今夜も力うどん

By Areia Music
-Areia Label & Areia Sax Council-
President:Michiko "Maysico" Kawaguchi Saxophone Player

 

Author


YouTube maysico Chanel
Click the photo↑

This is it

Amijakan Watch Labo.
ペシャワール会

Twitter 1

Duas Jóias


リリース日2009年3月6日
大安
AREIA MUSIC SHOP
 へアクセス。
ご注文フォームからどうぞ。
2000円(tax included)
<アルバム試聴>
M-1 Autumn Leaves
http://www.youtube.com/watch?v=FN1Qz3rzQXo
M-2 Reimei
http://www.youtube.com/watch?v=vrdViYNnirE
M-3 A Border
http://www.youtube.com/watch?v=kzPKbCasAi8
M-4 Mas Que Nada
http://www.youtube.com/watch?v=FofQxoB4mj8
M-5 Uma Extremidade
http://www.youtube.com/watch?v=q_mSrymq2fs
RSS

Information

アレイアミュージックオフィシャルサイト内の
イベントページに掲載しています。
アレイアミュージックオフィシャルサイト
http://www.areiamusic.com/


投稿者:Maysico

Go Solo 卒業ライブ

本ライブに関し、巣立っていく出演者たちがコメントと共に紹介してくださっています。

みなさんも、何かを習った経験がおありですよね?
アレイアミュージックの礎である、アレイアサックスカウンシルは21年目のシーズンを迎えていますが、今回卒業するひとりは約10年、ずっと通い続けてくれました。他のメンバーも8年、6年、4年と、一般的な常識でいうと考えられない在籍期間です。
就職や進路の選択のため区切りをつけた大学生たち。
それはいつか必ずやってくることです。
一方で大人になって音楽を始め、今日まで長い時間を共にし、深い関わりをもってきた人たちには、私自身の手で区切りをつけないといけない、それをようやく実行します。
教室が21年ものあいだ存続してこられたのは、こういった皆さんひとりひとりのおかげです。
とても寂しいけれど、そしてたくさんの手を放した瞬間、これからの教室の行方が、多くの不安と共にあることは正直な気持ちですが、変わらぬ気持ちでこれからも続けていきます。

同時に、新しい才能も開花しつつあります。
彼らに望むことは、いつも平常心で強い心身と共に、繰り返される練習とかけがえない演奏と制作をずっとずっと続けていってほしいということ。
そして願わくば、それが少しでも多くの人たちに知られてほしいということです。
アレイアミュージックの願いは、ご縁あったひとりひとりの音楽人生が、充実したものになるようお手伝いできること。
そして巣立っていく皆さんのこれからの人生が、さらに幸せであることです。

クリックすると元のサイズで表示します


投稿者:Maysico

脳みそ全開 

このところ頑張っている!
他人に曲を提供するのって、
イメージ通りに書けなかったらどうしよう、
もう曲が出てこないんじゃないか、
曲どころかアイデアを思いつけなかったらどうしようとか、
思いついてもそれがイマイチだったらどうしようとか、
第一、気に入ってもらえなかったらどうしようとか、
そんなこんなのプレッシャーがあるものだが、
ない!
元来めんどくさがりなので、思いついたものをよりよくしようとか
お化粧しようとかいうことにふ〜っとため息をつくのだが、
でも、それを完全に人任せにすると文句を言っちゃったりするから
まったくしょ〜もないやつ。
あ、でも他人の手が入るってことは、大事なことだと思う。
やっぱり独りよがりになってしまう面があるから。
その点でも、ちゃんと控えてくれてるから安心。どうなるかな。

この期間やはり健康で、
そして自己満足評価だが、脳みそは全開し続けてくれている。
しばらく自分のことをやっていないけれど、これがきっちりできたらやろうかな。

そうそう、人の手が入ったっていう意味では、もう一昔前の話だけど、
この曲は、hiroyoちゃんのセンスのおかげでイイ感じになった。
特にこれを打ち込みでやろうとか、小節がずれてくるバックリフとか、
めちゃかっこいい(と思う。)
ちなみに、私の仕事を待ち構えているアレンジャーに畏れ多くも褒めてもらいました。イヒヒ。
人の宣伝ばかりしているので、ちょっとシェアしてみます。
いまさら。(iTunesにいまだにいます。)



あと、同じアルバムのMas Que Nada。これもhiroyoちゃんの才能全開。
PVだけど。
かっこいい!(笑)
そしてふたりとも若い(笑)


タグ: reimei maysico duas
投稿者:Maysico

今さら... 荒井さんのはじめてのオリジナルアルバムリリースによせて

昨年12月4日
それまで神楽坂清三郎という名前で歌っていた方のアルバムが出ました。
ご縁あって、私はそのアルバムのプロデューサーをやりました。
その人の本名は荒井寿彦といい、
そのハナシは何度も何度も聞いたけど、(笑)
46歳でギターを始めたノンキャリア組なのです。
つまり、小さい頃から、若い頃から音楽の素地を作ってきたのではないのです。

神楽坂清三郎というのは、忌野清志郎さんのトリビューターとしての名前で、
知り合いに紹介され、はじめてお会いしたときもお化粧をして歌っていました。
清志郎さんは大好きだったけれど、かといってフツーにしか聴いていなかったひとり。
神楽坂さんのおかげで、清志郎さんの音楽、センス、テイストを感じることができ、その関係の方とも知り合って交流させてもらっているのだから不思議なものです。

とはいえ常日頃、どんな有名な曲も、最初は誰かが作ったオリジナルであるというのが座右の銘のわたくし。
だから、カバーとオリジナルを区別することに、今一つ納得できないのです。
オマエは何様じゃ?と言われても、人の音楽を演奏していると「なにかが違う」なんて生意気なことを感じてしまうヤツなのです。
ヤな感じでしょ?
そんな風だから、神楽坂さんにも、例えみんなに大笑いされてもオリジナルを作ってほしいなとずっと思っていました。

時が過ぎ、ついにそのときが来ました。
同時に、神楽坂さんは荒井さんになりました。
荒井さんは、食事をするスピードが半端なく早いです。
作詞はちょこっと、作曲など生まれて一度もしたことがないくせに、
そのスピード感と共に、案外たくさんの曲らしきものを(笑)あれこれ作ってきました。
かわいそうに(笑)私の手でたくさんのアイデアを闇に葬ってしまいましたが、その一方で、この人はなぜこんなに次々作るのだろうと可笑しくたまりませんでした。
なぜって次々になにかしらできてくるから。笑っちゃうのです。

結果、できあがったアルバムが「上を向いて走ろう!」です。

アルバムの制作期間は、荒井さんとも、メンバーとも大変な時間を共に過ごします。
その期間のなんともいえない充実感、あれこれと考えを巡らす時間、演奏するテンション、それらは完成した瞬間に過去になり、作った音楽と想い出というかけがえないものに変化します。
音や想い出は形ではありません。
一瞬で消えてなくなるもの、だからかけがえないもの。だから素晴らしいもの。

いいアルバムができました。そして次に向けて。
曲の歌詞にあるように、これから全国(行けるといいな)をまわります。

まずは福岡。大好きなメンバーと演奏します。
アルバムを聴いてくださいね!そして是非是非ライブにいらしてください。
3月4日土です。

クリックすると元のサイズで表示します




博多ライブフライヤー
クリックすると元のサイズで表示します


レコーディングメンバー
クリックすると元のサイズで表示します


レコーディングメンバー ギタリスト in 博多
クリックすると元のサイズで表示します



博多ライブメンバー
クリックすると元のサイズで表示します


投稿者:Maysico

街の喫茶店

NHKの番組で、昔ながらの喫茶店の特集をやっている。
ここにきて若い世代からも「オシャレ、落ち着く、オトナ気分」と人気を博し、
また、高齢者の集いの場としても大きな役割を果たしでいるそうだ。
ふと思い出が蘇る。
上京して某音楽院に入学した。
学校は、駅の改札を左手に出て長いだらだら坂を上がったところにあった。
レッスンはかなり厳しく、下手で何にもできなかった私は、毎回坂の途中で「今日は帰ろうかな」と思ったものだった。
最初10数人いた同級生は、あっという間に3人になり、進度の都合でそのうちのひとりと二人クラスとなった。
レッスンが終わると毎回寄ったのが、坂をおりたところにある古い喫茶店。
二人で毎回欠かさず寄った。
男女の組み合わせだが、そこに恋愛とかそんなものはみじんもなく(笑)、4つ違いで、故郷が近い田舎者の兄妹、そんな感じだった。
毎回のようにピラフを頼み、コーヒーを飲んでいろいろな話をした、、
いや正確に言うと、席に座ったとたんO君はすぐにスポーツ新聞を広げ、読みふける。
「あのね、一応さ、連れがいるんだから新聞はやめよ〜よ」と注意するものの、
お互い大のパリーグファン、当時は西武ファンだったから、シーズン中などはひとしきり野球の話になった。
ピラフは瞬間で食され、その後延々とコーヒー一杯で粘るのだから、正しいお客だった!!
その後O君は大変な出世をし、ビッグステージの際には客席から拍手をおくった。
たくさんの悔しさも一緒に。その後私はずっと後塵を配したまま。
頑張らなくちゃ(*´-`)
あの頃は本当に貧乏だったけれど、たくさんの時間、たくさんの語らいがあった。
懐かしい。

クリックすると元のサイズで表示します


投稿者:Maysico

卒業写真

みんなありがとう。
みんな巣立っていくね。
オトナになったね!
齢とったね!
大きくなったね!
終わりじゃないけど、それぞれの道に。
さよならは別れの言葉じゃなくて
ふたたび逢うまでの ”近い”約束!

春に卒業写真ライブをやります。


















クリックすると元のサイズで表示します


投稿者:Maysico
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/285 
 

Areia Music


YouTube Areia Music
Click the Logo↑

初心者からプロミュージシャン・音大受験を目指す人たちのためのレッスン・音楽教室・音楽学校比較・検索サイト - ミュージック スクール ガイド ジャズ ポータルサイト - @jazz(アットジャズ) Areia Music


Areia Sax Council



Areia Sax Council Website
Click the photo↑ 音楽教室、音楽スクールの口コミ検索ネット
Music Square-jp
2017年3月のレッスン日
10,11,12,18,19,25,26
FacebookにAreia Music(Areia Sax Council)のページがあります。
どうぞ遊びに来てください!

Areia Music Shop
写真をクリック↑

2012年4月、サックス教本をリリースしました。 以下、画像より販売サイトにリンクしています。

Twitter 2

検索



このブログを検索
AutoPage最新お知らせ