東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/8/7

すべてのジャンキーが沈みゆく太陽のようなものだとしても  

たとえばベトナム帰還兵たちが戦場での残酷さや
肉体的な負傷を和らげるためにヘロインを打つ

たとえば昭和30〜40年代の出稼ぎ労働者たち
が 過酷な労働の対価としてヒロポンを打つ

それには善悪を超えた必然があったと思う

でもセカンドライフの金満日本人や
押尾みたいな軽薄な芸能人がシャブに手を出すのは
もっとイージーな気持ちからでしょ?

そこらはしっかり区別しなきゃね

俺は仮に保守的(政治的ではないぜよ)と言われようが
”普通の人々” でありたい
”普通の生活” もとい”自分らしい生き方” を
したいだけ

それが一番難しく
また価値あることだとも 知っている
というより
この歳になって やっと気が付いた



2009/8/9  19:33

投稿者:obin

ジョン レノンの足跡を改めて辿って
みると 彼も本当に普通の人になりた
かったんだなあ と痛感します

普通=凡庸って若い頃は思っていました
が 鋭く瑞々しい感情を保ちつつ名声に
溺れず 欲望に捕らわれず淡々と歩んで
いる大人は やはり魅力的ですね また
普通って言っても思慮を伴わない人のこ
とを僕は”普通”というニュアンスで褒め
たりはしません 愚鈍なことも対象外で
す やるべきことをやるっていう普通の
ことは 納得出来ないことはやらないっ
ていうことを言い含めているわけですか
ら ある意味 普通でいることには強靭
なエネルギーが必要なのかもしれません






2009/8/9  18:35

投稿者:路傍の石

> ”普通の人々” でありたい

本当におっしゃるとおりです。若い頃は誰もが特別な自分になりたいと格好つけるもの。それもまた若気の至りでいいんですが、近頃は40代、50代になってもその延長で気取っている人が多いような気がします。日本の社会が裕福だからそれが通用するのでしょうね。

自分は小尾さんと同じようにあくまで普通でありたいと思います。誰に自慢するわけでもなく地味な生き方でいいと思います。それを貫くことは簡単ではないですが、その価値がわかることが大人というものなんだと思います。

http://blog.livedoor.jp/mickbanzai/

2009/8/8  16:57

投稿者:obin

嫌なことを引き受けるのが大人の論理なら
嫌なことをしないのが子供のそれかもしれ
ません

2009/8/8  6:10

投稿者:てるきん

 私もobinさまの意見に賛成です!
 いわゆる”普通の人”で過ごすのがどんなに大変かということは以前大手製造業の総務をやっていて分かりました。
 J・ブラウンのいう”プリテンダー”にならなければその生活基盤を維持できないのですからね…。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ