東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/4/17

定型外の無頼ブルース〜トニー・ジョー・ホワイト  

昨日トニー・ジョー・ホワイトを渋谷のクアトロにて

濃密な夜だった
冒頭の弾き語り「リッチ・ウーマン・ブルース」
(要するにヒモの歌)から
あたりの空気を一瞬にして変えてしまう磁力は
まさにリアル・ブルースの極北と言えるほど

ルイジアナの闇夜にす〜っと糸を引いていくような
ダークな作風をもった曲が
バリトン・ヴォイスとフンパーストンパー(註1)と
ハーモニカによって息吹を与えられていく

寺田くんや和久井さんとも話したように
相方のドラマーが繰り出すビートは直線的で
もう少し横揺れのグルーヴが欲しかった気もしたが
そこら辺のことは 案外トニー自身は
あえて「立て振り」を欲っしているのかも
ジョー・ヒル・ルイスのワン・マン・バンドのように

昼間 仕事でちょうどドンカマ(註2)相手のローウェル・ジョージの
デモ吹き込みを聞いていたせいもあって
ベースレスの場合 グルーヴをどう認識するかという
ことも いろいろ考えさせられた

それにしてもワウワウを踏み込んでざくざくと
切り込んでいく迫力は悶絶級
「俺は昨日監獄から出てきたんだぜ」と言われれば
信じてしまいそうな業の深さ
まさにブルースだ

しかもギター・ヒーロー伝説や
ホワイト・ブルースの文脈には収まらない
圧倒的なデルタ感覚がトニー・ジョーの骨子だろう
そう ジョン・リーからRLバーンサイド
ジョン・スペンサーに繋がっていく流れのど真ん中に
彼は鎮座していた

いやあ ディープな夜を堪能しました
終演後は増渕英紀さんやオレンジ・カウンティの谷口さんたちと
軽く一杯!

そういえば開演まえにユニオンで 偶然「トニー・ジョー」
(モニュメント時代のサード・アルバム)の日本盤を1000円で捕獲!
別ジャケットでかっこいい!
ライナー担当は八木誠氏
執筆日付は70年10月となっている


(註1)「フンパーストンパー」
 ワウワウをはじめとするペダル・アタッチメント
 を総称する
 トニーのアルバム・クレジットには殆ど必ず
 用いられている

(註2)「ドンカマ」
 簡素なドラム・マシーンのこと
 デモ演奏などを一人で宅録する際
 「伴侶」となる
 









2007/4/20  8:13

投稿者:obin

トノムラくん、17年ぶりくらいに
こんにちわです
まさに「生きていればそれでいい」、、、
トニー・ジョー 横浜も良かったです

2007/4/19  23:04

投稿者:トノ村シンジ

もう、何年前のことでしょうか?メルリ渋谷で働いていたものです。トニー・ジョーで検索してたら、ひっかかりました。
ボクは大阪公演行きました。最高でした。

http://www.amigo2.ne.jp/~capjuby/

2007/4/17  18:24

投稿者:牛心obin

放蕩息子のシラスちゃん、昨日はどうも!
いやあ 鼻血ブー級のワウかまし、、、
凄かった! 新作の印象から
もう少し枯れた展開になるのでは、、、
という一抹の不安は嬉しく裏切られました

シラスちゃんの意見は本質を突いているね!
異形です オルタナです
牛心隊長とジョイントして欲しいよね





2007/4/17  17:24

投稿者:江戸シラス

昨夜のトニー凄まじかったっすね!
60才過ぎてあのテンションは凄すぎる。。

ライブ中、ふとリンクレイや牛心隊長のスタイルが
頭をよぎり、キングオブスワンプとか
いわれているけど実はかなり異形の南部人
なんじゃないかと思いますた。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ