2006/12/6

Passion for Assassination  その他

昨日は別段イイ記事を載せたわけでもないのに251Hit
・・・その殆どが閣下の足跡だと思うともうヌルポ

ちょっと仕事忙し目。
帰宅すると全陣此方でもうやることが無い日が連続した今週でした。
次回の三方は破天仕様ですね。どうなることやら。


破天でフィールドのザコ配置やLVが激しく変わるらしいですが
戦場はどでしょう。
LVMAX60が変更無いので武将の極端なLVUPによる難易度上昇は
無いとは思うのですが
傾奇者技能を使うようになって戦況が変化することは確かでしょう。

悲観的予想としては

1:忍者NPCが崩旋脚(痺れ斬り+防御解除)を使うようになってゲリラ滅亡
2:任意のNPCが物理攻撃上昇の地勢を使ってやっぱりゲリラ滅亡

崩旋脚はゲリラ旗の防御も金剛も同時に潰すために出現したとしか
思えないスペックなのが気になります。
後者はまあどうしようも無いですね。
物理UPの地勢はNPC戦でPC側が使うことはまず無い気がしてます。

個人的には割りと気楽に戦場に行って武将戦に参加する機会となる
ゲリラは戦場の門戸開放に一役買っていたと思うのですが
光栄は想定外だと思ってそうなので潰しに来るんじゃないですかね。


話は変わりますが暗殺四の内容が確定したようです。

武器熟練:武器の耐久度減少を抑える(芸・刀の壱相当?)
奈落閃:蘇生不可攻撃。必要アイテム:刀剣
変幻三段:コマンド入力形式の三段攻撃を行う。

見事に潰しに来てました。
僧と同じで忍者も特化比率偏ってますからねえ。

奈落閃は他の蘇生不可系と違って連撃程度のダメ補正があるようですが
如何せん刀剣限定の足かせつき。
反撃回避モードの一刀流サポと全く噛みあわない内容にママもゲンナリ。

変幻三段は凝った見た目と薄い内容のネタ技能(っぽい)。
変幻三段入力でタゲに霞斬りと思われる攻撃。
次のコマンド入力には追刃死門という技能のみが表示されタゲ再選択可。
これは確定致命傷攻撃だそうです。
三段目も同様に画竜点睛という技能のみが表示、タゲ再選択可。
劣化神魔で割りと減る攻撃とのこと。

さて、初弾が霞なのでウェイトは短く3段刻めそうではありますが
果たして変幻三段フルヒットの方が神魔+乱舞や乱舞*2→両断よりも
優れている状況とは何でしょうか。
ましてや生命3000台後半暗殺による滅殺極→乱舞→滅殺極を鑑みると
どのシーンで有効な技能なのかちょっと思いつきません。

しかしながら
乱れ吹き矢が1200級のギミックつき乱射となった忍法への大量移民が
囁かれていますが、コレで暗殺が死んだとも思えません。
特化3の時もそうでしたが
乗り換えは最新特化技能のみを見て早計に行われていると思われます。

暗殺は特化3の4技能と神魔は今後も健在であろうし
武器熟練の加入と懐剣の補正改善で武器にも本気で付与する人向けになった
と言うことができます。
各種新潜在で腕力を伸ばすことができ、潜在の腕力は基本能力上昇のため
付与限界に引っかかりません。
これまで戦闘潜在を振るアテが無く武具持久に振っていた分を
自然に腕2耐-1に再配分できるので著しくパワーアップできる予感がします。

要は
これまで暗殺乱舞で貫通力が気にならない水準に居た人
及び惜しくも微妙に貫通力が足りない水準に居た人は
特化4への失望だけで暗殺を捨てるのは早計かもしれませんよ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ