東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/4/15

アルセニオ ロドリゲスとチャック ベリー  

プエルトリコ出身のコンガ奏者、サブーのリーダー作
『パロ コンゴ』(Blue Note 1561 ) をレコード棚か
ら引っ張り出してきた

この盤の話題といえば何といってもアルセニオ ロドリ
ゲス(トレス)との共演! 延々と繰り広げられる二人
の白熱した演奏に加え 他にもコンガ奏者が二人も参加
している

先日触れたアバネーロがキューバ音楽の優雅さを代表し
ているとしたら こちらは野性味剥き出しのワン セッ
ションといったところ パーカッション各種の混ざりや
掛け合いが圧巻で とくに「南京豆売り」でのアルセニ
オのトレスは奔放そのもの! 「エレグアに捧ぐ」での
ヴォーカルのコール&レスポンスも ゴスペル音楽のよ
うな高揚感に満たされている 

むろんアルセニオにとっては故郷キューバをあとにして
アメリカに渡ってからの 57年録音 
私はキューバ音楽を語れるほど詳しくはないのだが
こうしてアメリカに伝播していった影響力を面白く感じ


そういえばチャック ベリーのファースト アルバムに
も「ハバナ ムーン」というラテン的な曲があった
時期的には あまり変わらないんだよね














2009/4/17  0:09

投稿者:obin

サブー、私も久しぶりに聞いて楽しんでいる次第です
リズムのコク、ウネリ、楽器どうしの連携など どれ
を取っても最高ですね! 

BNではグラント グリーンにも『ラテン ビット』
というアルバム(ここでの「ブラジル」はいい出来)
があるくらいですから ラテンとジャズは思いのほか
近所付き合いみたいな感覚だったのかもしれません
(レイ バレットのBNセッション参加なども)

リッチー ヴァレンス「ラ バンバ」とキングス
メンに代表される「ルイ ルイ」の相関性に関し
て想像するのも 面白いかもしれません(いずれ
も反復する”終わらない曲”ですね^0^)



2009/4/16  23:16

投稿者:Almost Prayed

以前にも書かせていただいたのですが、本作は本当に素晴らしいですね! 問答無用の猛烈なグルーヴにただただ平伏してしまいます。個人的に最もシビれるのは3曲目の“Choferito-Plena”ですが、もちろんそれ以外でも、音の塊とリズムのうねりにただただ圧倒されてしまいます。

「BN1500番台における最大の異色作」という評判(?)を得ている本作ですが、BNはそれ以前にも、例えばケニー・ドーハムの“Afro-Cuban”やケニー・バレルの“Introducing Kenny Burrell”、“Senor Blues”(タージ・マハールもカヴァーしてましたね)所収のホレス・シルヴァー“6 Pieces Of Silver”など、BNはかなりラテン色濃い作品を出していましたので、そうした流れから見れば本作の発表もそう突飛なものではなかったと言えるのではないでしょうか。アルフレッド・ライオンが求めていたであろう「音楽の熱狂」というものを考察する上でも非常に重要な作品でしょうね。

チャック・ベリーの他にも、例えばボー・ディドリーの“Crackin' Up”とか、オーティス・ラッシュの“All Your Love”とか、ラテン風味を施した当時の曲は、おそらく探せば結構ありますよね。無論、そうした方面の先駆的な存在として、リッチー・ヴァレンスの名前を忘れてはなりませんよね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ