東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/4/11

Dear. Mr.Fantasy  

第二期トラフィック時代のウィンウッドで見逃せない
サイド プロジェクトがThird Worldの『Aiye-Keta』
(英Island 73年)だが 昨日偶然にもやっとオリジ
ナルLPを入手することが出来た

エアフォースのレミ カバカ、オシビサのアブダル
レシシ アマオそしてウィンウッドからなるこのトリオ
の音楽は ポリリズムを生かしたアフロ ファンク色
が濃密なもので ゆったりとフロウしていくウィンウッ
ドのオルガンも たまらない魅力を醸し出す

昨年の傑作『ナイン ライヴズ』*でもアフリカ的なリ
ズム アプローチが音楽に奥行きを与えていたが
やはり この時期の体験をじっくりと熟成させていった
のだろう

これまたスティーヴ ウィンウッドとは親交が深かった
故アンソニー リーバップ クワク バの『Reebop』
(英Lsland 72年)とともに 脱ロックの記念碑的な
意欲作として トラフィックのレコード棚のなかに入れ
ておきたい

*『ナイン ライヴス』
普段聞き手は漠然と「これはいい曲だね」といった感想
を言うが そんな意味ではウィンウッドは曲の人ではな
いというのが私の見解 あまり作詞に積極的ではないと
いうせいもあるのだろうが ソングライターというより
は 演奏*という行為に彼はより大きな価値を見出し
ている気がする 80年代には楽曲をコンパクトにまと
めあげるような試行錯誤もあったが やはりこの人が一
番のびのびしているのは オーガニックなグルーヴに
包まれている時 リズムのさざ波が寄せては返すような
含蓄ある演奏 各楽器の緊密な連携の究極を『ナイン
ライヴス』や『アバウト タイム』といった最近のアル
バムに聞き出すことが出来る ウィンウッドを聞いてき
て良かったと思える瞬間がここに

*「演奏」
楽譜に書かれた”曲”を再現するクラシック音楽とは
異なり ロックやジャズといったポピュラー音楽の多く
は 譜割りに還元出来ない肉体感覚(グルーヴ)に多く
を負っている 曲という枠に捕らわれず長い演奏をす
ることでウネリを生み出していくという美点は 例えば
グレイトフル デッドのジャム演奏などに見出せよう



















2009/4/15  12:48

投稿者:obin

カレー旨そう、食べてみたい
いつかフィービーさんに行ってみたいです!
ヘンリーの新作、あのヴィブラートが繊細なフレーズ
が最高! この人は「マイ ラヴ」のソロから
ずっとこの調子(笑)

2009/4/15  3:35

投稿者:BROWN SUGAR

おぉ〜、ご存知でしたか!
有難うございます&恐縮です(^^)
店はリンク先URLのようなカンジで
やっております。
大阪に来られることがあれば、
お会いしたいモノです。

そうそう、Henryの最新盤もイイですよね!

http://www.inlifeweb.com/reports/report_1967.html

2009/4/14  17:56

投稿者:obin

おお、brownsugarさん お久しびりです
確か大阪で今はフィービーを営まれている方かと
記憶しています(違ったらゴメンナサイ)
確かヘンリー マックロウやロニー ウッドの話
も以前させて頂きましたね

Third World 本当に素晴らしいです
僕はレア盤(一度vividでCD化〜今は廃盤)にして
は2980円と良心的な価格だったので購入したので
すが 予想以上に中身が良いので驚きました

今はYoungbloods『Good And Dusty』を
聞いています 春はやはりヤングブラッズっす(笑)




2009/4/14  14:23

投稿者:BROWN SUGAR

ブログいつも拝見しています!
Third Worldのアナログは、僕も昨年入手して凄くお気に入りの一枚になってます。
このアルバム周辺あたりが昨年の傑作"Nine Lives"に脈々と連なってきてるのだろうなぁ、と漠然と思っていたのですが、obinさんが同様のことをバッチリと書いてらしたので思わずコメントした次第です(^^)

覚えていられるかわかりませんが、だいぶ以前にBees Make Honeyの未発表音源CDのこととかでメールのやりとりした者です(笑)

2009/4/12  2:58

投稿者:obin

まさに自然なグルーヴかくあるべし、という理想の
人ですね。だから長尺曲でこそウィンウッドの良さ
が伝わる、そんなところではないでしょうか。
逆に言えば、心情に寄り添う歌詞とか泣かせるメロ
とかを計算ずくでプロダクトしてくる音楽に馴れて
しまった人には、良さを実感出来ないのでは? と
余計なことも考えてしまいます。

2009/4/11  20:43

投稿者:Almost Prayed

スティーヴ・ウィンウッドという人物は、早くから(表面的なジャンルに囚われることなく)グルーヴというものに対する飽くなき探究心(もしくは憧れ)を抱いていたのでは、と個人的には感じています。窮屈な紋切り型の8ビートにはない生き生きとしたリズムやグルーヴを求めていったら、自然とそういう方向へ目を向けたということなのでしょうか。最初のソロ作とか1人多重録音作の“Arc Of A Diver”とか、近作においてもその基本には変わりはないですよね。後期のトラフィックの作品では、大編成のバンドでかなり長尺の曲を演奏するようになっていましたけど、そういったところは当時のブリティッシュ・ジャズ・シーンからも強く触発された部分があったのかな(もしくはそういった方面に詳しいクリス・ウッドからの影響か?)、とも思えます。

リーバップのアルバム(残念ながら聴いたことがないのですが)の他にも、後にはパーカッショニストのツトム・ヤマシタやファニア・オールスターズなどとも共演していることを考えると、そういった感をさらに強くいたします。レゲエ畑においても、アイジャーマンの“Haile I Hymn”と“Are We A Warrior”という強力な2作にも彼はゲスト参加していましたよね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ