2006/12/5

Bad Tasted Religion  刀鍛冶

体調が蝶最悪。
本日は仕事を病欠したものの現在いまだ頭痛と胃痛が抜けず。
隣のBLOGでも先週分のレビューがまだ書けてなかったり
斬の絵が仕上がらなかったりもうGDGD。

こういうBADな流れを一掃するには
一発ハデなことでもやっておきたいところです。
職場に放火でもすっか。


今日は参戦もできなかったので早くも今週のまとめモード。
刀鍛冶の盾/矛両モードでのゲリラ参戦と僧兵の棍棒モードを
試そうと思っていたんですが、3つ目のはまだできてません。

刀ですが
どちらのモードでもゲリラには充分使えることが解りましたが
もっと徹底して刀アタッカーでゲリラ参加すべきかもしれません。
何故なら、ゲリラへの参加は
数を重ねて知名度を上げることから始まると個人的には考えているからです。

つまり
「奇染屋店主というキャラは刀鍛冶でスペックはそれなりである」
という認識を戦場の諸兄に持っていただくことは肝要ながら
「奇染屋店主というキャラは刀鍛冶でスペックはそれなりにあるが
参加するたびに矛/盾モードが違うので判別しにくい
となるとかえって迷惑をかける可能性があるからです。


では矛盾どちらでの参加をメインにするかと考えると
個人的には矛かなと。

ゲリラは徒党のように最初から7職21特化に与えられた役割を期待する
ことができないため、盾・回復・陰陽師3種に比べて生命が低くなりがちな
近接物理アタッカーの参加率はかなり低いように感じています。

ここのところ、攻撃550(薙鎌)の刀アタッカーで
武将や大物主をやらせてもらったのですが
・・・コレ、相当強力な特化ですよ。


武将では例によって守護抜けも挑発耐性も無いので
前衛からやっていくタイプですが
刀の極み改で前衛職が後衛と同じスピードで殺せるので
長期戦になりがちなゲリラでの有用性はなかなかのもの。

一度間違ってソロ用の独鈷(攻撃450)で参戦してしまったのですが
極み改からの独鈷四連で中陣武将本体に2000以上サクっと出ますし
破刃効果で攻撃を緩和しつつ短ウェイトで術トメも楽
後衛にも同じ2000ダメ前後で安定してしまうのが物足りないところですが
選択肢の一つとして全くアリだと思いました。

大物主は1の防御が相当なものなのですが極み改からの破刃で2300安定。
こうなると気合全開からの蘇生も破刃で止まるようになります。

守護抜け術トメが完全に無いので手裏剣に頼ることになります。
また、薙刀や棍棒などヘヴィウェイト武器の場合は迅速丹も必須。
しかし、そういったアイテムオプションを用意すれば
極めて強力なアタッカー特化だと認識できました。

もっとも、ゲリラでは看破の枚数も重要要件なので
それを持っていないのは重大な欠点ではありますが。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ