東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/8/1

8月1日〜暑い日はルイジアナの音楽で  

明日からまた原稿に取り組みますが
今日は日曜なので休むことにして 
ルイジアナのスワンプ・ポップを楽しんでいます
田舎っぽい粗目と哀愁が溶け合っている素晴らしい音楽です
とくに三連符のバラードは いいなあ

クリックすると元のサイズで表示します

時計回りにクッキー&カップケイクス、ウォーレン 
ストーム、ジョニー アランそしてデイヴ アラン
このジャンルも掘っていくと深いものがあります

ボビー チャールズと同級生だったというストームは
50〜60年代の吹き込みがまず良いのですが
80年のこのアルバムでは 今をときめくサニー ラン
ドレスが ギターやドブロで参加していることにも
注目したいです

ガルフ コースト音楽に乾杯!

で 今聞いていて思いだしたのですが ストームの盤に
収録された「im a lover,not fighter」は 愛するデイヴ
エドモンズが71年のファースト ソロ『Rockpile』(
この表題を彼は後年グループ名にしたのだ)でカヴァー
していたのです オリジナル ヒットは誰によるものか
はまだ調べていない(情報求む!) ストーム盤での作者は
スワンプポップの大物プロデューサーであるジェイ ミラー
になっているのに対し エドモンズ盤を見るとcollierと記載
されています 

クリックすると元のサイズで表示します

小さくて解りにくいと思いますが
デイヴが誰の「Im a Lover,Not Fighter」を参考にカヴァー
したのか気になります
ちなみに彼はロックパイルでも ロッキン シドニーの
「fine,fine,fine」を取り上げてスワンプポップへの理解と
敬愛を示しました ジョニー アランがニック ロウの
「I Knew The Bride」(偶然にも昨日のDJで同曲をデイヴ
のヴァージョンで回した〜笑)を取り上げたことと併せて
英国パブ ロックとルイジアナ音楽の親和性を物語るエピ
ソードです アランはブリンズリーズ「juju man」も
歌ったほどでした

クリックすると元のサイズで表示します

ニール ヤングからウィリー ディクソン、スマイリー
ルイスにディランそしてロン ディヴィスと雑多なカヴァ
ー曲で構成された エドモンズ71年のファースト
録音はむろんデイヴやワード兄弟が根城にしていたウェー
ルズのロックフィールド スタジオ
そしてチャック ベリーを2曲取り上げたことが 
何よりもデイヴの音楽がどこから来たのかを 
指し示している



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ