東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/6/10

虹を架ける人、ジェリー・ガルシア  Rock N Roll

旧知のミック吉村さんhttp://d.hatena.ne.jp/bearsmick/
に刺激されて? ぼくも手持ちのデッド シャツを披露し
たいと思います

クリックすると元のサイズで表示します

時計回りにフィル レッシュ公認のガルシア右手の手形シャツ
ガルシア死後に作られた『永遠に〜』シリーズのひとつ
そしておなじみ『スケルトン』です
いやあ もう着過ぎ〜洗濯し過ぎで首回りはボロボロなんですが(笑)

ちなみに『永遠に〜』シリーズの背は こんな風になっています

クリックすると元のサイズで表示します


デッドの心持ちとか音楽性の豊かさに関してはさんざん書いて
(あるいは書かせていただいて)きたので でここでは繰り返
しませんが デッドは時と場所を選ばず あなたに微笑みます

いつか立ち表れる虹のように





2010/6/11  17:08

投稿者:obin

BROWNSUGARさん、コメントありがとうございます
ベア(9種くらい集めました)を含めてデッド グッズは判っちゃいる
けど止められない、、、の世界ですね^ー^ やはりこういう遊び心は
忘れたくないというか 未だ『ヨーロッパ72』のシャツを持っていな
い自分が情けないです(笑)

8月に貴店で記念写真を撮りましょう!

2010/6/11  12:11

投稿者:BROWN SUGAR

あ〜、手前の「Athletics」のTシャツ、色違い(オレンジ)で持ってます^^
もっともぼくのも首回りボロボロ、色あせ酷いですが(爆)

我が家のTシャツ棚ひとつ分が全部Dead関連Tシャツなので、
これからの季節、店着になる頻度自ずと高いです(笑)
どーでもイイハナシでスミマセン・・・^^。

http://blogs.yahoo.co.jp/bsgrsmustang73/

2010/6/10  19:06

投稿者:obin

ミックさん、コメントありがとうございます
ちなみにこの前も川村恭子(同業)とホンク@BYGで一緒でした

私のことをおじさまなどと言うから
「川村、歳をばらすぞ!」と脅しておきました(笑)


2010/6/10  15:30

投稿者:ミック

いやぁ、良いですねぇ。
デッドTシャツで大集合して遊びたいものです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ