2006/12/11

Piercing Force  刀鍛冶

仕事でGDGDなうちに破天も目の前ですね。
年末休みまでまともに遊べない予感。

思いつきで@600万でLV51になる暗殺忍者をLVUP。
破天生産で忍者も日課に加えようという本当に思いつき程度なんですが
匠参皆伝したところ八方手裏剣の習得のダメさにガッカリ。
昔は難易度10で習得65前後@10個出来でしたが昨日は習得14@10個。
真鍮が@1になってるから仕方ないと言えば仕方ないんですが。

一方、内政の八方納入は20枚=勲功=軍資金=120となかなか効率的。
昔は何このブルジョワ内政でしたが今は悪くないかもしれません。
・・・まあ、破天で別物になるかもしれませんが。


話は変わりますが
毎度御馴染みこちらのお方から「刀アタッカで星野山B1か魔犬」という話を戴き
魔犬に参戦してきました。

まだLV52なので無難に反撃封じ導入のため門徒の薙鎌装備。
古神典入りということで五連も実装しましたが結果的には反撃は全く無し。
棍棒が破天仕様なら全然普通にやっていけそうです。生命も100増えるし。

将来的には生命吸収をもらい守護と鎧の極みだけ導入した「3枚目の盾」
を見越して生命を多くして攻撃は550での参加でしたが
1以外には四連2600強・五連3000弱・破刃2300程度で安定。
1には刀の極み改を使って大体同じ程度の威力を保持。
特に極み改入りのときは防御の上からですら破刃で1300ほど出せるのが印象的。

ボス戦の動き的にもロジックが出来上がってきて
開幕は一番痛い奴に破刃→同程度のが居ればそいつにも破刃→
迅速丹飲み→完全持ちを攻撃→硬いのをやる番になったら刀の極み改

硬いのを攻める順番によりますが
刀の極み改を入れて攻撃しているうちに闘争心が貯まりきって
2回目の極みは殆ど要らないようです。(死ななければですが。)

反撃が無い鉄砲よりリスク度が高く(と言うか鉄砲のリスクが低すぎるのですが)
刀の極み改のヘイトがやや高いため
闘争心をリセットされないためには簡単には死なない生命が欲しいところ。

確かに、死んでも刀の極み改を入れなおせば
闘争心を貯めなおす間もある程度以上に貫通力を発揮できるのですが
蘇生直後にヘイトを稼ぐ危険性を考慮すると余り望ましくないと思われます。


それにしても
僧兵の最大最後の課題である硬い敵への貫通力の問題を
こうも簡単にクリアできてしまう刀アタッカーに複雑な気持ち('A`)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ