Information  ライブ

アレイアミュージックオフィシャルサイト内の
イベントページに掲載しています。
アレイアミュージックオフィシャルサイト
http://www.areiamusic.com/



2017/11/9

教えられないこと  

来週金曜日のMailsライブに向けて、本日は最終リハーサルでした。
いろいろ並行していますが、泥縄で曲を暗譜しています。
これまでの経験上、少なくとも最後のリハーサルの時点で譜面を見ていては、本番にそうではない状態で臨んでもいい結果を産まない。
との思いから、譜面なしでやってみました。
覚えてないところ、キーさえ瞬間わからなくなってしまった曲、ミストーン、サイズ間違い。
あらゆることをやってしまった(^^;;本日でしたが、充実感いっぱい。
正直、こんな風に感じたのは久しぶりです。

帰宅後なんだか楽しくなって、また吹きたくなって、課題点をおさらいし、さらに練習曲なんかもやったりして。

たまたま20年ぶりに復活したバンドに声をかけてもらい、また参加しています。

かつてここに参加して頑張ってて本当に良かったなって。
また、自らあたふたしながらも、ずっと何かやってきて良かったなって。

楽しさという言葉だけではなく、良かったなと思う気持ち。
それに伴う音楽的充実と向上。(少なくとも向上を求め継続する気持ち)
だからこそ練習するんだという気持ち。
だからこそは、何か先立つイベントのためであり、またそれだけでは決してない。
正体はない。
これらは、どうやっても教えることが出来ません。
奇しくも、Maestro Daniel Barenboimさんが『音楽を愛する気持ちだけは教えることができない』とおっしゃっているビデオを観ました。

何かに向けて一生懸命練習することは、素晴らしいことです。
でもそこに継続する気持ち、実施、こんな風に、あんな風に、どうしたらいいか。
そんな探究心を持たないことには、きっとMaestroがおっしゃるように、ただの音としてしか存在し得ないのかもしれません。

現代は、忙しく情報過多な時代です。
せっかく縁あって音楽に関わっていたら、そんなことを考えてみる時間も必要なのではないでしょうか。


2017/11/6

Image  音楽

日付変わって一昨日は、プロデュースしているAREIA DOLLSの4回目のライブを無事終えました。
ご来場いただいた皆様とSaori、Momokaの努力とパーソナリティ、サポートの三浦鯉登さん(Pf)と稲留春雄さん(Gt)、そしてライブ当日ADして活躍してくださった荒井寿彦さんのおかげです。
この場を借りて、平凡な言葉ではありますが御礼申し上げます。
ありがとうございました。

ライブ翌日も午前中からレッスンとなり本日も音楽の一日。
真夜中になり、なぜか突然Phil Woodsが聴きたくなりました。
あれこれ止まらなくなってしまったのですが、懐かしいこの1曲を紹介します。
18、19歳くらいの頃、この曲を一生懸命コピーしたのです。
今もソロの部分を歌えます。特に冒頭のコンビネーションディミニッシュ的フレーズなど、まさにWoods節でたまりません!!
この曲は、71年の映画のテーマ曲で、そうそう主演女優はジェニファー・オニールで、作曲はこのメロディラインから想像がつくように、巨匠ミッシェル・ルグランです。
完璧はつまらない、巧すぎるのはつまらないなんて言いますが、
そんな言い方こそナンボのもんじゃ?と思ってしまうくらいの説得力です。

Phil Woods Musique du bois
Phil Woods;Alto Sax
Jaki Byard;Piano
Richard Davis;Bass
Alan Dawson;Drums
Recorded Jan. 14, 1974




その後さらにこちらを見つけました。
イタリア人ピアニストのEnrico PieranunziとWoodsのデュオ。
曲はコテコテスタンダードのHave You Met Miss Jones?
素晴らしいです。
このライブはきっとWoods自身も楽しかったのでしょう。最後に笑い声が収録されています。
そうでしょう、そうでしょう。だってSwingしていて最高にゴキゲンですもの。
ドラムやベースがいるカルテットも楽しいのですが、ピアノとのデュオってサイコーです。

Phil Woods (as).
Enrico Pieranunzi (p)
Album:“Phil Woods & Enrico Pieranunzi / Elsa”
Recorded:Live at Ferrara, Sala Estemse, July 20, 1991



ライブの模様の写真や動画をご覧いただいたり、FBにおいてはイイネを押していただいて嬉しいです。
同時に・・・
こういうものをたくさん聴いてたくさんのImaginationを育んでほしいな、ってすごくすごく思います。

タグ: Phil

2017/11/3

That's Fujiyama Dancing!!-@ 膨大なスキャン  音楽

来年2月10日(土)午後3時(4)時くらいから、秋葉原で皆さんと踊りたいです。
1930年代から70年代までのダンス的ナンバーを、各ステージほぼノンストップでお届けします。
それにあたっての準備をしています。
予想以上にものすごい数の譜面スキャンの時間。
合間にやろうと思いながら、ようやく本格的に今日からスタートです。
たぶん国内にはほかに持っている人はないだろう貴重なオールドスコアは、紙がポロポロと剥がれ落ち、保管のためにもこれ以上のスキャンのタイミングを待てません。
最終的にはいったいどれだけの枚数、ファイル容量になるのか想像がつきませんが、とにかくものすごいです。
とにかくスキャンしてスキャンして、リネームだけでも・・・

バンドの名前はThat's Fujiyama Dancing!!
ダンサーも登場予定です。
身体を揺らすだけでも是非。
40名ほどのキャパシティの空間です。
近日またお知らせします。

クリックすると元のサイズで表示します



2017/10/30

何人前?  音楽

ドールズのももちゃんのコメント
「今日は練習5時間あるから、途中でちょこっと何かお腹に入れられるもの持ち寄りしようか」と言って実際持ち寄った量がおかしかった。何人前かな♡

クリックすると元のサイズで表示します


ほんっとによく練習した雨続きの土日。
アレイアドールズ Saori & Momoのコンビで練習を始めて7ケ月くらい経つだろうか。
これまで、テクノサウンドのトラック+ギターやキーボードのサポートで演奏してきたふたりが、いわば偶然のことから初めての人間同士だけによるライブをすることになりました。
最初はとまどいも多く、不安も試行錯誤もいろいろありました。
ふたりを支えてくれている留ちゃんとりとさんからは、先輩として温かくまた時に厳しいリードを、また細部に渡って優しい心遣いをいただいています。
これまで食事をする機会もなく、おしゃべりをする時間もゆっくりとれなかった私たち。
今日はなんだか外の大雨に負けず、力をあわせ音楽に溢れてステキでした!


クリックすると元のサイズで表示します



2017/10/28

お道具を 売り場に行って お買いもの  音楽

スタジオだけでなく、カラオケ屋など音楽設備に恵まれていない環境でも練習をする。
サックスの練習はともかく、ハーモニーを確認しなければならないウタ、つまりコーラスでは、鍵盤で和音を鳴らして確認することが絶対必要になる。
最近は、スマホにもキーボードアプリはいくらでもあるのだが、つかえな〜い。
一応音が出るけどねって。
この話は他者のことに関わっているのだが、ひいては自分のことでもある。

そう思ったので、さっそくネットで検索してみた。
ポータブルキーボード、ミニキーボード。
ありそうで本当にミニなものは案外ない。
音の確認ができてかつ軽さと持ち運びやすさを考慮すれば、どこまでも小型化を望むところ。
しかしネット上でのレビューは、小型には当然ながらほどがあり、どんな主旨にしろもうひとつ大きいのにすればよかったというレビューが多かった。
私は、ネットでの買い物があまり好きではない。
もともと出不精であるのだが、買い物だけは諸事この目で見て買いたいので、そこは気分転換も兼ねて重い腰をあげる。

なんとなく、楽器屋に行くまでもないかな?と思い、大型家電量販店に行ってみた。
しばしウロウロして、結局は子供向けの売り場にあった写真の、まさにおもちゃ感覚のものを購入した。
なんといってもちゃんと和音が出る。(笑)
カシオなので、基本は押えているし音程もちゃんとしている。(笑)
(笑)と書いた項目は、案外できてなくて笑うことが多いので、素晴らしい。

音色、リズムパターンのバリエーションも多くて驚くし、本当に必要なものはどういうものか、どういう状態か?をこの目で手で確認できるので、やはり買い物はなるべくアナログがいい。

明日持って行くね〜


クリックすると元のサイズで表示します





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ