2017/3/14

ひとり野鳥の会(水際女子会)  ひとり野鳥の会


こんにちわ〜^0^

今日は『ひとり野鳥の会』より成果報告です^w^

マイフィールドの川で普段見かけないカモを見つけました。

(画像をクリックすると拡大できます)
クリックすると元のサイズで表示します

[ウミアイサ]という体長50cm〜60cm程のカモです。

食べ物は小魚だったりカニなどの水中生物の肉食系。

頭の冠羽がボサボサっとしていて、
目とちょっぴり反り上がったクチバシが赤いのが特徴。

夏はユーラシア大陸中北部と北アメリカ中北部で繁殖し、

冬はヨーロッパ南部、カスピ海沿岸、中国東部、朝鮮半島、
北アメリカ西海岸、メキシコ湾などに渡り越冬します。

一部は日本へ冬鳥として、
九州以北に渡って越冬する海の鳥さんです。

それが、なぜか 川に一羽だけ居付いていました。

羽色からメスだと分かりましたが、オスは見当たりません。

ウミアイサさんは水に潜るのが得意です。

海から川に迷い込んで来たのかな。

川は汽水域(海水と真水が混ざり合う水域)なので、
別に居たって不自然ではないのでしょうけれど。。

一緒に渡って来た仲間と はぐれちゃったのかもしれないなぁ。。

と、気をもんでいたお節介のワタシでしたが、

この日は何だか様子が違いました。


夕暮れ時、この水域に居着いているアオサギさんが、
ボ〜っと立ち尽くす水際に、

カワセミのメスが飛んで来ました。
(♂と♀の見分けはクチバシの色で分かるのデス。)

アオサギさんは、小さな小さなカワセミさんと
比べると非常に巨大なのですが、
カワセミさんは怖じる事なく
石の上にちょこんと座りました。

すると、そこに、例のカワアイサさんが
水の中からザッパ〜ン!と豪快に登場( ̄□ ̄;)

餌場にやって来た侵略者を攻撃したりして;;;と、ドキドキ。

しかし、心配はご無用!

威嚇したり、攻撃したりする素振りは一切無く、
三者で何か話し合っている様子。


まるで県知事(アオサギ※)と諸外国(ウミアイサ)の
首脳会談って感じかな?

(カワセミさんは、さしずめ通訳といったところかしら^w^)

 ※サギは、徳島県の県の鳥に指定されています。


女子ばかりなので、
水鳥達の水際女子会ってトコでしょうか〜( ̄∀ ̄*)w

(画像をクリックすると拡大できます)
クリックすると元のサイズで表示します

そこへ小魚の大群が廻って来たのか、

ウミアイサ女史の食欲に火が付いた模様

それに感化されたか、カワセミ女史も、
水の中へチャポーンと飛び込んでは、
菜箸のような長いクチバシで

小魚を上手く挟んでゲットし、
得意そうに小魚をピラピラさせては 

アゥッ♪ゴックン♪とひと飲み


食欲旺盛な2羽を見下ろし
あっけに取られているのはアオサギ女史です。

アオサギ女史は、幹事さん?


小さな身体のカワセミ女史は
早々にお腹が満たされたようで、
もう帰っちゃうらしい。

(画像をクリックすると拡大できます)
クリックすると元のサイズで表示します

ウミアイサ女史は、水に顔を突っ込んだまま、
ひたすらウハウハ♪

 食い気に走っています。

タダ飯とあらば、ガッツリ行くタイプですね?


アオサギ女史の表情に焦りが見えるのは
ワタシだけでしょうか(笑)

(画像をクリックすると拡大できます)
クリックすると元のサイズで表示します

ここのディナーのお勘定は、
最終的にアオサギさんが持たされそうな。。


楽しい水際女子会を垣間見る事が出来ました(*⌒▽⌒*)


野鳥界にも国際法が有ったりしそうです。



ショップ lu-xに来てね(^O^)/

21



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ