2006/11/16

何を今更、の、ポータブル編成の使い方  VRM4ポータブル編成
何を今更、な気もするのだが、よくよく考えてみるとポータブル編成ギミック一発組み込みのガイドポータブル編成を作る人向きに書かれているので、他の人の作ったポータブル編成をダウンロードして使う人にとってはわかりにくいんじゃないか、ということに今になって気づいた。と言うワケで遅れ馳せながら書いてみる。

*     *     *

●ポータブル編成って、そもそも何よ?

VRMには、レイアウトを記録する“レイアウトファイル(VRM4の場合は拡張子がvrx)”の他に、編成を記録する“編成ファイル(拡張子がtrn)”があります。ポータブル編成はこの編成ファイルの一種で、車両の組み合わせだけでなく、ライトの消点灯その他のギミックを可能にするスクリプトや、製品パッケージに含まれないオリジナルの方向幕なんかが記録されてます。

なお、“車両”は編成ファイルには含まれてません。車両は、それが収録されているVRM製品パッケージを買わないと手に入りません。たとえば、キハ82系のポータブル編成を楽しむには、お手元のPCにVRM4第4号がインストール済みである必要があります。

●ポータブル編成はどこで手に入るのよ?

基本的には、それぞれ作った人が自分のweb/blogで配布しているので、そこでゲットします。また、Caldia氏とKSMaster氏がそれぞれまとめページを作ってくれているので行って見るといいです。

ポータブル編成配布CaldiaのVRM Room
ポータブル編成代理公開ページkinokuni-station



どちらも、LZH形式でアーカイブされた編成ファイルが公開されてます。適当なツールで解凍して、あなたが普段レイアウトファイルを置いているフォルダにでも入れてください。

●ポータブル編成って、どうやって使うのよ?

VRMレイアウトに適当な長さのレールを敷いてから、編成部品を配置します。この編成部品を右クリックしてポップアップメニューの中から〔編成エディター〕を選ぶと、下に示す“編成エディターが開きます。

クリックすると元のサイズで表示します
<編成エディター>

〔ファイル再生〕をクリックすると、ファイルダイアログが開くので、前段で適当なフォルダに置いておいたポータブル編成ファイルを選びます。編成と編成名が表示されれば読み込み完了です。

●ポータブル編成を読み込んだけど、ビュワーが起動しないよ!

ポータブル編成に限らず、VRMビュワーを起動するには編成に含まれる車両を並べるのに十分な長さの線路が必要です。長さが足りなかったり、途中にバリアブルレールやポイントレールがあると、下に示すエラーレポートが表示されてビュワーが起動できません。

クリックすると元のサイズで表示します
<エラーレポート>

●ポータブル編成って、どうやって操作するの?

まず、ポータブル編成をビュワー上で選択し、運転可能な状態します。以下のキー操作は、運転可能な状態(これを“アクティブ”と呼びます)な編成に対してのみ有効です。

[Shift]キーと[z]キーを押すと“電源オン”になります。パンタグラフが(あれば)上がり、アイドリング音が(あれば)鳴り出し、全てのライトが点灯します。また、パンタグラフが2つある車両では、[Shift]+[z]を繰り返し押すことで、片方のパンタグラフを昇降することが出来ます。

[Shift]キーと[x]キーを押すと“電源オフ”になります。ライトが消え、アイドリング音が止まり、パンタグラフが下がります。

以上が基本操作です。以下は、対応する機能が設定されたポータブル編成にのみ有効な操作です。

[Shift]+[c]で行先方向幕が切り替わります。何種類の方向幕が用意されているかはポータブル編成ファイル毎に異なります。繰り返しキーを押していって全ての種類が出尽くすと元に戻ります。

[Shift]+[v]で編成を切り離します。切り離し位置はポータブル編成ファイル毎に異なります。また、機関車の場合はこのキーを繰り返し押すことで入換標識灯のオン/オフをすることが出来ます。

●キー操作が効かないよ!!

以下のいずれかが原因です。

第一に、上記のキー操作が有効なのはポータブル編成だけです。これはVRM4の基本機能ではなく、ghostの書いたスクロールによるものなので、これを組み込んだポータブル編成でのみ有効です。

第二に、キー操作が有効となるのは現在アクティブな編成です。ビュワーメニューの[編成]から選択する等して、画面左下に操作したい編成の名前が表示されている状態にしなければキー操作は効きません。

※以下の記述は4.0.5.0以降のビュワー側の改善により不要になりました。

第二に、編成がアクティブでないか、あるいはビュワー起動直後であるからです。ポータブル編成のキー操作を有効にするには、最低でも1回はアクティブな編成を切り換えなければなりません。

これを面倒に感じる方は、ここで配布されているポータブル編成ギミック一発設定(スクロール)をダウンロードし、ここで紹介している手順に従って“アクティブ編成連動ギミック初期化”をあなたのレイアウトに組み込んでください。

●あんな機能やこんな機能がないぞ!何とかしろ!

コメントだとか、メールだとか、狼煙だとか、テレパシーだとか、とにかく何らかの手段でボクに希望を知らせていただければ、適当に実現します。

以上、ポータブル編成の使い方のまとめでした。質問があればコメント欄へお気軽にどうぞ。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ