----- カ テ ゴ リ ー --------------------------------------------

お知らせ

お仕事

日常
----------------------------------------------------- **----------

モンサントの不自然な食べもの

2012/8/6 | 投稿者: CrossK

【モンサントの不自然な食べもの】
Le monde selon Monsanto
クリックすると元のサイズで表示します
監督 マリー=モニク・ロバン 2008年


食の「種」を握る物は世界を握る…
  植物も家畜も“種”があります

  強力除草剤で労力を減らし労働賃金(負担)を削減
  強力な除草剤なので、目的の植物が枯れちゃ意味が無いので
  強力除草剤に耐えられる遺伝子組み換え品種に切り替える

モンサント社は世界の種子会社をつぎつぎと買収、
種はモンサントからしか買えなくなったとしたら…

* * * “続きを読む”へ


インドの綿農家の例

在来種との自然交配(交雑)すると「知的所有権侵害」で訴えられる

除草剤に耐性を持たない在来種は、
強力除草剤使用後には育たない

だから 種も除草剤も使い続ける

農家の支出負担が増す = 破産する中小農家が出てくる



破産した農家は土地等取られるとしたら…

例えば、そうやってモンサントは次々と土地が手に入り、
大型農業がしやすくなり、
労働力として元農家に雇用が発生し…


『…。モンサント社は世界中の種苗会社を買収していて、非GM(遺伝子組み換え)の種を大量に仕入れるのは不可能…』

『…食料となる植物の糧である「水」の支配にも乗り出しています。「いま取り組んでいるのは、まさに食料生産全体の統合だ。種と同様に水も食糧生産に欠かせないのだから、モンサント社は水の支配を確立しようとしている」と同社の幹部は語っています。…』
(モンサントの不自然な食べもの パンフレットP08より)

  [衣][食][住] = 生活の基本・基礎


『…、ウソと詐欺、政治家・官僚との癒着、安全性データの捏造、GM種子や除草剤ラウンドアップの健康への悪影響を示す論文を発表した研究者への容赦ない弾圧、等々、…』
(モンサントの不自然な食べもの パンフレットP09より)


…日本でGM種の栽培は始まっている

TPPの事もある

目先だけでなく、先々に何が起こるかいくつも
想像を膨らませて判断しないといけない

その為にも観といてよかったと思う映画だった
タグ: アート 映画 音楽




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ