東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/2/4

犬の会DJの報告です  Rock N Roll

いやあ毎度のこととはいえ 楽しくて時間を忘れるほどでした
飛び込みで回して頂いた文屋章さん、
わざわざ来て頂いたオレンジ・カウンティ・ブラザーズの谷口さん、
ありがとうございました
谷口さんとは今まで以上に話せて良かったです

僕のプレイリストです
face One
1 佐野元春 アンジェリーナ(ミッド ボトム ヴァージョン)
2 佐野元春 冒険者たち (シングル ミックス)
3 ブルース スプリングスティーン E ストリート シャッフル
4 ダックス デラックス 法律と戦ったら法律が勝ってしまった
5 アレックス チルトン リトルGTO
6 サー ダグラス クインテット シーズ ア アバウト ムーヴァー
7 ビートルズ シーズ ア ウーマン
8 グレアム パーカー スリー マティーニズ ランチ
9 ウォーレン ジヴォン  俺は悪い人間の見本だよ
10 ジヴォン   エクサイタブル ボーイ
11 ザ クラッシュ 俺はくたばりはしない
12 ザ クラッシュ 革命ロック
13 ザ クラッシュ トレイン イン ヴェイン
14 ザ クラッシュ ロック ザ カスバ

face Two
1 佐野元春 シャドウズ オブ ザ ナイト
2 ボブ ディラン ラヴ マイナス ゼロ
3 デヴィッド ボウイ 音と見識
4 テリー マニング ワン アフター909
5 インメイツ ザ ウォーク
6 ルー ルイス ブギ オン ザ ストリート
7 ザ ボス  ロザリータ
8 ザ クラッシュ もし音楽が語るのであれば

あとガレージ ロックの禁猟区を守護する男、ササキトシヤと
僕はしばらくチームを組んでDJすることに決定しました
むろんソロ活動もあれば 別の形態もあるのですが
ちょっと面白い奴なので、、、







2007/2/5  7:30

投稿者:taniyan

こちらこそ、お話しするのを楽しみにしてたので感激でした。ヨロシクお付き合い下さい。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ