東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/8/3

8月1日、2日〜週末に  

1日

池袋のフリーフロウランチで ザディコキックスの
ライヴを見る 僕自身2度目に接する彼(彼女)たち
だが 前回より余裕を持って楽しめた 同席したオレ
ンジ カウンティ ブラザーズの谷口さんとお酒も進
む 珍しくラム ベースのカクテルなんか飲んだりし
て ちなみにザディコキックス 今年のグラミーアワ
ードのザディコ部門にエントリーしているようで ラ
イヴのMCでは「僕たちがグラミーを取ったとしても、
ここで演奏させてください」とのコメントも^0^


2日

ソニック ユースの新作『イターナル』があまりにも
素晴らしい もはやオルタナ/グランジ系のバンドと
しては最古参になりそうな彼らだが いつもながらギ
ターの繊細なさざ波に心奪われる といいつつ本日は
朝からひたすら原稿書きの準備のため『スウィート
ソウル ミュージック』を読み直したり 付箋を貼っ
たり 「ダン ペンは本書の隠れた英雄である」とい
う記述にぐっと来る  むろんドニー フリッツへの
言及もふんだんにあるので この種の音楽が好きな人
にはたまらない本かもしれない ドニーに関しては9
月の来日時に 取材出来る可能性も出てきた



2009/8/8  8:05

投稿者:てるきん

 私の友人BROWN SUGARさんがドニー・フリッツについて語っています。
 よろしければご覧ください。
http://www.hatch-amp.com/index.php?ca_id=61&mv_id=688

2009/8/7  16:35

投稿者:obin

ありがとうございます!
そう、おっしゃる通り、南部R&Bの生き
証人みたいな68歳のドニーさんなので
幼な馴染みのダン ペンやスープナーの
こと 60年代のアラバマの人種的風土の
こと そして南部の絆(彼らの同胞意識
は強い)ことなどを 時間の許す限り
聞いてみたいと思っています

2009/8/7  16:01

投稿者:ちーくん

ドニーにインタヴューですか?
トニー・ジョーに続いてやりましたね!

できればデヴィッド・フッドやスコット・ボイヤーともできたらいいですね。

彼らやマスル・ショールズ、キャプリコーン、それらを取り巻く世界の話を聞いて欲しいです。だって彼らは正に時代の生き証人だから。

2009/8/7  14:09

投稿者:obin

良識ある編集者なら私をトップバッター
に指名するでしょ、そりゃ←嘘です(笑)
それはともかく早めの打診はこっちにも
心の準備っていうもんがありますから
助かります
今からドニー公演 楽しみですね!


2009/8/7  7:04

投稿者:てるきん

 ドニー・フリッツへのインタビュー、本当ですか!
 私もBROWN SUGARさんも大阪公演に行ってきます!
 あのふくよかな連帯感を感じる音楽に触れる事が出来、感激です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ