2006/12/31

Farewell to the Arms  アタッカー

久々の休暇に大量の睡眠とログオンを貪りスッカリ充実。
来年8日に休出の予約があることなど忘れて中央線に飛び込みそうになります。

同様に久々にメインの3キャラで遊べたので
破天リリース後しばらく経った現在の情勢をまとめてみます。
独立してる記事も破天対応に改訂しなきゃなりませんが
特に僧兵が結構劇的に変化してしまったので
執筆は面倒時間がかかりそう。


■僧兵
マイナーキャラに真剣に打ち込んで成果を出すのが好きな私にとって
最早興味の対象から逸脱しそうになるほど強化されてしまいました。

唯一最大の欠点である貫通力をピンポイントで強化する技能
金剛力が特化四に収録され、
智拳印や不動慈救の加入もあって回復&物理攻撃が完成段階に。
それでも世間認知度が低いままなので具体的な弱体化が来そうに無いのは
この特化ならではの利点と認識すべきでしょうか。

看破と確定術トメが無く挑発と守護に耐性も無いという欠点はそのままなので
まだまだ第一線でのアピール度は低いのですが
標準防御力相手にしかヒャッホイできないという後ろめたさは消え
一部の強烈な装備所持者以外は回復サポオンリーで運用するしか無かった特化に
アタッカーとしての間口が大きく開いたと言えます。

が、それは飽くまでも特化三までの段階で証をゲットできることが前提。
獏神はともかく鎧剛鬼は回復サポ僧兵で充分突破できるので要努力。
智拳印だけは先に修得してから行くのも手です。
腕力を仕込んで鎧剛鬼の6・7や獏神の6に気合撃四で粘着するのも割りと有効。
また、このボスで崩れるときは大抵盾に2000以上のダメージが一気に入るので
単体完全回復を積むのも有効手でした。


■刀鍛冶
世間的には余り歓迎されていない特化四ですが、どれも使えます。
9/12だった頃からそう思っていましたが、この特化はアタッカー特化です。
四まで含めて15技能の比率はアタッカー技能10、盾技能3、両対応2。
比率がこうなのに盾特化だと認識している世間の異常さに驚くばかりです。
尤も、鍛冶屋にマルチタゲ挑発を積めば盾が出来ることは明らかではありますが。

武具技術には最早語るところが無いので烈震撃について。
スペックをおさらいすると、
1000程度の固定ダメ技能、地割れによる飛び道具なので守護抜け必中
ただし浮いている敵には当たらない(コウモリ/鳥/蛾/天狗/生首)
※TDなどの筒抜け鎧武者系は地上判定なのでOK。

腕力非依存の固定ダメ技能ということで盾モードでのオプションと
認識されている技能ですが(実際その用途で非常に使えますが)
アタッカーモードでも実に有用です。

棍棒主体の刀アタッカーは破天での棍棒補正修正と技能の命中率から
最早空振りは多くないのですが、やはり超回避率NPCは苦手。
大抵の場合、このタイプは生命が低いため
烈震で削りつつ術や必中アタッカーとの合計ダメージで倒すのは有効。
TDの拠点見張り役や雇われ影忍に確定HITする技能獲得は素直に嬉しい。

また、この技能は結界耐久度を1削れるのに反射ダメージは受けません。
刀の極み改や闘争心のおかげで因果応報の上からキャップダメを出し
最大生命申告してきた刀アタッカーにとって巨大なメリットです。
守護抜け必中なので結界に手裏剣をスカって気温を下げてきた日々も終了。

ただし、準備に当てた際の気合ダメージは結界の有無によって上下します。
守護抜けとは言え、極みや闘争心の状態によってはやはり従来通り破刃推奨だし
徒党員に単独では止まらない可能性を申告することも依然必須です。


次に盾モード。
特化三までの12技能のうち、ザコ狩りで怒号、強ボスで怒り+滅魂と
3技能しか実装され得なかったこちらのモードですが
(本当にコレのどこが盾特化なのか。)
怒号改は当然ながら、烈震撃の追加によって非常に楽しめるように。
上記の通りのスペックを活かして術トメや結界割りに参加できるようになった他、
固定1000ダメ前後は侍の衝烈撃四を大幅に上回る値。
アタッカーがショボかったときなどはTDのカタイNPCへのメインダメージソースが
烈震撃になってしまうことさえあります。

以上から、個人的には刀鍛冶はアタッカー・盾両モードとも棍棒を推奨します。
まあ、強力なボスに盾で挑むには槍の回避率が必要かもしれませんが
私の刀鍛冶はそういう相手にはアタッカーで挑む予定です。
(てゆうかそうさせてくれる知人諸兄に感謝しています。)

ところで・・・
刀アタッカーの最大の売りはカタイ敵への貫通力であり
特化三までの僧兵との余りの差について記事でも何度も触れてきましたが、
予想外のライバルとして貫通力を引っさげて破天で名乗りを上げたのが
他ならぬ僧兵だったと言うドラマチックな様相を呈しております。

ぶっちゃけ、金剛力を見た私は刀アタッカーの存在意義を疑いました。
しかし、破天の導入において刀アタッカーが注目すべき点は
新生産の棍棒のMAXダメージが槍術系武器では到達し得ない次元にあることでした。
楽市導入のおかげでもありますが、市場には既に攻撃150台以上の棍棒が存在します。
そう、刀アタッカーは貫通力を自在に操る点で僧兵に並ばれてはしまいましたが
ベース攻撃力では圧倒的に差をつけることができるのです。


■暗殺
いくらなんでも特化四がボンクラすぎて好きになってきました。
と言うか秘技参・四が非常に優秀なので、ボス戦における暗殺のアドバンテージが
超回避相手の一刀流反撃封じ+心眼と電光石火くらいのものに。

むしろ龍隠門以降の準備なし術反乱により忍者需要が忍秘術に集中し
彼らはボス戦でも減殺・朧の二大神技能に加えて沈黙と痺れのサポートをこなし
共通技能の重ね打ちで追い込みまでかけられるスーパーマンに成長しています。

つまり、暗殺のアドバンテージはザコ狩りでのダメージングパワーのみに
一極化しつつあるわけですが・・・挽回はあるでしょうか。
刹那一閃を暗殺四に入れろっつの。

2006/12/28

コレでオシマイ  その他

大手某社に出向中につき冬休みはむしろ休出不可。
朝の小田急線待ちに記事を書き帰宅したら日付が変わる
なんて生活もひとまず年内は今日まで。

その間もそれなりに楽しめたのは隠れ里のおかげでした。
敵がほぼソロなので呪縛壱が神すぎてワロタ。

2006/12/27

天地人続報  その他

攻撃技能が判明し貫通力に話題がシフトした演舞カブキですが
天地人は「むしろ防御無視なんじゃないか」ってほどの貫通力を有する
最大最後に相応しい神技能だそうです。

攻撃420での中陣武将戦のSSが出ましたが
天地人で侍鍛型に1700台、その他に2200台出ていました。

そもそも攻撃400台で2000に達する単発攻撃の時点でこの技能は優秀。
職デザインで看破を持ち、演舞には痺れ斬りがあり
気合韻や陣形、ヘイト操作や自己強化系も多数。
更に四象が本来の売りで、鉄砲対策まである。

コレは凄まじいアタッカーかもしれません。

2006/12/26

天地人判明  その他

演舞の情報が出揃いました。

四象各種ダウン技能で四マス
四属性各種全体槌で四マス
四象全部同時アップ・ダウン技能で二マス
三体魅了
タゲランダム化解除
間接攻撃封印
神力両断
痺れ斬り
単発高威力物理+属性
(←天地人)
となっています。

四でようやく物理攻撃が入ってくる他
全体槌が+800ダメ級らしく
貫通力は属性ダメで補う設計?

天地人が長柄限定なこともあり
反撃封じ+痺れのサポを主体にした
サブアタッカー特化の模様。

なお、四象と地勢はステ非依存ぽいです。

2006/12/25

冬休みまでまともに更新できません  その他

ので軽めに情報。

腕器カブキの行く末ですが、殺陣でなく演舞でFAが近し。

殺陣の絢爛三連は完全な既存三連撃だそうです。
一方、演舞4-1 の快刀乱麻が神力両断と同じ説明文と発覚。
天地人も攻撃技能アイコンで期待が高まっています。

問題は演舞参までのカブキで証をゲットできるのかという点ですね。

2006/12/18

Demining of Power  僧兵

すっかり出遅れてますが破天の僧兵について。

僧兵の唯一最大の欠点である「硬い敵への貫通力」
この一点(厳密にはそれ+経済性)で刀アタッカーに浮気していましたが
破天実装と特化四で遂にこれを克服してしまいました。

僧兵之武四の目玉は間違い無く金剛力。
この技能は、連日世話になっているこちらのお方曰く
攻撃防御+500付与、持続180秒前後、重複不能、単純攻撃力でなく貫通力補正。
言わば刀の極み+鎧の極みです。

個人的には、この系列の最大最強技能である神降と比べても
ネオン4色でない分霧散誘発率が低く
赤青であるためキモの刀の極みに最初からメッキがついている点が
かなりのセールスポイントだと思います。
(迅速丹を飲めば3色になるため前者は余り目立ちませんが)


「守護抜けと挑発耐性が無いので前衛から攻撃せざるを得ないのに
前衛に対する貫通力が無い」と言う
僧兵の純アタッカー素質の最大最後の障壁を超えたことになります。
同様に、根ボスの1に対するダメの低さの問題も解決されました。

単純攻撃力でなく貫通力をゲインしたことを指摘して
未だ僧兵はメインアタッカーたり得ずとする意見をよく聞きますが
この辺は本当の僧兵プレイヤー間では既に浸透している通り
看破と確定準備トメが無い分を差し引いても
連撃の低コスト+命中率+反撃封じ+生命吸収のローリスク性と
回復技能及び因果応報のオプションを鑑みれば
近接物理系メインアタッカーに瞬間最大風速で多少劣る代わりに
絶大なメリットを持っていると言えるでしょう。

武芸はきっと新装備の刀で800台に突入していくでしょうし
暗殺はユーザ認識が冬の時代かもしれませんが
彼等との比較はもうどうでもよく
刀アタッカーの売りを食ってしまった感があるのが個人的に何とも。
とは言え刀には解呪不能攻撃低下の破刃に加え守護抜けの烈震撃が入ったので
あちらも面白く化けていると思いますが。


阿修羅槍はキャップ4.5倍前後、貫通力:低、単体喝破+気合ダメージの
単体物理攻撃で、モーションはオリジナル。
気合を削る用途では気合撃四の方がずっと優秀なのですが
金剛力との併用で貫通力の無さを補え、また後衛の術に当てる分には
単に単発高威力物理なので元々悪くない技能です。
難点はやや高いコスト(880)ですが全体喝破が欲しいけど入れるスロが無い
僧兵にとってはなかなか使えるかと。
後衛型には気合攻めとダメージを同時に入れられるので
ゲリラなどでも出番はありそうです。
単にカッコイイので無意味に使いますけど。


僧本体のスペックについても
潜在の握力のキャップLV20開放、勇猛心の導入で攻撃は600の世界に突入。
更に槍術資質が器用ゲインなので3.4倍キープは圧倒的に楽になりました。

元々、僧兵連撃の「固定ダメージ」と呼ばれている部分が
攻撃が低いほど実ダメージを高く補正しようと働いている感があるため
金剛力で貫通力をゲインできる今、この特化も刀アタッカーのように
間口が広くなったかもしれません。


ケチくさいようですが、個人的には相変わらず
刀アタッカーの武器熟練弐が羨ましいわけですが。

2006/12/15

Appearance  その他

本稼動数日で特化や上位心得の技能内容が明らかになってきてますね。

■僧兵
悪霊殲滅:全体悪霊退散。
金剛力:コマンド式付与。
阿修羅槍:単体喝破を伴う気合撃。

特化3の方向性の不明瞭さを跳ね除けるかのように攻撃技能満載の4。
とは言え金剛力はを含むので盾方面にも使える?
しかし、某誌に掲載された与生命は全くのデマでした。
阿修羅槍は期待されたような大ダメージ技能ではないのですが
何はともあれ金剛力で威力と貫通力を強化できるため全然アリなようです。


■刀鍛冶
武具技術:命中極意+闘魂応用。
怒号・改:ランダム4体に挑発。
烈震撃:棍棒限定、1000前後の守護抜け固定ダメ攻撃。

TWでは1マス目を皆伝した刀諸兄が絶望し2・3マス目の情報出ず。
烈震撃は爆砕撃のような重攻撃だと思っていましたが意外にもユーティリティ系。
棍棒限定とは言え固定ダメなので腕力非依存=盾モードでも使え
準備に当てた場合の気合削りも良好だそうです。
ただ、地震攻撃なので浮いている相手に効かない場合があるとかなんとか・・・


■鉄砲鍛冶
砲兵術:命中極意+雨よけ。
囮誘導:3体に豪砲。
発破射撃:鉄砲版太極。発動後、3回の装填を経て発射。

TWパッチで「使用中は守護・警護が出ないようにした」
としか情報が無かった発破射撃が判明。
えー、コレ必中じゃないそうです。ヘイトが太極並だったらちょっと・・・


■陰陽道
宿曜星降:ランダム3体攻撃術。準備後、発動時点で現在気合を全消費し、消費した気合値に等しいダメージを与える。

詳しくない職なのでコレ1個だけ。
内容が判明して陰陽道プレイヤーがやたらガッカリしているのですが
コレ凄くないんですか?
盾の強固さに激しく依存するのは確かだと思いますが
3000オーバー*3体を簡単に達成できそうな感じに思えるのですけど。



話は変わって。
初の新ダンジョンは僧兵ではなく刀アタッカーで参加してきました。
どうにも今私が頑張っているのは刀のようです。

棍棒補正改善のおかげでスカが非常に少なく(先入観かもしれませんが)
諸所に居る硬い鎧系を刀の極みで平常通りの速度で落とせなんども快適。
ボス戦で看破と確定準備止めが無い弱点は相変わらずですが楽しめました。

と言うか思い切って槍系潜在を捨てて棍棒資質と勇猛心に振って見たのですが
LV52時点で生命3050攻撃580に・・・特に勇猛心の効果は絶大ですね。

なんかコレの効果をアテにして僧兵を腕8器10に修正する方向で
かなり心が傾いています。

2006/12/14

Village of Hermits  その他

GDGDな時間に帰宅して初期パラや潜在のこと考えていなかったので
キャラスロチケット買って隠れ里にキャラ作成。



こ、これは


胸DEKEE

当然のように腕器10耐3です産まれてすいません。

序盤の隠れ里クエこなしてみましたが
寄合長に話しかけただけで心得壱皆伝してまずサプライズ。
おつかいして習得1000、城内のクエやって習得1000・・・な脅威のペース。
屯所兵隊長に届け物クエをやるとしばらくは指令元が屯所になり
ザコを適当に狩って隊長に報告・・・と結構テンポ良好。

一目録皆伝時にクエ報酬の習得値が多すぎた場合は
立ち消えでなく次の目録に持ち越しになるサービスもイイ。
特に全職共通で一冊目の皆伝がダルい生産目録も同様に1500級の習得を
ポンポンくれるのがありがたい。

足の遅さだけが気になりますが
どんな下らない依頼でも習得がバリバリ入っていくので
PLすらダルいような最序盤をサックリ通過できます。
(夜限POPのコウモリ4体クエだけは時間によっては面倒ですが)

○○を■■体倒せ系クエは従来のような戦利品のカウントではなく
殺傷数カウントなので、救援すれば全員同時にカウントがあがるため
ソロのザコでも救援出してゲリラ方式なのが新鮮でした。

時間が経って隠れ里が過疎ったら生産系クエが難しい予感がしますが
序盤は材料もショボいので戦闘系のクエ報酬で装備を買わずに材料を買って
生産系クエをやるのも一つの手かな。



ところで潜在リセットですが。
新規潜在が良いものばかりなので従来の隠し潜在に振る余裕が無さそうに見え
なんとも悩んでおります。
僧は応用力を2個取っていたので1個+知力に修正したいのですが
隠しの入唐に期待するより基本の冷静で確保したほうが無難にも見えます。

初期パラもここで思い切って腕8器10に生まれ変わってしまおうかと
決断しかねているところ。
新潜在で腕力はかなり強化できる(と言うか現在は応用2の影響で握力に振れてない)
上、腕8器10の知人とLV58時点であまり攻撃力が変わらない状態になっていたので
付与限界面のアドバンテージもLV60時点では余り無いのかなと。

腕器10の忍者と鍛冶はもう迷うことは全く無いのですが。
やっぱり極端コンセプトはイイね。

2006/12/11

Piercing Force  刀鍛冶

仕事でGDGDなうちに破天も目の前ですね。
年末休みまでまともに遊べない予感。

思いつきで@600万でLV51になる暗殺忍者をLVUP。
破天生産で忍者も日課に加えようという本当に思いつき程度なんですが
匠参皆伝したところ八方手裏剣の習得のダメさにガッカリ。
昔は難易度10で習得65前後@10個出来でしたが昨日は習得14@10個。
真鍮が@1になってるから仕方ないと言えば仕方ないんですが。

一方、内政の八方納入は20枚=勲功=軍資金=120となかなか効率的。
昔は何このブルジョワ内政でしたが今は悪くないかもしれません。
・・・まあ、破天で別物になるかもしれませんが。


話は変わりますが
毎度御馴染みこちらのお方から「刀アタッカで星野山B1か魔犬」という話を戴き
魔犬に参戦してきました。

まだLV52なので無難に反撃封じ導入のため門徒の薙鎌装備。
古神典入りということで五連も実装しましたが結果的には反撃は全く無し。
棍棒が破天仕様なら全然普通にやっていけそうです。生命も100増えるし。

将来的には生命吸収をもらい守護と鎧の極みだけ導入した「3枚目の盾」
を見越して生命を多くして攻撃は550での参加でしたが
1以外には四連2600強・五連3000弱・破刃2300程度で安定。
1には刀の極み改を使って大体同じ程度の威力を保持。
特に極み改入りのときは防御の上からですら破刃で1300ほど出せるのが印象的。

ボス戦の動き的にもロジックが出来上がってきて
開幕は一番痛い奴に破刃→同程度のが居ればそいつにも破刃→
迅速丹飲み→完全持ちを攻撃→硬いのをやる番になったら刀の極み改

硬いのを攻める順番によりますが
刀の極み改を入れて攻撃しているうちに闘争心が貯まりきって
2回目の極みは殆ど要らないようです。(死ななければですが。)

反撃が無い鉄砲よりリスク度が高く(と言うか鉄砲のリスクが低すぎるのですが)
刀の極み改のヘイトがやや高いため
闘争心をリセットされないためには簡単には死なない生命が欲しいところ。

確かに、死んでも刀の極み改を入れなおせば
闘争心を貯めなおす間もある程度以上に貫通力を発揮できるのですが
蘇生直後にヘイトを稼ぐ危険性を考慮すると余り望ましくないと思われます。


それにしても
僧兵の最大最後の課題である硬い敵への貫通力の問題を
こうも簡単にクリアできてしまう刀アタッカーに複雑な気持ち('A`)

2006/12/8

A Renamed Merchant  その他

最近もう某教門徒じゃなく某店店主と名乗るべきじゃないか
と思うほど鍛冶しか稼動してない門徒ですコンバンワ

現在仕事ピークに加えて18日から年末まで
往路2時間の場所に出向になったため
破天のスタートダッシュは非常に遅れることが確定しました('A`)

あと今週は国力8000台でランクインを逃す大インフレ。
原因の一端が先々週に中老試験を発生させるために国力2万入れて
ブッちぎり1位を取った某店店主にあるのは明白なのですが
今回は紋の価値10=御蔵番拡張がかかっていたためショック大。


腕器10傾奇者は有り得るのかという問題
傾奇者にはそもそも攻撃技能があるのかという疑問になりましたが
一応、絢爛三連は傾奇単独での三連撃で間違い無いようです。

しかし痺れ斬りは綺羅演舞にあり、天地人の威力も高いようで
物理に挫けそうになりますね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ