東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/2/24

そして僕は転がる石ころになった  Rock N Roll

退職をしました
ここ数年ずっと考えていて なんとなく結論を先延ばしにしてばかりいたのですが
そんな自分がすごく嫌だったから 思い切って

24年間も働かせて頂いた職場の皆さんには
本当に感謝しています
語り尽くせないほどの思い出 記憶 場所

いつもの通勤の途中にあるコンビニで
便箋と封筒と毛筆ペンを買った
その3点セットで 昼休みに退職願いを書きました

興奮しているのか 冷静になっているのか
俺は単なる馬鹿なのか あるいは賢者なのか
きっと 結論は永遠にないのかもしれません

やっと 石ころになった
単なる転がる石ころになった
そんな実感だけが 僕の支えです

背中を押してくれたのは
ジョン・ベルーシーの言葉かな
「自分の持っていることで 精一杯やるんだ やり方を見つけるんだ」

僕は残された人生に
たった一度しかない命に
賭けてみました

こんなことまでを考えさせてくれたロック音楽に
改めて 感謝をしています
今の僕が 昨日の自分に手を振ったら
その「彼」が思い切り 手を振り返してきた

僕はきっと 雨のなかを歩くだろう
僕はきっと 太陽のなかを歩くだろう

通り過ぎていく景色を 電車の窓から見ていた
そして 線路はどこまでも 続いていく






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ