東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/4/24

ロック音楽は言い訳をしない  Rock N Roll

ビル・ワイマンの写真展を見に新宿へ

彼の写真が技術的にどういうレベルなのかはともかく
ローリング・ストーンズの一員だっただけに
メンバーも打ち解けた表情でカメラに向かっている
なかには渡英した際のジョン・リーをモノクロで撮った一点もあり
胸を掻きまわされるような気持ちになる

それにしてもストーンズの視覚的な美しさといったら!
僕はルックスやスタイルというものも才能だと信じているので
ワイマンの目線で追いかけていくミックやキースの姿に
ただただため息をつくばかり

容姿という神から導かれた才能
音楽への切れ目のない献身という無償の情熱
それが折り重なり 結晶したのがストーンズだ

でも 本当に凄いのは その才能を信じて
あるいは信じようとして
彼らがグループを組んだことだと 僕は思う
どうなるかもわからない未来に向かって

世の中には いつも言い訳ばかりをしたり
ああすればよかった
こうすればよかった と繰り返しているだけの大人で
溢れている

そうしたかったら そうすればいいのに
行きたい場所があったら 行けばいいのに
どうして旅に出なかったんだ 坊や

音楽を信じるという行為ほど
音楽家を支えるものは たぶんないし
それに賭けた人ほど 強いものはない

使い切れないほどの金を稼いだ
シャンパンの風呂と 女たちの甘い誘惑に溺れた
集金ツアーとも揶揄され
ジョニー・ロットンから唾を吐かれた

現実に満足出来ないから
今日もストーンズは演奏する
圧倒的なリスクを抱えてもブッシュ政権に
ノーを叩き付ける
(彼らのファンでこの点に言及しないのは
不幸なことだ)

満足出来ない人間は 転がり続けるしかない














2007/4/25  15:53

投稿者:通行人

≪訃報≫
キース・リチャーズの母、ドリス・リチャーズが4月21日に死去。享年91。

2007/4/24  18:16

投稿者:obin

ワイマンの写真展@新宿伊勢丹は
残念! 本日終了です
惜しかったですね 無駄足にならないよう
書きました
ご了承下さい^−^

2007/4/24  17:50

投稿者:みしお

ビル・ワイマン大好きです。
いいことを教えていただきました。わたしも行ってこよう!!
今度の日曜日、国境の南でDJナイトやります。みんなでワイワイ音楽を聴いて飲んで、しまいに歌って演奏して……みたいな会になると思います。おびっちさんもよかったら来てくださいね!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ