東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2008/6/22

6月21日〜21世紀の子供たち  

普段は読むことのない『ミュージック マガジン』が
CDの売れ行き現状に関する特集を組んでいたので
じっくりと久しぶりに目を通してみた

ダウンロードで好きな曲だけを無料や有料で
取り込み i-podなどで聞くことがもはや主流なの
だろうか?
パッケージ商品としてのLPやCDはやがて淘汰されて
いくだけなのだろうか?
あるいは ”アルバム”の概念はどこに?

何だか実感が湧かないし
寂しく またヴァーチャルな光景だとも思う
僕が 年寄りだからそう感じるんだろうか?
いや 僕よりずっと若い人たちでも
パッケージやアルバムというコンセプトに
共鳴する人たちは 幾らでもいる

ただ 原田尊志さんが指摘されていたように
アジアやアラブ諸国の人々ほど 切迫した気持ちで
音楽そのものを享受してこなかったことや
コレクター的な一種のフェティシズムが拡大されて
しまった日本の風土に関しては
考え直してみる必要がある
(紙ジャケ マニアとか これは僕の個人的な感想
なのだが 肝心の音楽をどれだけ聞いているの? 
という感想もある=プラスティック ケースの安い
中古CDを買うビンボーな僕のヒガミもあり^0^)

ここ数週間  殆ど気分が晴れなかったので
夜は 中目黒のバードソングで梅澤くんと飲みながら
談笑した
話の内容は「ネットのようなあまりに手軽にアクセス
出来る環境を手にした一方で 勘違いをする人間や
人との距離を正確に保てない人たちがすごく増えてき
た気がする ある意味 人に対する尊厳や配慮そして夢
のようなものが失われているのかな」

そんなこと
そんな話

「人は何かを得るたびに 何かを失うのかもしれない」
これはむろん
フィリップ マーロウの至言である




















2008/6/23  0:17

投稿者:sendaix

obinさん
コメントありがとございます。

これは僕の性格上の問題もありそうですが、
マイスルは一曲が長いので、ipoだとつい他の曲に目移りしてしまってます。
持ってないですがオン・ザ・コナー完全版などはipodだと一生聴けないと思います(笑)
ipod批判ではないですが、アルバム何千枚もはいるというのは、いいことではないような気がします。これからはなるべく原音で聴きたいなと思ってます。


中古のプラケ盤はいいですよね。最近はヴァン・ダイク・パークスが安く出ていますね。
ディスカバ アメリカがすごい好きなので、他もあつめてしまおうかと思ってます。

『ナイトビート』、『ハーレムスクエアライヴ』どちらも大好きなアルバムです。サムクックがビリーホリディーを唄ったアルバムがずっと欲しかったので、7月が楽しみです。

アキバの事件は僕はよく知らないので、上手く言えませんが、ワイドショーやら報道を見るよりメタボラを読んだほうが、絶対にあの事件について考えることができるとは思います(あんな過酷な体験をしたこはありませんけど)

長く文章を書いたので最後にちょっと。アメリカのいdaというインディバンドがいるんですが、彼ら(彼女ら?)はバンドのレヴォン・ヘルムとかも親交があるみたいで、ちょうどレヴォン・ヘルムとかバンドに興味を持っていたので、ちゃんとつながってるなぁと。只idaはバンドの音楽とは似ていませんが本当にすばらしいので未聴でしたら是非!

長くなりました。まだ長文は苦手です。
ではでは!

2008/6/22  22:55

投稿者:obin

おお sendaixさん こんばんわ

確かに『ミュージング オブ マイルス』や
『スケッチ オブ スペイン』を取り込んで
pcやipodで聞いても何だか雰囲気が出ないよ
うな気がしますね(笑)

CDもメーカーが初回限定とかあまり煽るよう
なものには抵抗を感じてしまいます そのぶ
ん安いプラスティックケースの廉価盤などは
バックカタログ本来の役割を果たしています
し 中古のプラケ盤は安くっていいですね
サム クックの『ナイト ビート』は素晴ら
しくブルージーなアルバムです まだでした
ら是非! 『ハーレムスクエアのライヴ』は
言わずもがな です

それはそうと『メタボラ』読まれたとのこと
桐野さんは今現実に起きていることをきっち
り書き込める作家だと思うし あの小説は怖
いくらいだったのですが アキバの事件など
をもっともらしく解説されたり 語られたり
するより ずっと説得力があり 示唆や想像
に富んでいると思っています 「世の中は選
択肢が多いように見えて全然ない」とは お
っしゃる通りかもしれません

それでは お元気で


2008/6/22  21:12

投稿者:sendaix

こんばんは。
CDに音楽以外の付加価値(例えば初回限定など)をつけてしまってから、あまりCDを買って音楽をきく意味みたいなのが、薄れてきている気がします。

世代的に(僕はぎりぎり20代です)ダウンロードには興味はないですが,僕もipodはつかっていて、一時期、取り込んではいたのですが、果たしてマイルスを取り込んだところでPCなり、ipodで聴くのだろうか....と。音もあまりよくないですし。

紙ジャケはパッケージがかわいいので稀に買います。只プレミア価格っぽくなっているのはコレクター商売なんだろうなとおもっていて僕も最近は安い中古のプラケースを買います。

7月にでるサムクックのリイシューは買おうかなと思いますが,あんなよさそうなものを限定生産というのはちょっとなぁ...と。
(しょうがない事情みたいなのはありそうですが)

書きそびれましたがメタボラよみました。フリーター兼、学生っぽいことをやっている身としてはちょっと「うわっと」思うことが多かったですが、まっすぐな人は(生真面目な人)は大変だなぁと、世の中は選択肢が多いように見えて全然ないですからね(笑)みんな無責任にひどいことをしているなぁと。

漫画なんですが「闇金ウシジマくん」という本がメタボラとよく似ています。

ではでは!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ