2009/7/6

作成ガイド:密教  キャラ作成

ものっそい空いてますが御無沙汰してます。

某掲示板が暗と法の論争でも起きない限り
殆ど書き込みすら無くなってきた現状なので
少しずつ特化ごとの情報まとめていこうかなと。

打ち切りが決定してまとめに入った短命漫画的な
勢いでやっていこうと思います。
(=物凄いハショるの意)
まあ今やると78月パッチで意義が変わってしまう
のも居るでしょうが、それはその時で。


栄えある第一回はよりによって密教。


【密教秘術】

■特化概要
 準回復職の僧に術関係の攻撃・防御手段を搭載した特化。

 瓦版や術狩り徒党では全体術を行使するために
 戦闘潜在能力の修羅、及び属性付与装備が必要。

 ボス戦では術軽減及び準回復として全体完全回復ブッパ
 や大往生+マラソンなどが要求される。


■徒党需要
・凶イザクエでの術軽減枠且つ全体完全枠
・術狩り徒党での修羅術且つ全体完全枠
・九州の一部城ノックでの攻撃力のある回復枠
 (ただしこの需要は僧兵ほどではない)

■対象プレイユーザ層
・渋い裏方が好みの人
・無闇に特化技能を使いたがらない人
・実感しにくいリターンのためにも財産を使える人
・特定ボスに引く手数多の割りに凶イザ以前で雑魚狩り
 には誘われにくくても構わない人
・術狩りで寝ない人
・瓦版が苦痛でない人
・党首を出来る人

■初期パラ傾向
・耐久+知力
 僧の侍に次ぐ生命増加量と回復術の気合回転を賄う
 知力で固めたオーソドックススタイル

・知力+魅力
 術に必要な2パラで固めたスタイル
 高すぎる生命耐久を抑えたり対人もやりたい人向け

・器用10
 僧は密教のみで生産をガンガンやりたい人向け

■紋所の傾向
・銭紋(知力)
 無難なチョイス。

・波紋(水属性)
 双界法句に命を賭けたい人向け。

・笹紋(器用)
 僧は密教のみで生産をガンガンやりたい人向け

■隠れ里
・初期器用にノータッチの場合、殴りがスゴくスカるので
 序盤を凌いだら練気の法・壱〜弐を入れて新参者光弾。
 仏の加護で気合確保できればベター。

・懐剣術指南書を進めて命中術を取得した上での
 生命吸収・壱〜弐+素殴りでもやれないことは無い。

■中級クエ序盤
・流派取得イベントで水方術の型を皆伝して隠れ里と同様。
 潜在能力は修羅から振り、家紋彫付与石は全部水属性。

・罰当たり・弐〜参を早期に取得して、家紋彫付与石を
 全部腕力にして生命吸収・参から殴っても構わない。

■LV30〜(潜在能力・瓦版開放)
・基本潜在は何はともあれ練達を3マス。
 その後は生命・知力主体だが、双界法句に命を賭けるなら
 気合を底上げしつつ水属性を伸ばしても別に構わない。

・戦闘潜在は取り敢えず修羅を伸ばしておいた方が
 後々存在するはずの術狩りの席を逃さずに済む。
 瓦版でも修羅が無いとやることが無くなりがち。
 その後は探検生命・知力主体。

・凶イザクエで全体完全枠を考慮すると最大気合は
 低めに抑えたいため、気合系の潜在は慎重に。

■装備
・欲しいのは術狩り用の修羅装備と、ボス戦用の
 知力装備の二種類となる。

・修羅を考慮する場合、密教の攻撃術は属性の影響が
 無い対霊種族限定技能を除くと火か水属性。
 僧自体の特性で水属性の方が高いため、水属性が
 メインとなる。独自路線に行きたいなら火でも。

・水属性の付与石はバカ高い上にレアなため
 序盤は瓦版に通いつめて練輝の付与石をもらうべき。
 頭と胴に生命120・水属性12のベースを用意できれば
 ベストだが、こんなベースもまた同様にレア。
 幸い修羅における属性付与は物理アタッカー特化の
 腕力付与ほど深刻な影響力が無いので
 素直に練輝装備+藤岡石でも序盤には十分耐える。

・武器は修羅装備用には杖がオススメ。
 最初から高い水属性が付加されている品目もある。
 一方、修羅が関係無い知力装備では槍を推奨。

・袋は練輝装備よりは手ごろなベースに家紋彫付与石
 で仕上げる方が無難かもしれない。

■瓦版(低レベル期)
・槍術指南書の防御術極意を習得していない場合
 間違っても敵を叩かないこと。
 防御術を実装しない状態での防御コマンドには
 ダメージ軽減力は無いに等しい。

・敵に絡まれた場合、最速で自分に極楽浄土をかける
 ことが不可能なら救援を呼ばないこと。
 間違い無く死ぬので。

・救援参加して旗が鍛冶屋・侍・忍者・傾奇者なら
 取り敢えず生命吸収・参をかけて構わない。
 ただし旗が物凄く強ければ別に必要無い。

・低レベル期の僧は正直やることが無いので
 (単体)解呪・弐があると仕事はしやすい。
 旗が呪いの針を食らってるケースは結構あるので。
 高速化・参ももらって嫌がる人はまず居ないが
 疾風怒涛を使っている忍法にはNG。

■習得傾向
・僧は通常目録が多めなので軍事・弐のLV28前後の
 敵をこまめに狩って習得を進めるのがオススメ。
 上人之書に重要技能が多いため、結局のところ
 通常目録は全部必須となる。

・瓦版で旗を務めることを考えると槍術指南書を参
 まで進めて防御術極意を習得しておくと無難。
 他の道場系目録は後回しで良い。

・上人之書・伍のラストに弱いとは言え僧兵と密教には
 唯一の戦闘用蘇生技能があるため、上人之書も必須。

■特化クエ〜比叡クエ〜四神クエ
・まず徒党内に自分より高レベルの回復職が居るか否か
 を確認。存在する場合、密教の回復訴求は低いので
 修羅装備で参加し、僅かでも攻撃に貢献する方が
 望ましいケースが多い。
 ただし、生命吸収や全体解呪を担当できるので
 その辺は臨機応変に。

・徒党内で自分が唯一の回復職である場合、今度は逆に
 攻撃術を使うヒマは全く無いので、装備を複数持って
 いるなら修羅装備で参加する必要は全く無い。
 生命・気合・可能なら知力付与重視で、実装も回復と
 全体回復を主体に。

・密教ならではのポイントとして、徒党内に忍者が
 一人も居ない場合、結界破りは密教の仕事となる。
 特化参の破界を実装しておくこと。

■鎧剛鬼
・全体回復が四でないならメイン回復を務めるのは
 一人ではやや厳しい。
 むしろ、出来れば智拳印が欲しいところでさえある。
 上人之書の習得が十分でないなら、鎧剛鬼に挑む
 前に瓦版に通いつめて習得を進めても良い。

■瓦版(高レベル期)
・攻撃力の高い敵で旗を務めるなら防御術極意で
 開幕防御か開幕自分に極楽浄土。
 そうでないなら開幕に真言を使って凍気法輪か
 双界法句で攻める。練気の法・四は忘れずに。

・気合削りやランダム麻痺のある敵の場合は
 開幕仏の加護・参から入っても良い。

・救援参加の場合、真言や術準備をしている間に
 戦闘が終わることの方が多い。
 旗に生命吸収・参を入れたり、廻向の印で処理を
 行う方がベター。

・参加したら旗がピンチだった場合は最速極楽浄土。

■高レベル期の各種クエ
・凶イザ以前は黙ってて誘われるタイプの特化ではない
 ので自力で徒党を作る。
 カウント的にはアタッカー枠に自分を置いて
 加持結界で気合削りを軽減しつつ廻向の印などで
 攻撃することが多いだろう。

・九州の友好2000も同様。
 友好27000の帯に水属性がある関係で大友主体が吉。

・凶イザに到達すれば術狩り需要があるので
 どうにか旧イザ本体は突破しておきたい。

・認知度が低いが、水属性を得意とする密教は
 氷柩〜炎浄を主眼に置く殺陣徒党との相性が
 非常に良い。と言うか、解ってる殺陣徒党さえあれば
 それ以外の手段では苦労する九州もガンガン進む。

■覚醒傾向
・威力覚醒のある技能では対霊種族限定でない廻向の印と
 破界が無難ではある。

・対人好きなら大元帥明王法の持続時間、愛染明王法の
 成功力を主体にするのも良い。
 五大明王法と阿鼻地獄のスリップ速度を取る手も。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ