東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/9/4

素晴らしいジョン フォガティの新作  

辛い辛い肉体労働が昼にハケて CDショップを
チェックすると いきなり目に飛び込んできた
のが我が敬愛するジョン フォガティの新作だった

『ブルーリッジ レンジャーズ ライズ アゲン』と
付けられているように クリーデンス解散後の73年
にリリースされた『ブルーリッジ レンジャーズ』以来
のカントリー アルバムという触れ込みである

レヴォン ヘルム やダグ サーム同様に ブルース/
R&Bもブルーグラス/カントリーも体内に染み込んでる
人なので まったく違和感はないし 例によって肉感的
なフォガティのヴォーカルは 水を得た魚の如くフレッ
シュだ 

選曲はジョン プライン デラニー&ボニー リッキー
ネルソン バック オウエンズ、、、と続く
レイ プライスの「アイル ビー ゼア」は(これまた
私の愛する)ニック ロウも録音していたなあ なんて
思うと 音楽をめぐる温故知新って いいなあと素直な
気持ちになれる まさにジュークボックスの如し!

比較するわけではないが先日リリースされたエルヴィス
コステロのカントリー(正確にはブルーグラス)アルバ
ムが皮肉や嘲笑に溢れていたのに対し フォガティさん
は本家本元ならではの明るく開放感溢れる響きがあり
ストレイトカントリー〜ホンキー トンク〜ブルー
グラスとの美しい折衷主義(註1)も感じ取れる
いやあ 土曜の夜にこんな音楽を聞けたらさぞかし楽し
いでしょう 

一曲置かれた自作”Changing The Weather" は再演
となる ブルージーでスワンプ色の濃いナンバーだが 
他曲と自然に連なっていくところにも フォガティが
歩んで来た確かな道のりを そっと照らし出す

チャック ベリー(これまた私のアイドル)の「you
never can tell」(ロニー レインもカヴァー
していましたね)などのカントリー テイストがお好き
な方なら ぜひ!

明日も早いんで もう寝ます(笑)

http://www.johnfogerty.com/


註1:美しい折衷主義

フィドル マンドリン バンジョーなどアコースティ
ック楽器のみで演奏されるのがブルーグラスだが こ
の作品のように 現代ではリズム セクションや
エレクトリック ギターやスティール ギターなど
と組み合わせた電化アンサンブルを聞かせる場合
が多く 広範な意味でカントリー音楽と理解されている
なかにはアコースティック楽器の使用しか認めない
偏屈なファン(自称ピュアリスト)もいるらしいが
揶揄を込められる場合が むしろ多い


















2009/9/19  3:04

投稿者:obin

おはようございます
今日は定例のDJ会でしたね 
フォガティですがdarumaさんのリクエストとあって
は持っていかないわけにはいかないでしょう(笑)
他の選曲も最近買ったCDになると思います

なお僕の出番は浅い時間なので 定刻の出勤を
お薦めします(笑)

2009/9/18  23:07

投稿者:daruma

ご無沙汰しております。フォガティの新作は明日の洗濯船で聴けるのでしょうか?毎回obiさんの選曲を楽しみにしておりますーー。

2009/9/5  22:34

投稿者:obin

ササモトさま、こんばんわ

リッキー ネルソンの「ガーデン パーティ」
(72年の9月に全米チャートで6位)もカバー
してますね この曲でのドン ヘンリーとティ
モシー B  シュミットによるコーラスにはと
くに いたく感動してしまいました!

限定でLPレコードもプレスされてるようです^0^

2009/9/5  22:11

投稿者:ササモト

小尾さん、お久しぶりです。

フォガティ最高ですね!大好きです。
リーヴァイスの最も似合うロッカーはリベラルで偉大な喉の持ち主でもあります。

先日、歯科医の友人宅でこの新譜を聴かせてもらいました。
ラストはリンダも歌ってましたね。

勿論、買います。(^^)

2009/9/5  13:03

投稿者:obin

>noahさま

こちらこそはじめまして
クリーデンスは私がアメリカ音楽にのめり込む
きっかけとなった殆ど最初のバンドでした
フォガティの新作 いいですぞ!

2009/9/5  12:39

投稿者:NOAH

はじめまして

いつも楽しく読ませていただいてます

ちょうど、先日CCRを久々に聞いていました
そしたらJOHNのソロが無性に聴きたくなりまして

新しいアルバム、聞いてみます。楽しみだ

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ