東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/8/1

高円寺のDJ会、楽しかったです  Rock N Roll

まずは私のプレイリストを

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Spencer Davis Group/ Gimme Some Lovin

King Curtis/Memphis Soul Stew

Elvis Presley/ I Got Stung

Dave Edmunds/I Knew The Bride

The Who / Summertime Blues

The Who/ My Generation

Stray Cats/Runnaway Boys

Creation/Spinning Toe-Hold

Paul McCartney & Wings/ Silly Love Song

Roogalater/Love And The Single Girl

Wes McGhee/Mezcal Road

Sir Douglas Quintet/ Nitty Gritty

Carole King/Sweet Seasons

The Marvelettes/海のなかには魚たちがいっぱい

Van Morrison/Did Ye Get Healed?

Jesse Winchester/Let Go

クリックすると元のサイズで表示します

いやあ 先週のバードに続いて楽しかったです^0^

クリックすると元のサイズで表示します

まずは隅田監督と

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じでいつもやっています

クリックすると元のサイズで表示します


S氏はブルーズ中心のいい選曲でした

クリックすると元のサイズで表示します

Y氏自慢のシングル 欲しいなあ〜

クリックすると元のサイズで表示します

彼が着ているTシャツにピンと来た人は
相当のパブ ロック フリークどす(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ビールと枝豆と音楽と これがなくっちゃね

クリックすると元のサイズで表示します

お嬢さんとMC5
ジョー バターンからキッスまで ナイスな選曲でした!

クリックすると元のサイズで表示します

だんだん盛り上がってきました

クリックすると元のサイズで表示します

ダグ サームとS氏です

クリックすると元のサイズで表示します

F氏は広報担当者? ^0^

クリックすると元のサイズで表示します

ぼくも昔 必死で探したロックパイルの7's
懐かしいっす
時計回りに デイヴ エドモンズ、テリー ウィリアムス
ビリー ブレムナーそしてニック ロウ
いい四人組でした

クリックすると元のサイズで表示します

ぼくはシングル盤中心に
「Gimme Some Lovin'」から

クリックすると元のサイズで表示します

8月14日には 大井町グルパラで
奥山さんと一緒にエイモス ギャレットを語り尽くしますので
こちらも よろしくお願いします

クリックすると元のサイズで表示します

みなさん、お疲れ様でした! またね!^ー^

クリックすると元のサイズで表示します

アルバムごとにどんどん良くなっていったジェシの81年作
故ウィリー ミチェルが制作を手掛け むろん録音はメン
フィスのロイヤル スタジオが選ばれた
ミディアムで運ばれてくる甘酸っぱい風のような音楽がここに



2010/8/1  15:50

投稿者:エル・テッチ

小尾さん、こんにちは
先ほど、スワンプ・ポツプの記事にコメントしたところですが、ページをスクロールしていったら、又も嬉しいプレイ・リストと、楽しそうな写真を拝見して、書き込みたくなりました。
今回、私が反応したのは、Wes McGheeです。生粋の英国生まれの偽テキサンですね。
懐かしすぎます。アナログ盤を探しましたが、すぐには発見できそうにありません。
Roogalatarのチョイスも渋すぎます。
Gimme Some Lovinの選曲は、先だって、ジェイクとエルウッドの思い出について、しみじみと懐かしんだとろでしたので、やはり感じるところがあります。
そして、もちろん、レアな7インチ盤を持って、嬉々として写真に納まられている面々には嫉妬しかないです。


http://fanblogs.jp/eltetti1/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ