ1開始
 関連:VRM ONLINE デバッグ情報 @ I.MAGIC Blog

この話題を振り返る上で難しいのは、前段でも少し触れたが、開発運営側の情報集積点が今のところ見当たらない点だと思う。そういうものがなければならない、とまでは思わない。

が、たとえば上リンク先はオープンβ開始直後の開発元からのアナウンスだが、文中の「ログイン時の共有メモリーの生成失敗が原因で接続できないケースです」の意図が、(1)サーバー側でクライアント毎に起動される通信プログラムが“共有しているメモリーの生成に失敗する”ことが原因でオープンβ参加者にご迷惑をかけております(2)ゆえに、ご迷惑をおかけしているのはクライアントプログラムを担当しているI.MAGICではなく、サーバープログラムを担当しているアシアルです、にあることに気づいた人が、ユーザー側にどれほどいただろうか?と思うと妙な心境になる。何人かのユーザーはOSの再インストールまで試みたのに(それはそれでアホな話だが)。

このエピソードに最も端的に象徴されているが、総じてオープンβフェーズ1は、開発運営側の意図の周知徹底不足、と、ユーザー側の致命的なまでの知識不足(これはどうしようもない話ではあるが)があいまって、何を目的として何が進んでいるのかさっぱりわからなかった。フェーズ2で、そのへんが改善されることに期待したい。

・VRM4第10号とホキ9500のご予約受け付け開始 @ IMAGIC Blog

そういう混乱(と思っている人がすべてではないのは承知しているが、敢えてこうしておこう)の中、来月にはVRM4最後のシステムパッケージとなるらしい第10号と、同じく最後の追加キットとなるであろうホッキホキがリリースされるようです。

ところで、イチ早く10号収録の車両・部品、ホッキホキで遊びたい、という人はまぁいいとして、VRM ONLINE正規サービス参加を既に決断している人にとって、これらのVRM4製品を購入するのと、VRM ONLINEのポイントを使ってActivateするのは、どっちが得なんでしょうか。これも、そうでないといけない、とは思いませんが、開発運営側が自主的に明らかにした方が誠意が感じられる疑問のように思います。

●自薦論考&ネタ

誤算に悲喜交々
VRM Onlineにはビギナーズブースターパックみたいなのが必要になるんじゃないかと
もとに戻す祭三度
VRM ONLINEが購入した車両・部品しかビュワーで見れない仕様のままでいくとは到底思えない

以上、何だかよくわからないままに終わった2008年9月のまとめでした。
0

2008/8/31

2008年8月のまとめ  月刊まとめ
夏休みの学生さんより暇そうに見える自分に嫌気が差した2008年8月のまとめ。

●VRM入道的ネットVRM界隈今月のピックアップ

Pride goes before a fall
VRM×VRM

真VRM世界征服計画でのご活躍が目立ったお二方を表敬ピックアップ。貴兄らのご尽力があれば、本年中の1,500クリップ達成も夢ではあるまい。

光と霧と空と @ Rosso Laboratory

VRM4背景設定の組み合わせ見本集。普段使わない組み合わせでもちょっと試してみると新しい発見があったりするので、食わず嫌いせずに活用していきたい。

VRM3で「コン・ビネット」計画 @ t.niwaの鉄道ブログ

VRM3でもコンビネットをやろうという提案。後述する、事実上のVRM5が登場する今日にあって、未だ愛され続けるVRM3の底力を感じさせるエピソード。

●今月の注目ニュース

鉄道模型シミュレーターオンライン 速報 @ CaldiaのVRM Room

今月の目玉が、事実上のVRM5とも称される鉄道模型シミュレーターオンラインの発表であることは論を待たない。多くの関連記事の中でも、いち早くこれを簡潔に要約してくれたCaldia氏のレポートをピックアップしておく。

来月のネットVRM界隈は、おそらくは鉄道模型シミュレーターオンラインのオープンβの話題で持ち切りとなるのでしょうが、読者諸兄にお願いしたいのは、立ち上げ前にサービスの可能性を潰してしまっては意味がないので、叩く事自体を目的とした公開系での叩きごっこは自重しましょうね。さもないと入道さんが叩いちゃうよ(ぉぃ)。

●自薦論考&ネタ

巨大建物部品よりは縮小建物群部品の方が使い道があるんじゃないか
ヘリコプターフライスルーカメラ
ネットVRM界隈コミュニケーション志向変遷史草稿
トレイン・トレインにレイアウト設計依頼市場を作るってのはどうだろう?

以上、来月のまとめで何を書くことになるかまったく予想のつかない、2008年8月のまとめでした。ところで皆さん、オープンβとやらの案内は届きました?
0

2008/7/31

2008年7月のまとめ  月刊まとめ
ghost的にはネットVRM界隈の空気も読まずにヨーロッパ特集に終始した2008年7月のまとめ。

●VRM入道的ネットVRM界隈今月のピックアップ

ネットユーザーの低年齢化 @ slack diary

こういう問題意識に対するボクの立ち居地は既に表明したので繰り返さないが、では他ならぬ自分自身はこれに対してどう振舞うか(知らん顔する、という選択肢も含めて)ネットVRMユーザー諸兄がそれぞれ考えてみることには、それはそれで意味があると思う。唯一無二の正解はない話だし。

How to build MURIYARI @ Rosso Laboratory
レイアウト紹介 @ VRMxVRM
本当のVRM3は,こんな感じなのです。 @ VRM3井戸端会議分室

zio氏の手になる連載についてはとれたてVRMの殿堂にも推挙したが、いずれもこれまでにネットVRM界隈に蓄積されたネタに、新しい光を当てる…すなわち、単にピックアップする(リンクし、紹介する)のみならず、大なり小なり論者独自の切り口から、対象とするネタに新しい価値を付加するコンテンツである点を高く評価したい。このタイプのコンテンツが充実されていくか否かが、今後のネットVRM界隈の在り方を左右するだろう。

●今月の注目ニュース

ホキ @ IMAGIC Blog
 関連:
  矢橋ホキVRM車両化計画 by USO800鉄道氏
  点呼します @ VRM入道

何と言っても今月最大のサプライズは“ウソから出たマコト”を文字通りに体現したこのニュース。個人的には、反感(あるいは違和感)を表明する人もいるのではないかと案じていたのだが、今のところそういうことは見られないようだ。

この事例は、USO800鉄道氏の“後に続く”VRMユーザーが現れて(車両リクエストに限らない)初めて本当の意味で価値が出てくるように思う。必ずしも、氏のように他のユーザーの賛同や支援を得られるかは不明だが、そういう積極的な挑戦が実るか否かは別にして、おこなわれること、それ自体がネットVRM界隈を豊かにしていくことだろう。

●自薦ネタ

ghost夫妻のスイス行脚2008絵地図目次
ghost夫妻のスイス行脚2007絵地図目次

単に作ってみた本人が面白かった、というだけのネタですが。

以上、2008年7月のまとめでした。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ