東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/2/26

彼女の海、僕の砂漠  Rock N Roll

退職届とは別に
地方の営業所で働かれている先輩や後輩のために
社内メールの一斉送信で その旨を伝えた

もう見ることは出来ないのだが
先週の時点で幾人かの方々から 労いの言葉を頂いた
なかには電話をくれた後輩もいた

一番最初にレスをくれたのは 僕が以前いた部著で働く
アルバイトの女の子だった
ここに転載しても むろん問題はあるまい

「長い間 大変お疲れ様でした
私がアルバイトの面接に来た時、小尾さんは店売にいらっしゃいました
それが 私が小尾さんと初めてお会いした日でした」

何もつけ加えることはない
僕は彼女とお茶すらしたことはないし
彼女がいう「その日」のことなど 残酷なことにまったく覚えてはいなかった

他人のなかに自分が生きている ということは以前も書いたけれども
つまり そういうことだ
彼女の海に 僕という乾ききってしまった魚が 生かされていたのだ

温かい思いだけが残り 
オフィスの床に木霊していた

彼女がいつまでも
そんな記憶の持ち主でありますように









コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ