東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2008/10/24

世界はjames hunterのために  

90年代のヴァン モリソン バンドに駆り出された男
平成のリトル ウィリー ジョン
あるいは遅れてきた英国人ブルー アイド ソウル

いや そんな形容はともかく
私は彼をずっと前から応援してきた
ワンハンドレッド クラブで見たライブも忘れることが出来ない

彼の名前はジェイムズ ハンター!
少ない音で多くを言い当てる人
たぶん売れないだろうが いいじゃんか そんなこと

http://www.JamesHunterMusic.com





2009/2/15  23:30

投稿者:obin

ハンターは掛け値なしに良いですね
ご賛同ありがとうございます
イーライ ”ぺパボーイ” リードとともに
もっと注目されていい人だと思います

2009/2/15  22:41

投稿者:jahdac

レコード屋で流れていて思わず、この曲下さいっ
と店主に詰め寄ってしまいました。
すごくかっこよかった

うまくいえないけど、みなさんがコメントされているような丁度よさ?がたまりませんでした。普段黒人音楽をわりとよく聴いています。とにかくいい出会いでした

家に帰り、この人どんな人だろうと気になりこのブログに流れ着いた次第です。とつぜんすいませんー

2008/10/26  11:43

投稿者:obin

作り込み過ぎず 質実剛健で かつ気風が良い、、、と私の音楽嗜好をほぼ完全に満たすのがハンターの
ような音楽家です イーライ ”ペパボーイ” リー
ドのバンドもそうですが ウッドベースを使用とい
うのもヴィンテージな味わいを醸し出すのに一役
買ってますな 安くて旨い下町大衆酒場の如くです
ご賛同ありがとうございます



2008/10/26  10:44

投稿者:Almost Prayed

小尾さんのおっしゃる通り、確かに売れないでしょうけど(苦笑)、こういう人の存在があるからこそ、音楽シーンが豊かになるというものですね。自分はほとんど彼のことを存じませんけれど、彼のサイトで曲を聴いてみたら、これはまた何とも良い塩梅の音を鳴らしていますねぇ。

ロニー・レーンもそうでしたけれど、ダン・ヒックスとかタヴ・ファルコとか(ん、違うかな?)、UKではボビー・ヴァレンティノとか、こういう良い意味での「趣味人」にはずっと悠々自適での活動を続けてほしいものですね。だからこそシーンも豊かになるというものです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ