2014/1/21

ICF Stage 1 分かれ札  ICF

1月19日(日)「ICF Stage 1 分かれ札」と言うかるたの集まりを開催しました。大会と言う名称を使わなかったのですが、ネットでは、かるた大会として掲載されてました。

International Cafta Fantasy という名前は、海外で平安時代の和歌を使用して競技をするというのは、ファンタスティックなこと、CaftaはCardに通じる言葉としてつけました。

ルールも枚数を減らし、大敗しても差が歴然としないように考えました。ステージ1では、崇徳院の77番「せをはやみ」以外の札32枚はすべて場にありますが、置いてある位置によって、価値が変わってきます。最初にルールを説明して、全員で1回練習しました。

クリックすると元のサイズで表示します

恒例の朝一番の集合写真。終了後に撮ると、やつれてげっそり感が否めないので...。


クリックすると元のサイズで表示します

札を並べるのも大変です。


クリックすると元のサイズで表示します

暗記時間。今回は10分です。



クリックすると元のサイズで表示します

通算9回にわたって詠んでもらっています。我が会の専任の読手。



クリックすると元のサイズで表示します

大人対子供のチラシ取り。子供が取れば拍手。



クリックすると元のサイズで表示します
今日一日よく頑張った選手たち


成人の部
最優秀選手 Miyuki Fujii (ウォータールー)
準優秀選手 Noriko Saito (トロント)

小学生の部
最優秀選手 Sakura Fujii (ウォータールー)
準優秀選手 Yuto Ninagawa (トロント)

読手、Ayumi Miyashita

次回は、2015年1月18日(日)「ICF Stage2 囲み札」を開催予定。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ