東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/8/17

where’s dave ?  

エルテッチさんが話題にされていたので
DEの84年作『Riff Raff』を久しぶりに聞いてみました

唯一の聞き所はテッチ氏がレジーレスター「sugar coated
love」にそっくりだと指摘された終曲「cant get enough」
というブルージィなシャッフル曲でしょうか
ブルーズ ハープも効果を上げています
(作者はデイヴ本人と一応なっていますが まあ改作の
ヴァリエイションといったところ)

83年の『infomation』同様 最も思い入れのないデイヴの
アルバムです(英国盤を揃えずにアメリカ盤のみで済ませ
しかも未だにシールド付きというのが この作品に対する
私の態度を物語っています)

デイヴなりにモダンポップの要素を取り込んだアプローチは
それなりに理解するのですが 彼のロックンローラーとして
の資質が発揮されているとは 私はどうしても思えません

音はいわゆるメインストリームの80年代バブリーサウンド
(グランジ世代の蜂起も解るような)

しかし デイヴは自宅録音のマニアでもあるのです
オーガニックなバンド サウンドを好む一方で
こういうお宅っぽいサウンドも大好きなのです
それを認めつつも 何だか寂しいぜ、デイヴ

本人としては両刀使いの片方の
80年代的展開だったのかもしれませんけど、、、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現行CDとは違う83年と84年のアメリカ盤でのデイヴです






2010/8/24  18:30

投稿者:obin

>人見さん やはりユーモアの感覚は とても大事ですね
佐野さんにしても 人見さんが指摘されていたように
(天然の?)ユーモアがしっかりと彼のなかにはあります





2010/8/22  5:25

投稿者:人見欣幸

 エル・テッチさん、小尾さん、御返事有難う御座居ます。

 僕も「笑えるかどうか」は大きな好き嫌いの基準です。勿論、その順列や線引きは千差万別、音楽の好み並み(以上)の個人差が有るのでしょうけれど。
 その線引きをR&RとHR/HMという境界に置かれていらっしゃるのですね。僕はHRとHMの境界にそれを重ねているクチです。HRが「痛快」、HMが「豪快」という書き分けでしょうか。勢いがあっても笑えないとあまりのめり込めませんよね。
 それと「自虐的な距離感の内包」とでも形容すれば良いのでしょうか。それも僕の中では大事です。

 エアロスミス、AC/DC、大好きです。九十年代のエアロスミスは若干「豪快」寄りで苦手でしたけれど、まぁ「大好き」の範囲内での話。

http://hit2japan.exblog.jp/

2010/8/20  5:44

投稿者:obin

人見さん、コメントありがとうございます

ブラック クロウズは最近はご無沙汰だったのですが
かつての『サザン ハーモニー』などよく聞いたものでした
ぼくにとってはレナード スキナードやジョージア サテライツ
と同じ感覚で聞けるロックンロール バンドです

ぼくは ロックンロールとHR/HMとの違いは 実は”ユーモア”の
感覚があるか否かだと思っています
そんな意味ではエアロもAC/DCも ぼくにとっては立派なロックン
ロールバンドです そしてフランク ザッパはユーモアの塊のよう
な人でした(ネタによって人が不愉快になるのは解りますが)

現在何度目かの失速中のエアロスミスですが 元気で戻ってきて
ほしいと思います 

Let The Music Talk !


2010/8/20  1:33

投稿者:エル・テッチ

人見さん、はじめまして、エル・テッチといいます。
横からチャチャを入れて申し訳ありません。
私も、ブラック・クロウズは、どうしても、南部詣でこそしたけれど、あくまでハード・ロックというイメージがあって、ほとんど聴いてないくちです。
でも、1stと2ndくらいまでは聞きかじっていました。
私にとって、ブラック・クロウズは、「ハード・トゥ・ハンドル」です。
このOtis Reddingの必殺カヴァーがある限り、私には忘れられないバンドです。ワーナー(アトランティック)の音源がブロックされるので、手をつけていませんが、オーティスとクロウズ版「ハード・トゥ・ハンドル」のMix動画は、ずっと作りたいと思っている1曲なのでした。

http://fanblogs.jp/eltetti1/

2010/8/20  0:10

投稿者:人見欣幸

小尾さん

 いえいえ、ジェフ・リンは思いっきり「メインストリーム」の、しかも「ポップス」という側面(扱われ)も強いですから。周囲にも ELO は苦手な R&R ファン、多いです。
 何より「粋」ではありませんよね。研究家傾向が強いというか。

 「お許しください」だなんて、そんな。むしろこちらのブログには極めて不似合いな名前を挙げてしまい、「御許し下さい」はこちらの台詞です。実は少し躊躇しました。

 因みに、小尾さんの中では、ザ・ブラック・クロウズは○×どちらですか?
 僕は彼等が殆んどハード・ロック/ヘヴィ・メタルの文脈でしか語られていないのを嘆いている一人です。ストーンズ、デッド、オールマンズ的な要素を持ち、ファンク魂も持ち、フェイセズとパイの良いとこ取りでもあると思っています。
 この二十年の間にデビューしたバンドの中で指折りで好きなバンドですが、残念乍ら今年一杯で活動休止。まぁ二度目の休止なので、ザ・フーみたいにやりたくなったら何度でも活動を再開してくれる筈だと楽観視しています。

人見

http://hit2japan.exblog.jp/

2010/8/19  22:02

投稿者:obin

ぼくは逆にジェフ リンは好きになれないのです

どうしてベースとギターとドラムズの隙間(それも大切な隙間)に
シンセのピコピコ〜を入れなければいけないのかが
少なくともぼくには理解出来ないのです

デイヴもその影響でサンダーバーズ「タフ イナフ」で
同じアプローチをしましたが これも嫌でした

この問題は嗜好や世代の違いでもあるので 別に自分と異なる意見が
あっても全然いいのですが ぼくは嫌なんですね

人見さんがどうこうでは勿論なく
自分のロックンロールに対する審美眼は
まさに ここにあるのでお許しください







2010/8/19  21:31

投稿者:人見欣幸

 ジェフ・リン好きで、八十年代に十代だったせいもあるのでしょう、僕は「インフォメイション」も「リフ・ラフ」も嫌いではありません。まぁ「好き」という基準が低いだけで、他のアルバムに較べたら下だとは思いますが。

 1979年暮れに開催された「カンボジア難民救済コンサート」のTV放送(1981年?)は僕の世代が英国ロック、パブ・ロック、ニュー・ウェイヴに触れる大きな切っ掛けでした。LP は今でも愛聴盤です。
Wings
The Who
Elvis Costello & The Attractions
The Clash
Queen
Pretenders
Specials
Ian Dury & The Blockheads
Matumbi
 クイーンとウィングズぐらいしかちゃんと知らなかった僕が、動くザ・フーをちゃんと観たのはこれが初めて。驚きました。それから、特にイアン・デューリーとプリテンダーズ、そしてロックパイルに夢中になりました。

 後にレニー・クラヴィッツが出て来た時には「新しい復古主義」等と騒がれましたが、基本的にはデイヴ・エドモンズの若版として歓迎していました。

 ロックパイルのビリー・ブレムナーは、沢田研二のロンドン録音『ス・ト・リ・ッ・パ・ー (1981)』収録の佐野元春作品「バイ・バイ・ハンディ・ラヴ」他でリード・ギターを弾いていますね。このアルバムの録音にはポール・キャラックも参加、そして実はデイヴも参加してくれる予定だったのだそうです。しかし彼の身内に不幸があり実現しなかったとか。エキゾティクスのメンバーで現在もジュリー・バンドのメンバーである柴山和彦さんから聞きました。

人見欣幸

http://hit2japan.exblog.jp/

2010/8/18  14:21

投稿者:obin

キマるときはおっしゃる通り『D.E.7th』のようにキマりまくる
のですが アルバムによってムラがあるのも この人らしい

「俺モダンポップやりたかったんだけど オビンのようなロックン
ロール原理主義者がうるさいから一曲くらい『cant get enough』
のようなシャッフルビートでも(免罪符として)やっておくかあ〜」

本人にすればそんなところでしょうか(笑)

う〜ん、男は黙ってサッポロビール!



2010/8/18  1:50

投稿者:エル・テッチ

obinさん、こんばんは
早速のジャケットの紹介、ありがとうございます。
やはり、Daveファンの多くは、この時期のアルバムに不満を持っていたんですね。フタミさんも、同じようなニュアンスの書き込みをされていました。
J. Geils BandのWaitは、Infomationではなく、DE7thでやってほしかったです。

http://fanblogs.jp/eltetti1/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ