東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/8/1

Wes McGeeの音楽は素晴らしい!  

フタミくん

昨日はお疲れ様でした
自分が初めてした取材がデイヴだったので 今もよく
覚えていますが 彼にルイジアナスワンプのコンピを
プレゼントしたことは 正直忘れていました(こんな
ウブな時代があったんだ〜自分が忘れ他人が覚えている
自分〜)レジー レスターの件とともに ありがとう
ございます Wesのライヴはロンドンで見ましたが
名曲「Neon And Dust」をお客さんとハモったりと
めちゃ感動しました

エルテッチさん

Wesへの反応、嬉しいです 「Mezcal Road」は作者で
あるジョー キング カラスコのヴァージョンも良いで
すが Wes版も非常に素晴らしいですね
彼がオースティン一派(フレッド カークからキミー
ローズそしてポンティ ボーン、アルヴィン クロウまで)
と演奏したライヴ盤がとくに私は好きです
Wesやブッチ ハンコック、ジョー エリー(クラッシュ
と英国ツアーを敢行した)らがいなければ 現在のオース
ティンの活況もなかったかもしれません

クリックすると元のサイズで表示します

ウェスのアルバム群
英国人ながら本気でテキサス音楽に取り組んでいったその
姿勢は やがて英パブ シーンにも支持され 地下水脈で
大きな原動力となっていった バラム アリゲイターズが
お好きなら ぜひ!



2010/8/3  8:17

投稿者:obin

エルテッチさん、オビワンケノビをご紹介頂きまして
誠にありがとうございます
私も本日のlogでフォガティのことを書きましたので読んでみてください
「Big Train From Memhis」は 私も大好きなナンバーです!

2010/8/2  2:07

投稿者:エル・テッチ

obinさん、こんばんは
皆さんが、obinさんと呼ばれていますので、私にもobinさんと呼ばせて下さい。
実は、このコメントは、途中までタイプして、一度打ち直しています。
「Obinさん」とタイプしていて、ふと思いつくことがあったからです。
Wes Mcgheeについては、LPを探しましたが、中々発見できません。
写真に写っているWesのLPでは、横顔のイラストのものと、左の帽子をかぶったもののみ、記憶があります。
まあ、見つかっても、追加コメントをするほど知識がありませんので、Rocin Sidneyについて、コメントしようと思ったところ、ふと、先ほどのObinさんに関することと合わせて、1本記事を思いつきました。そして、先ほど書いてアップしました。
よろしけれは、のぞいてみて下さい。

http://fanblogs.jp/eltetti1/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ