2008/6/23

光らない  演舞

■生気バーの光らないアタッカー
50+15↑神秘石の流通と初期器用神話の崩壊から
俄かに魅力300↑の所謂「光らない」矛特化が
浸透しつつあります。

で、つくづく話題に事欠かない特化だと思う訳ですが
ここでも演舞が特殊な例となります。
母体(傾奇)の知力魅力が高く「光らない」のは割りと容易。
しかし知力魅力のどちらを300↑にするかと言うと
暗/芸/鉄のように「魅力一択」でFAが出ません。

【知力で「光らない」メリット】
・高い初期知力は高い気合と同義。
・知力振りは応用力無用=潜在130ポイントフリー。
・白呪詛系のレジ率上昇。

【知力で「光らない」デメリット】
・知力依存で成功率や効果の変わる技能が無い。

【魅力で「光らない」メリット】
・魅力依存系技能のレジ率上昇。
・流し目、魅了の睨み、封射の睨みが魅力依存。
・腕力神秘石のサブステが魅力。

【魅力で「光らない」デメリット】
・気合絶対値が低く主砲が回転しなければ無意味。
・挑発をレジっても守護を抜けない。
・魅了系技能は徒党で嫌われる傾向。
・封射の成功率キャップは元々低すぎる。

これらから知力と魅力のどちらを伸ばすかは
演舞各位の判断に委ねられると思います。

総崩れのある九州では放置予定のNを魅了する手は
アリと言えばアリですが、タゲ固定切れ問題もあって
魅了系はあまり歓迎される技能ではありません。

四象操作が知力か魅力のどちらか依存だったなら
この問題に迷いは最早無かったはずなので
これを要望するのもアリかもしれません。

現状では特定属性の減殺や修羅の効果ではなく
NPCのアルゴ操作が第一義なのでステ依存になっても
特に効果は変わらないかもしれませんが。

2008/6/20

不繁盛  その他

仕事が落ち着きログイン頻度は回復してますが気力が全く無いので
引き続き火急要件以外の対話は御遠慮ください。
(不在マーク以外の場合も同様です。)

■東西戦
2アカ不能+荷物が倉庫に入らないため参加不能('A`)

■特攻農民
毒霧の竹槍か幸運の熊手を持って簡素な鉢巻&服でキメた
農民コーディネイトをコンプリートできるのは傾奇のみ。
綺羅を尽くすは傾奇の作法なれど時には竹槍でB29を撃墜したい。

とは言え最早ダメ安定度しか売りの無い演舞にとって
170↑の薙刀を手放す選択肢は無きに等しいのが現状。
レシピが破天より良心的なので出回りは良いのですが
やはり理論限界に挑むには自作しか無いです。

そんな期待も込めて店主の跡目を継いだLV51刀を久々に起動
盾装備が無いので240/120/50の無駄に豪華な矛装備でTD。

初期パラも潜在も盾振りだと装備が強くても全然ダメでした。
おとなしく盾装備を作ります。

■面具職人
面具職人を価値23でコンプリートしましたが見れば見るほど売れ線を感じません。
武闘仮面にイソ神秘入れたい客とか実在するんでしょうか。
無難に眼の守を主体にしようかと思います。

2008/6/12

舞衣バグってたんですか  演舞

N僧兵とN死霊の気合削り修正しねえのかよ!
という叫びの聞こえてきそうな本日のパッチの中に
「舞衣と天地翻転の舞がバグってたので修正したよ」
ってのが紛れ込んでました。


舞衣:四象操作の際ダイアル推移を即時30度UP(傾共通)
天地翻転の舞:四象ダイアルを逆転させる(演奥義)

争覇実装〜昨日までの舞衣のダイアル即変動は見た目だけで
属性が実際に増減してなかったってことでしょうか。

検証を思い立ちました。
発端は某所傾奇スレで見た「舞衣+爛漫の舞で天衣無縫は
防御無視だぜ」というカキコ。
守護挑発耐性の問題を前に演舞のダメージングパワーとか
既にどうでも良くなっていたのでずっと検証してませんでした。

納品のために帰参していた小田原で検証パートナーとして
このは氏を確保。サンプルと言うには余りに高いスペックで
これ以上無い御協力を戴きました。


まずは舞衣+爛漫の舞によるダイアル即変動。
技能の見た目とは裏腹に何ともハデさがありません。



爛漫の次ターンの風迅丹、四象ダイアルMAXの風迅丹。
これだけ時間をかけてこの程度の変動では・・・
というのが正直なところではあります。


同じく四象ダイアルMAXでの天衣無縫。

さて、天衣のダメージが四象ダイアルの変化に従って
どう推移するのか調査した時に意外な結果が出ました。


四象MAX状態から落花の舞を使って全属性を下げつつ
ダメージ推移を見たところ
意外なことに天衣のダメージが上がっていくのです。
※勿論、各ダイアルごとに複数回サンプリングしています。


なお、こちらは落花+天衣+天御柱の神舞(風鎚)。
鎚つき天衣は四象ダイアルの推移に関わらずほぼ同じままでした。
上記の事実と組み合わせると
四象ダイアルの低下に従って鎚のダメージは下がり
天衣無縫そのものダメージが上がっているため一定を保つ
と仮定することができます。

見た目が同じで画像としてつまらないので割愛しますが
このダメージ推移は天地人でも同様でした。
(同様の状況で1700台のダメージでした。)


推論としては
「五芒陣タイプの相手の最低属性を適用する術は
四象ダイアルの上昇でなく低下によってダメージが伸びる」
という仮定が出てきます。

天地人の追加属性ダメージ部分もそういう性質です。
天衣無縫は説明文が違うので性質も違うと言われていましたが
今回の検証から、天地人のそれと同様の性質の模様です。
考えてみれば光栄の書いた説明文を真に受けるとは
何ともおめでたい話だったということですね。

破天開始による四象ダイアルの実装に伴って
伏雷が非常に強化された事実から考えると
一般の属性術は四象ダイアルの上昇に比例してダメージが上がる
と考えて良いはずです。

ということは、落花の舞が持つ本来の役割は
属性術のダメージ減少であることになります。
非常に地味で、減殺や孔雀とは比肩し得ないモノですが
敵の属性ダメージ緩和と自身の攻撃ダメージ上昇を同時に行っている
としたら、これってなかなかの内容じゃないでしょうか。
舞衣の追加により、現実的ではない話ですが
四象技能を2ターン連続で使うことが無意味ではないわけだし。

しかし。
いくら四象低下によってダメージが伸びると言っても
画像の通り、その水準は実に微々たるモノです。
めてお氏の防御が非常に高いため
天衣無縫の物理部分の貫通力が低いという仮定を前提とすると
割と色々納得が行きます。


いずれにせよ狩りで初手に使うような技能ではありません。
まして徒党に陰陽各位や修羅術忍が居れば
落花という選択はあり得ないでしょう。
(彼らと演舞の混在する徒党があるか否かはさておき)

ただ、私は今回の検証結果から
必死に潜在を稼ぎ紋を育て、追加し得る属性を上げまくることに
意味があるような気がしてきました。
萎えかけた演舞のモティベーションを回復には良い検証でした。
このは氏に感謝します。

2008/6/3

また  その他

今の仕事のサイクルで1丹やると生活に支障が出るため
また暫く冬眠します。
たまに知行見たり太刀ノックに来たりしますが
対話には一切お応えできない(しない)と思います。
御了承ください。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ