2006/11/21

夏の日の幻想/啓明氏  霊魂補完計画

以下はI.MAGiCレイアウトコンテスト2006参加作品のレビューです。作品は結果発表のページからダウンロード可能です。

余裕があるな、と言うのが偽らざる初見の印象。

他参加者諸兄のレイアウト作品が、それぞれ銘々の能力いっぱいギリギリで作られているように見えるのに対し、啓明氏のそれは随所に遊び心があってゆとりがある。アーカイブに同梱されているPDFベースのガイドも然り。逆に言うと、“手抜き”とは言わないまでも、啓明氏は肩の力を抜いて「まぁ、賞は他の若い子に譲るから私は楽しませてもらうよ」というスタンスで投稿した作品で部門賞を獲ってしまったワケで、その地力に感服するとともに、VRM4部門の他参加者の不甲斐無さには叱咤激励を送っておく。オッサンに負けるな!

クリックすると元のサイズで表示します

具体的に、その“余裕具合”を見ていきたいと思うのだが、たとえば上掲のスクリーンショット。PDFのガイドによると大歩危駅がモデルとのこと。ボクも2003年のコンテストで大歩危をモデルにした作品で部門賞を頂いているが、納得のいく見事な情景だ。そして、余裕を感じさせるのが、川面の水飛沫の表現。これがなくとも情景としては十二分に完成しているものを、敢えてこういう表現を加えているところに、エキスパートユーザーのゆとりを感じる次第。

クリックすると元のサイズで表示します

さらには、キハ85系にあしらわれたオリジナルの方向幕。ちゃんと“kNR”と書いてあるのが面白い。ちなみに1号車は単なる指定席ではないらしく「特別指定席」と書いてあるのだが、これはパノラマ車両ゆえ、というネタなのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

で。作者ご本人には怒られるかも知れないが、本作は地面上の情景よりも、むしろ床下が面白い。いろんなものが埋まっているのだ。要するに、地面に顔を出した部分だけが情景として使われているのだが、一見してそれが本来何であったのかがわからないものが多い。これまた、ベテランゆえの余裕だな、と思った次第。中でも上掲の奥手の一際目立つ墓石は傑作。裏から見ると意外な正体が判明する。

*     *     *

以上、“余裕”をキーワードに啓明氏の受賞作を見たワケだが、もちろんこれは啓明氏がふざけている、というような意味ではなく、確かなテクニックが基礎にあるがゆえに、お遊びに興じる余裕がある、ということなので誤解のないように。翌年のレイアウトコンテストにVRM4で参戦予定の諸兄は、じっくりと啓明氏の作風を分析して見て欲しい。このレイアウトは宝の山である。

ちなみに、当の作者本人は「遊び心がなかった」と自省しておられるよし。これでも自己評価では足りないってんだから、遊びと散財の達人、啓明おそるべし(笑)。

世界征服座標情報:http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=http:%2F%2Fwww.nodus.ne.jp%2FToretateVRM%2Fvrm.kml&ie=UTF8&ll=33.878326,133.763866&spn=0.014679,0.027852&z=15
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ