東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/2/28

roll another number  

まあ 気楽な身になった

朝には 花蜂に水をやり
きちんと ゆっくりと 朝食を取るのさ

昼には コーヒーのフィルターを買いに
近所のスーパーに行く

そして夕方には
洗濯物をしまうのさ

2007/2/28

リリー、ローズマリーそしてハートのジャック  Rock N Roll

ボブ・ディランは難しいという人がいる
ディランってラップ ミュージックみたい! と感動する若者も知っている
そんなことも全部ひっくるめて ディランという気がします

俺はディランのアルバム全てを聞いてきたわけではないが
一番好きなのは「血の轍」(74年)

あえて 解りやすく言うのですが
「ハイウェイ61再訪」が強情な 突っ走った作品だとしたら
「血の轍」には とても弱虫で 素直なディランがいます
(勇ましい「愚かな風」もあるのですが)

ジョン・レノンと対応させると 彼の「壁と橋」アルバムにすごく
近い匂いがする 何だか「弱い」人間に寄り添ってくれるような歌が詰まっているのだ
弱い人間が アコースティック主体のサウンドから
零れ落ちてくる
そんな感じだ

弱いとか強いとかも 人間の方便に過ぎないことを
俺はこの半年巡った 自分の逡巡のなかで
思い知らされました

強い人間が実は弱くて
弱い人が実は力を持っている
そんなことを 実感させられたこともあります

当たり前だ
この俺のなかのたった1日のなかでも弱さと強さが繰り返している

どうか このアルバムに収録された「リリー、ローズマリーとハートのジャック」を
聞いて頂きたい
髪の染色を洗い落として ただ「ぼんやりと」しているリリーのことすら
言葉にならない言葉で
歌われているのだから




2007/2/27

最後のドライブ〜僕たちのゲームはもう終わりさ  

本社に別れの挨拶と事務手続きを

それが終わると かつて馴染みだった喫茶店の階段をくぐる
「あなたのことはよく覚えています」と言ってくれたのが もう嬉しくって
しばし 店主のおばちゃんと これからの日本人のあり方について語り合う
東京のど真ん中、神保町でずっと店を支えてこられた方の言葉だ
移り変わる時代を カウンター越しに しっかり見ていたはず

今朝 家から鞄に詰めて持っていったのは むろん「ハイウェイ61再訪」
もうレコードも思うように買えないんだな、などと腹をくくりつつ
最後の記念に お茶の水のディスク ユニオンにて
「ハイウェイ61」の英国オリジナル盤や
「アフター ザ ゴールドラッシュ」のミックス違いがある英国初回盤などを購入
「長いお別れ」にはふさわしい2枚ではないだろうか

キリンシティで ビールも 飲みました
最後のネクタイをしたおやじが 昼間からがんがん3本も飲んでいるのである
いぶかしがられても仕方あるまい

その後 サンフランシスコ支局から6年ぶりに戻ってきた
新宿ユニオンの川田さんと 懐かしさもあって談笑させて頂いた

みんな あっという間に 大人になったね

そして最後のドライブに
僕は乗り出していく














2007/2/26

彼女の海、僕の砂漠  Rock N Roll

退職届とは別に
地方の営業所で働かれている先輩や後輩のために
社内メールの一斉送信で その旨を伝えた

もう見ることは出来ないのだが
先週の時点で幾人かの方々から 労いの言葉を頂いた
なかには電話をくれた後輩もいた

一番最初にレスをくれたのは 僕が以前いた部著で働く
アルバイトの女の子だった
ここに転載しても むろん問題はあるまい

「長い間 大変お疲れ様でした
私がアルバイトの面接に来た時、小尾さんは店売にいらっしゃいました
それが 私が小尾さんと初めてお会いした日でした」

何もつけ加えることはない
僕は彼女とお茶すらしたことはないし
彼女がいう「その日」のことなど 残酷なことにまったく覚えてはいなかった

他人のなかに自分が生きている ということは以前も書いたけれども
つまり そういうことだ
彼女の海に 僕という乾ききってしまった魚が 生かされていたのだ

温かい思いだけが残り 
オフィスの床に木霊していた

彼女がいつまでも
そんな記憶の持ち主でありますように







2007/2/26

サブタレニアン 一人ぽっち  

朝が来て 目を覚ませば 単なるプータロー

そんな気持ちで 退職(正式には3月末だが有給消化のため)してからの初日を迎えた
起きなくてもいいのに 早起きして 民放のニュースを見てしまう
まだ期日がある定期券を 名残惜しそうに手にしてしまう
さすがに地下鉄の駅までは 行かなかったけれど

書く原稿はスティーヴ ウィンウッド「アイランド ボックス」
「ミュールスキナー」「ザ セクション」 「ベアズヴィル レーベル ストーリー」
「ボビー チャールズ」「ニコル ウィルス」「ベターデイズ」「イッツ オール カム バック」
ジョージィ フェイムのパイ時代の3作品 
ヴェンダースの映画「ミュージック クバーナ」のDVD評など
うう、これらの原稿料だけでは とても食べていけんよなあ(涙)

それでも 思う
月曜日の朝から こんなにも沢山の自由な時間がある
読むべき新聞と本があり 書く原稿は一気にはかどり 送信することが出来る
そうした当たり前の営為を 噛みしめることが出来る

このまえ 近所のスーパーで買ったクモマ草の小鉢に 水を与えた
二週間まえに比べて 花も枝も みるみるうちに伸びてきた
このクモマ草は ヨーロッパの高山地帯に咲く ユキノシタ科の植物なのだという

東京のこんな狭いところまで持ってきてしまって 
ごめんなさい






2007/2/26

小川洋子〜言葉の復権  文学

「小川洋子対談集」(幻冬舎)を読んでいる
リーアン、江夏豊、佐野元春、清水哲男、五木寛之などとのダイアローグを
纏めた本なのだが とても楽しめる内容になっている

台湾の作家リーアンと小川は 即興で「海」をテーマにした短編を書き上げるという
ことまでしているのだが
海というイメージにどうしても政治的なものが入ってきてしまうリーアンと
そうではなく スピリチュアルな暗喩として海を捉える小川
その間に台湾と日本の違い あるいは育った時代の違いが浮かび上がる
そんな具合だ

五木との対話も興味深かった
五木はしきりに言葉の復権を訴える
言葉に溜まってしまった垢を洗い落として本来の輝きを
取り戻すことが作家の仕事なんじゃないか、と

携帯電話を常に手離すことがない人のことにも
ありきたりの批判をするのではなく
それだけ会話や他者との繋がりに対する飢餓があるんじゃないか、という
見方をする

ちょっと話は飛躍してしまうのだが
言葉がメロディに乗り リズムを孕み出すと
一見変哲もない言葉が輝き出す
これは音楽に与えられた特権じゃないかな と僕は思う

佐野元春の歌詞にしても
ただの言葉として並べてみると 普通の言葉の連なりであったり
いささか気恥ずかしさを伴うものだったりする場合があるのだけれど
それが佐野独特の声や歌い方も含めて彼の音楽になる時
俄然 力強いものとなり 輝き出す

そんなことも考えながら
「小川洋子対談集」を読んでいる





2007/2/24

そして僕は転がる石ころになった  Rock N Roll

退職をしました
ここ数年ずっと考えていて なんとなく結論を先延ばしにしてばかりいたのですが
そんな自分がすごく嫌だったから 思い切って

24年間も働かせて頂いた職場の皆さんには
本当に感謝しています
語り尽くせないほどの思い出 記憶 場所

いつもの通勤の途中にあるコンビニで
便箋と封筒と毛筆ペンを買った
その3点セットで 昼休みに退職願いを書きました

興奮しているのか 冷静になっているのか
俺は単なる馬鹿なのか あるいは賢者なのか
きっと 結論は永遠にないのかもしれません

やっと 石ころになった
単なる転がる石ころになった
そんな実感だけが 僕の支えです

背中を押してくれたのは
ジョン・ベルーシーの言葉かな
「自分の持っていることで 精一杯やるんだ やり方を見つけるんだ」

僕は残された人生に
たった一度しかない命に
賭けてみました

こんなことまでを考えさせてくれたロック音楽に
改めて 感謝をしています
今の僕が 昨日の自分に手を振ったら
その「彼」が思い切り 手を振り返してきた

僕はきっと 雨のなかを歩くだろう
僕はきっと 太陽のなかを歩くだろう

通り過ぎていく景色を 電車の窓から見ていた
そして 線路はどこまでも 続いていく




2007/2/19

昨日の新聞を誰が必要とするんだ?  Rock N Roll

ストーンズ67年のアルバム「ボタンの間に」が
ようやく自分のなかで きちんと鎮座するようになってきた
何しろロックンロールの殉教者としての僕にとっては
このアルバムはあまりにもコラージュや擬音が多すぎた
まともなロック曲は のちにキースがワイノーズで取り上げた
「コネクション」くらい
(何故かジャック・エリオットも歌っている曲だ)

それでも このアルバムは悪くないと思う
「ゼア サタニック マジェスティーズ リクエスト」の前哨戦という
気がしないでもないけれども
この混沌ぶりが 当時の彼ら 彼らの迷いとか
時代背景とやらを照らし出しているから

「コンプリケイデッド」のパーカッシヴなサウンドは
あの「悪魔を憐れむ歌」を予見させるし
続く「ミス・アマンダ・ジョンズ」のギター・ブギは
早すぎるマーク・ボランといった感じだ

ギター・ロックの文脈では到底語り尽くせない
切なく 冬の匂いがするアルバムだと思う
誰かに捨てられてしまった昨日の新聞(「イエスタデイズ・ペーパー」)
のような
ローリング・ストーンズの負の財産が ここに

うらぶれたようなアコーディオンのワルツ曲「バック・ストリート・ガール」
を聞くたびに
僕はブライアン・ジョーンズの粉々に散っていった魂のことを思う













2007/2/18

僕は100マイルも自分を置き去りにしてきた  

うう、月刊誌の原稿を先に仕上げなければいけないのに
「自由な原稿」の甘い誘惑に負けてしまい
今日は ある時期のニール・ヤングについての文章を
2400字ほど書いてしまった

きっとニール・ヤングのざらざらとした音楽と
自分の飢餓状態とが折り重なったのだろう
一気に 一気に 一筆書きのように書き上げていった
山頂は見えただろうか
河口に辿り着いただろうか

それは誰にもわからない
解っていることは
今夜の自分が ニール・ヤングの歌を必要としたこと
そのことだけだ





2007/2/18

去っていく人、待ち受ける人生  文学

今日は朝から青山七恵の「ひとり日和」を読んだ
久しぶりに芥川賞らしい芥川賞作品を読んだ気持ちになった
読み終えた時は まだ午後の陽差しが差し込んでいた

二十歳の女の子の目を通した変哲のない物語かもしれない
主人公は退屈なアルバイトをしているだけだし
いささか不器用なセックスを出会うたびの男の子と繰り返すだけだ

それでも底辺には”繰り返しの人生”に関する諦観や恐れが蠢き
同居するおばあちゃんの目線が重なることで
単に若い人が若い感情で殴り書きしただけではない染み(のようなもの)を残していく

村上龍が「嘘のない自立を描いた作品」と評したように
この小説は これから新しい季節を迎えようとする女の子の成長物語である
だが結論は何も明かされていない
何しろ彼女は最後に 既婚の男に会いに行くのだから

彼女が下宿するおばあちゃんの家の描写がいい
その家からは私鉄沿線の駅がすくっと見渡せるし
行っては帰す電車や それに乗る人々も窓越しに映し出されている

駅という出会いと別れの場所が
まさにメタファーとして
彼女の物語の もう一つの軸になっている
もう一つの 力強い軸になっている

2007/2/18

雑誌Penの特集はロック・デザイン  

ポルカドッツの重松さんに教えてもらったのですが
隔週誌Penの最新号がジャケット アートワークの
大特集になっています
ストーム・ソーガソンやピーター・サヴィルをはじめとするクリエイターへの取材
各界の著名人が選ぶ好きなジャケットなど
カラー写真満載で楽しませてくれます
先日フィガロで行われたデニー奥山氏のイヴェントでジャケの深さに
唸ったような方は必読かと(笑)

個人的には みうらじゅん氏や中川五郎氏のコメントに
納得 順に彼らは「フリーホィーリン」と「バッド ガール ソングス」を
選んでいます

コンビニにて 500円 
昨日唯一の買い物でした

2007/2/17

自由に書ける原稿  

編集部やレコード会社から与えられたテーマに基づくいわゆる依頼原稿(コラム以外に
音楽ライターの大半はこれです)ではなく
自分の好きなことを好きな分量で自由に書けるときほど幸せなものはないかも
う〜ん それで今日の午前はボブ・ディランのある時期のことを
約4時間かけて 習作半分に2000字ほどにまとめてみました

逆にそれなりの「縛り」があったほうが 締まったいい原稿が仕上げられるという
側面も むろんあるけれども
自分のblogや投稿以外だと 本当に久しぶりに「自由な原稿」を 今書いている
これからも あと3〜4本ほど書き上げていく予定です

自分で選んでいくテーマを  どんな切り口にするのか
どこに焦点を当て どこを割愛するなりサラっと流していくのか
そういう「見せ方」で悩んでいく過程そのものが また楽しい

こういう自由原稿の場合 基本的には自分史のなかで
切実に必要としたアルバムや音楽を
選んでいくのが順当だろうが
思い切って 最近関心を持ったことを書く、というのもありだろう

そんな思いで レコード棚から引っ張ってきたアルバムを幾枚か
食卓に並べたところだ








2007/2/17

2月14日、16日  

14日〜池袋のフリーフロウにてコスモポリタン・カウボーイズのライヴ演奏を
オレンジ・カウンディ・ブラザーズの谷口さんたちと
カウボーイズはドラムスの東野嬢が手首を負傷したため欠席  急遽パーカッショニストを
代用するなどのアクシデントもあったが 僕が初めて聞くナンバーも含めて
ハル宮沢による例のゴツゴツとした情感が冴え渡っていた
イアン・デューリーを聞くように フランキー・ミラーを聞くように
僕はこれからも宮沢のリアルで塩辛い歌を聞いていくだろう
演奏では”じゃいあん”のベースが途中からどんどん渦を巻き 円を描いていく
音色も含めて 良い味を醸し出していた

やがて麻田浩さん 川村恭子さんとも合流
麻田さんは 彼が大好きなトニー・ジョー・ホワイトを久しぶりに招聘することも
あって 今彼にしか出来ないこととしっかりと向き合われているという感じだ
う〜ん 見習いたい

 ☆  ☆  ☆

16日〜渋谷にて書籍に関する2回めの打ち合わせを
前回の社長 営業部長に加え 今回はうら若き美人編集者も加わり
己のモチベーションも一気に高まる(男って単純ね^0^)
それはそうと この半年は彼らと共同作業で一生懸命にやっていきたい
打ち合わせ後 近くのギネス・バーで杯を重ね
ようやくスタート地点に立てたことを喜び合う そして
いつものロック談義に花が咲くと ほんとうに時間を忘れてしまう

帰宅まえに 一杯だけ池袋のポルカドッツに立ち寄る
ここでも彼らが僕の「新しい仕事」に祝杯を上げてくれた
いつしかディラン「こんな夜に」の熱唱大会に(笑)



 

2007/2/15

DJを募集しています♪  

最近 ササキテツヤと新たなDJチームを組んだばかりの僕ですが
むろん他にも刺激的な DJ諸氏を求めています

音楽がとにかく好きで 音楽的好奇心が旺盛な方
DJを接客業、サーヴィス業として捉えることの出来る方
新しい店を開拓しようとする心意気のある方
リズムコンシャスな流れ Beat Per Minit(一分単位の拍数)のことを
ある程度きちんと考えられる方

そして最後に
そして最後に
何よりもロックンロールのハートを持っている方を
お待ちしています!

             オビタカシ
        thanks also birdsong cafe
                

                   



2007/2/15

ワンインチロックという店について  

アベちゃんから江古田のワンインチロックとはどういうレコード屋ですか?
と質問を頂いたので ここで代わりに答えておきましょう

1 中古CDがメイン ワールドからテクノ、日本ものまで何でもありですが
  パブロック、ルーツロック、パワーポップ、ガレージものといった
  ワタシが好きなジャンルも充実!
  
2 ブートレグも含めて値段がとにかく安い! 300円引きセールとかは
  しょっちゅうやっています 600円くらいでいいCDがざくざく

3 アナログに関してはシングル盤(ソウル、ファンク、レゲエ、グルーヴァー
  など)にレアなもの多し! 僕はここでリトル・ミルトンのチェッカー盤を
  3枚ほど買いました(LPはソウル以外ありません)

4 とにかく店員のお二人が音楽に精通していて 一人はボ・ディドリーの
  ファナティックなマニア もう一人の方は「俺は箱根でピンク・フロイド
  を見たんだ」といばっています^0^
  お二人とも気軽に質問に答えてくれる すげ〜感じのいい店です
  ちなみに俺はここでパワーポップの修行中!


法外な値段のレア盤に嫌気がさした人、未知の音楽を掘りたい方
ロックンロールハートをお持ちの方
僕と一緒に行きましょう!
兼藤さんのなさっていた下北沢ホイホイに似ているかなあ 雰囲気は
おお 兼藤さんは元気かなあ?
  






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ