東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/5/31

房総の海  

もう遥か昔のことだが
夏の外房を旅したことがある
御宿のもう一つ先の 確か大海という場所だったと思う
なだらかな丘を下っていくと
潮の匂いが鼻を突き
視界が一気に広がってくる

ただし 外房らしい荒々しさもあって
海岸は 見た目には無愛想なくらいの表情を見せる
それがまたいいんだ
観光の町というには いささか朽ちているような

川本三郎が書いた本で
残念ながら今部屋から探せない状態なのだが
つげ義春が歩いた千葉を再訪した書を愛読した時期がある
そこに描かれる房総のスケッチは
僕に いやがおうにも失われてしまったものを
思い起こさせる

そう 駄菓子屋のせんべい瓶や
みやげ屋に売っている埃に塗れた花火セットのように









2007/6/3  9:32

投稿者:obin

june さま

拙書を愛読して頂き ありがとうございます
その本の増補版を7月に発売致します
全編をリニューアルし また新しい原稿も書いてみました
買い直して頂く価値がある内容にしようと
僕もスタッフも今一生懸命取り組んでいますので
よろしくお願いします

           小尾

2007/6/3  2:26

投稿者:jack

小尾さん御快諾ありがとうございました。
早速リンクをさせていただきました。
今後ともよろしく御願い申し上げます。

http://gray.ap.teacup.com/jacksmusic/

2007/6/2  20:52

投稿者:june-1296

97年に出版なされた「Songs」、岩波新書の長田 弘氏の「アメリカの心の歌」と共に時々、読み返しています。この2冊でジョン・プラインのファンになりました。

http://ameblo.jp/june-1296

2007/6/2  17:09

投稿者:obin

Junesaさま、ありがとうございます
まさにそのタイトルの本です
仰るとおり 素晴らしいですね
川本氏の観察眼に私も感銘を受けました

確かNTT出版の新書判でしたね

2007/6/2  13:46

投稿者:june-1296

川本さんの本は「火の見櫓の上の海」ではないですか。素晴らしい本でした。

http://ameblo.jp/june-1296

2007/6/2  13:06

投稿者:obin

マイド! Mr.99
幼い頃の記憶というものはやはり夏の風景と
結び付いていたりするものかもしれませんね

いよいよ大詰めの作業があったりして
毎日バタバタしています
またゆっくり蕎麦でも
蕎麦希望者は現在若干三名様也^0^

2007/6/2  12:21

投稿者:Mr.99

小尾さん
お久しぶりです。
退職記念に江古田でストーンズとアルスチュアートをプレゼントした以来かなぁ。
また蕎麦食べましょう!
さて今回反応したのは外房の太海です(大海ではないよ)。安房鴨川の隣駅で30年ぐらいの夏の日に行ったことを思い出しました。確かに小尾さんの記憶どおりの荒々しい風景でしたが何かに惹かれるような哀愁がありました。
一緒に行った父はこの2月に他界しました。

2007/6/2  6:31

投稿者:obin

マイド! です
まったく問題ございません
弊blogでよろしかったらご活用くださいませ

2007/6/2  5:53

投稿者:jack

小尾さん
僕も新しいブログを作りました
リンクさせていただいてよろしいでしょうか?急な御願いですがよろしく御願い申し上げます。洋平
http://gray.ap.teacup.com/jacksmusic/

http://gray.ap.teacup.com/jacksmusic/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ