東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/7/24

23日のプレイリストです  

クリックすると元のサイズで表示します

左から ウォマック、スカタライツ、カーティス
レーベルはミニット、トロージャン、アトコ
やっぱシングル盤は音圧がデカイ!

face one

1 king cutis/memphis soul stew

2 rolling stones/aint too proud to beg

3 mitch ryder&the detroit wheels/you get your kicks

4 staple singers/oh la de la

5 jeff beck group/jailhouse rock

6 creedence clearwater revival/travelin band

7 taj mahal /she caught the katy and left me to ride

8 jesse ed davis/natural anthem


クリックすると元のサイズで表示します

face two

1 nrbq/12 bar blues

2 q /it comes to me naturaly

3 q/music goes round and round

4 utopia/i just want touch to you

5 nick lowe/cruel to be kind

6 ian gomm/thats the way i rockn roll

7 skatalites/phenix city

8 the charms/carry,go bang come

9 archie bell&the drells/houston,texas

10 bobby womack/baby! you oughta think it over

11 augie meyers/just you and me

12 doug sahm/gene thomas medley
〜sometimes〜cryin inside

13 billy preston/higher

14 fabulos thunderbirds/crawl

15 animals/ its my life

16 lew lewis reformer/wait

17 graham parker/hold back the night

18 graham parker/ (let me get) sweet on you


クリックすると元のサイズで表示します

”ばしこ” こと小林博美と

クリックすると元のサイズで表示します




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ