東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2008/3/8

正義が音楽なら信用するな〜フランク ザッパが教えてくれた  

というわけで 今日は正論を言う奴ほど信用出来ないというお話
というのも ちょっと喩えは乱暴かもしれませんが
社民党の辻本クンが普段言っていることはある意味正しいのかもしれません
しかし こんな女が普段近くにいたら疲れるだけだよなあ というのは
多くの人の本音かもしれません
そこら辺で正義を振りかざしている共産党や公明党のおばちゃんでも
まったく同じことなのですが
彼らに欠けているものがあるとすれば
それは届くべき言葉であったり ユーモアであったりします

たとえばですよ
まあ普通の人であれば戦争には反対だし 増税にも反対です
それはまさに”窮屈な正論” なんですね
治安の悪さや教育の荒廃を叫ぶことも正論でしょう
しかしそんなことばかり言っている人間はどこか
うさん臭く感じられるのもまた事実
捕鯨反対の連中にしてもまた然り
一応に思うのは彼らの余裕のなさだけだったりします
(ちなみに僕は捕鯨賛成派なのですが)

フォーク ソングもパンク ロックも残念ながら
そうした罠にはまってしまった音楽かもしれません
(だからディランもクラッシュもそこから脱皮した)
人の心を捉える音楽というのはもっと別のところにあるような
そんな気がしてなりません

よく仕事仲間と話すことは
メタファーに敏感であれ ということだったりします
古今東西 優れた表現というものはそういうものですし
そのことに気が付くという訓練もむろん必要ですね
そして わかりやすいことを疑えという態度もまた訓練に
他なりません












2008/3/15  23:41

投稿者:obin

そういう意味で言えば
孤独なくらいがちょうどいいのかもしれない
何も考えていない”群れ”に属することより
きっと そこに価値がある

2008/3/8  22:59

投稿者:Almost Prayed

音楽について言えば、音楽そのものが直接、政治や社会を変えることはないでしょう。しかしその音楽の中に、もし本当に聴き手の心を打つものがあれば、音楽とは個々の聴き手の考えや価値観などに、何らかの深い影響を及ぼすものであることは間違いないでしょう。それは、ときにはメロディーだったり楽器の音色そのものだったり、その作品によってさまざまでしょうが、いずれにせよ、そういう意味においては、音楽とはよく言われるように、やはり「音楽は無害であってはならない」ものなのだと思います。音楽ファンのひとりとしては、音楽が無菌化・画一化された工業製品のようなものであってほしくない、と強く願います。

社会的(政治的)な内容を、非常に的確に自作の中で活かしている存在としては、自分はロバート・ワイアットや、近年だとステレオラブを思い浮かべます。

物事の本質を知るために絶対に必要なのは、やはり自分自身の洞察力を磨いて、自らの意思で判断・行動することに尽きるのでしょうね。ボブ・ディランが「ときに悪魔は平和の人としてやってくる」(“Man Of Peace”)と歌ったように、たとえ「正義」を掲げる世論が世を席捲したとしても、それが常に真実や一般的な良識を反映したものであるとは限らないわけですから。表面的な雰囲気に惹かれるのでもなく、安易に「多数派だから」と流されるのでもなく、まずは自分自身で考えて、自分なりの意見を持つことが必要だと思うのです。

2008/3/8  10:46

投稿者:G

辻本清美みたいな奴がいなくなったら
世の中もっとやばいよ
叩く相手が違うと思うよ

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ