東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/4/29

さらば、サラリーマン  

しかし まあよく24年間もネクタイを締める生活をしてきたもんである
自由業もとい”よろず業”を始めて2か月が過ぎたけれど
会社員生活がまるで もう遠い昔のことのようだ
こっちは感傷に浸る暇もなく 原稿を書きまくっているからね

しかし みんなで(表向きは)仲良くランチなんかを食べている彼ら
花見の席で酒飲んで上司に媚びている彼ら 
う〜ん 決して否定はしません
そっちのほうが案外まともだよな〜などとも思ったりして

だけど 身に迫る不安はあまりなく
毎日のように図書館に行き
午前中の光の粒子を浴びる幸せのほうが遥かに上回る

繰り返して聞くべきレコード
何度でもページを戻しても読むべき本
考え続けなければいけない過去と未来
それらを前にすると
これでよかったと思う
思い込もうとする

人々は僕に「そんなに甘くはないぜ」という
いつか過酷な現実のまえで呆然と立ち尽くすのかもしれない
それでも 僕は思うのだ
甘い夢さえ見ることが出来ないとしたら
それは 何と窮屈でつまらない社会なのだろう と

あなたが会社員であれ フリーであれ
尊厳と誇りを持った生き方は きっと出来るはず

俺たちに今問われているのは
たぶん そんなことのような気がする




2007/4/29

4月29日  

ただいま図書館で キングクリムゾン原稿を執筆中
フリップ爺の形而学的宗教観や哲学思考と対峙するための
静寂空間としては最適の場所でござる(笑)

先日に続いてクリムゾン関係の文章に目を通しているが
笑ってしまうような難解文もまた多し
いやはや

しかしメタル・クリムゾン〜ヌーボー・メタル期の
カッコよさ!
エイドリアン ブリューのソロなんかも聞きたくなってきた
「デイシプリン」のミニマルなグルーヴも久しぶりに聞いたら
めちゃくちゃ新鮮だった

いずれにせよ 7月まで仕事は詰まっている
ど どうしよう?
といって夜になると気晴らしに
ロック・バーに行く日々です、、、




2007/4/28

緊急連絡  

小尾です ネットカフェより「こんにちわ」

昨日もお伝えしましたが 僕のPCが壊れてしまいました
サポートセンターの話だと寿命だから買い換えたほうが
賢明とのこと
確かに液晶部分が弱っていたことは最近感じていました

近日中に新しいマッキントッシュを購入し
少なくとも連休明けには元の環境を取り戻したいと思って
います
みなさんにはご迷惑をおかけしますが
どうかよろしくお願い致します
編集者や音楽家など関係者各位は
携帯を含む電話やファクスで連絡をお願いします
勝手言って すみません

念のため復旧まで一日一回ネットカフェに入り
弊blogおよび弊bbs"Say It Loud 3 "は必ずチェックしますので
今まで以上にがんがん書き込んで頂ければ
とても嬉しいです

先日 ある方と談笑していた時
自分のことを”訳の分からないオヤジ”と形容するのは
もうやめなさい もったいないから と言われました
「おびっちはもう15年も執筆活動を続けてきたし
それなりの実績も重ねてきた 少なくとも駆け出しの
ライターとは違う だから自分を安っぽく見せては駄目だ、と

そんなことを言ってくれた”ジュジュ”に
ありがとう 感謝しています
自分のことって 案外自分では解らないのかもしれません

というわけで
僕は今日もロック音楽を聞き 感じ
これからも原稿を書いていこうと思っています

               小尾 隆








2007/4/26

ご飯を食べる 人が死んでいく  

今日は図書館でキング・クリムゾンの調べ物を

僕がクリムゾンを書くなんていうと
意外に思われる方も少なくないと思うけれども
こちらは 中学〜高校時代はれっきとしたプログレ小僧
というか70年代は 今のように膨大なカタログがあるわけではなく
ブリティッシュもアメリカンも並列に楽しんでいたというのが
正直なところ

僕は後年アメリカ音楽に舵を取っていったものの
クリムゾンには やはり思い入れがある
とくに「太陽と戦慄」を聞いた時の衝撃は
今も忘れることが出来ない

西友で”鶏がらスープの素”を315円で購入
料理はまだ 炒め物くらいしかまともに出来ないレベルだが
こんなレシピがあれば また楽しい
さっそく試したが 美味しかった!

米の研ぎ方は だいぶうまくなった
とある方のアドヴァイスにより
網で水切りをしてから炊飯を
新米の季節を楽しみにしつつ
朝 粒が立つ米を見る

そんな幸せを噛みしめている間にも
イラクの内戦状態は終わらない
何の意味もなく ただ死体の山が積まれていく
墓碑銘だけが刻まれていく













2007/4/24

ロック音楽は言い訳をしない  Rock N Roll

ビル・ワイマンの写真展を見に新宿へ

彼の写真が技術的にどういうレベルなのかはともかく
ローリング・ストーンズの一員だっただけに
メンバーも打ち解けた表情でカメラに向かっている
なかには渡英した際のジョン・リーをモノクロで撮った一点もあり
胸を掻きまわされるような気持ちになる

それにしてもストーンズの視覚的な美しさといったら!
僕はルックスやスタイルというものも才能だと信じているので
ワイマンの目線で追いかけていくミックやキースの姿に
ただただため息をつくばかり

容姿という神から導かれた才能
音楽への切れ目のない献身という無償の情熱
それが折り重なり 結晶したのがストーンズだ

でも 本当に凄いのは その才能を信じて
あるいは信じようとして
彼らがグループを組んだことだと 僕は思う
どうなるかもわからない未来に向かって

世の中には いつも言い訳ばかりをしたり
ああすればよかった
こうすればよかった と繰り返しているだけの大人で
溢れている

そうしたかったら そうすればいいのに
行きたい場所があったら 行けばいいのに
どうして旅に出なかったんだ 坊や

音楽を信じるという行為ほど
音楽家を支えるものは たぶんないし
それに賭けた人ほど 強いものはない

使い切れないほどの金を稼いだ
シャンパンの風呂と 女たちの甘い誘惑に溺れた
集金ツアーとも揶揄され
ジョニー・ロットンから唾を吐かれた

現実に満足出来ないから
今日もストーンズは演奏する
圧倒的なリスクを抱えてもブッシュ政権に
ノーを叩き付ける
(彼らのファンでこの点に言及しないのは
不幸なことだ)

満足出来ない人間は 転がり続けるしかない












2007/4/23

「ペット・サウンズ」から逃れて  

しかしビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ」が
60年代を代表するロック・アルバムで第一位
(レココレ最新号)とは、何とも違和感を覚えざるを
得ない

だいいち60年代にこれを評価した人なんていなかったでしょ?
といった回想モードはともかく
近年急速に高まった再評価を念頭に置いても
その繰り返しにはあまり意味を見出すことが出来ないのだ

というか どうしてビーチ・ボーイズの最高傑作は
「トゥディ」である! という当たり前のことを普通に言う
私のような人間がいないのか 不思議

「ペット」はブライアンのソロ・アルバムであり自己告白であり
BBという「グループ」の歌ではない、というのが
以前から続く私の見解です
確かに画期的で創造性に満ちたアルバムだということは
聞けば解るのだが
そうした賞賛を言われれば言われるほど
逃げだし 反発してしまいたくなる我が習性よ、、、
どうやら「群れる」ことが本能的に駄目なんだなワタクシは

群れない つるまない 囲い込みをしない
一人で考える 自分の感じ方を大事にする
自分の見解を他人に伝える

それがいかに尊く かつまた困難なことか
あなたの周りの「大人たち」を見てごらんなさい
「自分で考える」人間がいかに少ないか、、、

たとえ一人ぽっちになったとしても
私は「トゥデイ」アルバムを永遠に愛するだろう


2007/4/22

4月20日 21日  

20日〜午後1時に近所の喫茶店で齋藤玲央都さんと
来月号リトル・フィート特集の打ち合わせ
ロリー・ギャラガーの記事ではお世話になりました、と言われ
CD製品全11点を頂く 普段はジャケットがない味気ないサンプル盤を
聞いて原稿を書いているので貧乏人にはありがたい多謝
帰宅後前日の取材のことで前さんが質問文を確認したいとの
ことでファクスを送る
    
    
21日〜リトル・フィート原稿2本(4800字と3000字)に朝から
取り組む ゴールデン・ウィークに伴ういわゆる「連休進行」のため
普段より締め切りが早いのが辛い 辛くて逃げ出したくなる
夕方は運動と気分転換を兼ねて歩いて池袋まで 約1時間
久しぶりにポルカドッツで 軽くビールを
原稿はまだ完成せず(涙)

本日は早稲田ジェリージェフが30周年ということで
DJの依頼をされている 昔お世話になったお店なので
断るわけにはいかないでしょう
パーティは昨日と今日みたいで 僕の出番は
昼13時から40分くらい
ということで お時間ある方は遊びにきてください
そのあと どっかに出かけるのもいいね
(原稿は!? という遠い声が、、、)

僕をヨイショしてくれる人はいい人だ^0^
僕にビールを奢ってくれる人はいい人だ^0^


しかしこんなことばかり書いていると
某美人エディターにぶっとばされそうだな(笑)



    
    

2007/4/20

サザーン・ボーイがそっと胸に手を当てた  

19日はトニー・ジョー・ホワイトの取材を
横浜国際ホテルで行った

編集部の祢屋康さん 通訳の前むつみさんと
ロビーで待っていたら
あのトニー・ジョー・ホワイトが登場!
こちらに歩み寄ると いきなり握手を求めてくる

約1時間 用意した20の質問はほぼ出来たし
ロリー・ギャラガーやエディ・ヒントンへの賛辞
そして勿論 彼が思う「スワンプ音楽」のことまで
いろいろな話を聞くことも出来た

当日の夜 横浜サムズアップで行われたライヴ演奏は
渋谷公演と同じく「リッチー・ウーマン・ブルース」や
「ストックホルム・ブルース」の弾き語りに
始まりティナ・ターナーに書いた「スティミー・ウィンドウズ」まで
基本的な構成に変わりはない

しかし 前述したロリーとエディの話に絡めれば
渋谷で演奏した「飛ぶカラスのように」はやらずに
「ホングリー・オブ・300ポンド」を歌うなど
部分部分はやはり流動的なもので
お楽しみのリクエスト・タイムでは
なんと「フォー・オールド・タイム・セイク」の声に応えた
まさに懐かしい曲だ

ブルースのライヴをコール&レスポンスだと短絡して
やたら大きい声で掛け合いをする弱冠約1名の客が
うるさいなあ とは正直思った
それも静寂を聞き取るようなバラード「雨のジョージア」の時なら
なおさらだ
みんながそれぞれ内なる「ブルースとの対話」をしているのに
それはないだろう

とはいえ 「うわあ濃いものを聞いたなあ」という確かな手応えが
取材も含めて今もまだ残る素晴らしい一日だった
「ツアーが終わったら釣りに行くのさ」と語っていたトニー・ジョーは
飾らず実直でリアルなサザーン・ボーイといった風情だ

音楽の動機に関わる根本的な質問をぶつけたら
彼は分厚い胸に そっと手を当てた







2007/4/18

Who’ll Stop The Rain?  Rock N Roll

朝起きてテレビを見たら衝撃的なニュースが飛び込んできた
そう ご存じのように 長崎市の現職市長が選挙中に凶弾に倒れた事件である
さまざまな識者や関係者が 政治的なメタファーや時代背景のことを
絡めて いろいろな発言をしている

少しの想像力を働かせてみれば
ミック・ジャガーやニール・ヤングがライヴ演奏の最中に
銃殺されることの重みと まったく変わることがないことに
否応なく気が付かざるを得ない
あるいは80年の寒い12月に撃ち抜かれた「彼」のことを

佐野元春が6月に発表する新作アルバム「COYOTE(コヨーテ)」の
サンプルCDを 今日激しい気持ちで聞いた
まだ多くの感想を言える段階ではないが
「きみが気高い孤独なら」の一曲を聴くだけで
佐野がこの厳しく困難な時代と拮抗する希有な表現者であることが
すぐに解る

もっと平たくいえば
無邪気で従順なポップ・アイドルが「雨」を歌うのと
多くの試練と体験を積んだ佐野が「雨」を歌うのでは
その意味 暗喩 込められた感情の度合いが違うのだ
別にポップ・イコンを貶めるのではない
ただ 音楽の持つ重層性のことを 僕は言いたいのだ

この「雨」を止めるのは誰なんだい?
ジョン・フォガティが70年のはじめに歌ったこの曲さえ
未だに多くの意味を聞き手に促す
それをどう感じるのかは きみの自由だ









2007/4/17

定型外の無頼ブルース〜トニー・ジョー・ホワイト  

昨日トニー・ジョー・ホワイトを渋谷のクアトロにて

濃密な夜だった
冒頭の弾き語り「リッチ・ウーマン・ブルース」
(要するにヒモの歌)から
あたりの空気を一瞬にして変えてしまう磁力は
まさにリアル・ブルースの極北と言えるほど

ルイジアナの闇夜にす〜っと糸を引いていくような
ダークな作風をもった曲が
バリトン・ヴォイスとフンパーストンパー(註1)と
ハーモニカによって息吹を与えられていく

寺田くんや和久井さんとも話したように
相方のドラマーが繰り出すビートは直線的で
もう少し横揺れのグルーヴが欲しかった気もしたが
そこら辺のことは 案外トニー自身は
あえて「立て振り」を欲っしているのかも
ジョー・ヒル・ルイスのワン・マン・バンドのように

昼間 仕事でちょうどドンカマ(註2)相手のローウェル・ジョージの
デモ吹き込みを聞いていたせいもあって
ベースレスの場合 グルーヴをどう認識するかという
ことも いろいろ考えさせられた

それにしてもワウワウを踏み込んでざくざくと
切り込んでいく迫力は悶絶級
「俺は昨日監獄から出てきたんだぜ」と言われれば
信じてしまいそうな業の深さ
まさにブルースだ

しかもギター・ヒーロー伝説や
ホワイト・ブルースの文脈には収まらない
圧倒的なデルタ感覚がトニー・ジョーの骨子だろう
そう ジョン・リーからRLバーンサイド
ジョン・スペンサーに繋がっていく流れのど真ん中に
彼は鎮座していた

いやあ ディープな夜を堪能しました
終演後は増渕英紀さんやオレンジ・カウンティの谷口さんたちと
軽く一杯!

そういえば開演まえにユニオンで 偶然「トニー・ジョー」
(モニュメント時代のサード・アルバム)の日本盤を1000円で捕獲!
別ジャケットでかっこいい!
ライナー担当は八木誠氏
執筆日付は70年10月となっている


(註1)「フンパーストンパー」
 ワウワウをはじめとするペダル・アタッチメント
 を総称する
 トニーのアルバム・クレジットには殆ど必ず
 用いられている

(註2)「ドンカマ」
 簡素なドラム・マシーンのこと
 デモ演奏などを一人で宅録する際
 「伴侶」となる
 







2007/4/16

4月15日  

7時起床 10時より執筆を開始する
今日はすべてリトル・フィートのアルバム評を数点

日曜日のざわめきが果てしなく「仕事」の意欲を奪っていくので
夕方 地元の江古田を歩く
某新興宗教系政治団体の選挙演説が実に厚かましく
「おまえらなんか大嫌いだ!」と つい絡みたくなる

大好きなワンインチ・ロックで
フェイシズ71年のブートレグと
ロン・ウッド「ナウ・ルック」のCDを
2枚でわずか1100円^0^

帰り道に毎日新聞の日曜版を買うのが俺の趣味
「日向ぼっこが俺の趣味」とは 愛するキンクスの
RCAイヤーズの邦題である

   僕はただ日向に寝そべって
   夏服を着たお嬢さんが通り過ぎるのを見ている
   (レイ・デイヴィス「日向ぼっこが俺の趣味」)

素晴らしい! 栄枯盛衰を滲ませた達観もあれば
最近のアキバ系ではないけれど
ちょっとモラトリアムな青年のつぶやきも見て取れる
そんな主人公に果てしなくシンパシーを感じる僕もまた
企業社会から落ち零れていった

確か 中村とうようさんが名物コラムで書いていた
「このまま銀行員をやっていたら 僕はたぶん最低の
人生を過ごしただろう」
そんな青さを 真に受けてしまった48歳の愚か者
それが僕だ

「勝手な思い込みだけで生きていけるなんて思うなよ」という
自問や 他者のありがたい忠告もあった
それでも 「勝手な思い込み」さえ許されないとしたら
それは何て 窮屈な世の中なんだろうと思う

焼き鳥屋から香ばしい匂いが漂ってきた
塩にしますか? タレにしましょうか?
どっちでも大丈夫だよ きみらしくあれば

「ウー・ララ」でも一緒に歌いましょうか
御同輩!














 


 


2007/4/15

Everybody Talkin' bout Me  

たまにはくだけて(いつもか?)
原稿の合間にバカなことでも書いてみましょう
私に関するクイズです
以下の設問のなかで事実であるものを指摘されたし
正解は明日にでも

1 小尾は先月20本原稿を抱えていた
2 小尾は佐野元春に原稿を誉められたことがある
3 小尾は港港に女がいる
4 小尾はキャンド・ヒートのメンバーを言えない
5 小尾はエピフォンを知らなかった
6 小尾はスピナーズのアルバムを持っていない
7 小尾はタブ・ファルコを知らなかった
8 小尾はToto〜エアプレイ一派が苦手である
9 小尾は坂口安吾を読んだことがない
10小尾はマーク・ジョーダンの「マネキン」アルバムが好きである

さあて、あなたは何問正解する?

2007/4/15

4月14日  Rock N Roll

dj@フィガロ by obin

1 キンクス 「デヴィッド・ワッツ」
2 プリテンダーズ「悪い感情にさせないで」
3 プリテンダーズ「チェイン・ギャングに戻って」
4 ジョン・レノン「ジョンとヨーコのバラード」
5 ハニー・ドリッパーズ「ロッキン アット ミッドナイト」
6 エルトン・ジョン「土曜の夜は僕の生きがい」
7 ブルース・スプリングスティーン「ハングリー・ハート」
8 ザ・ロネッツ 「ベイビー、アイ・ラブ・ユー」

他の方へのリクエスト曲
1 エリック・クラプトン「イージー・ナウ」
2 RCサクセション「明日なき世界」

というわけで本日は狭山でDjをしてきました
今日は原稿は一切書かないぞ と決めて
いい気分転換になった

捕獲は 見て安い時に買うジョニー・ウィンターを
100円で 佐藤さんに感謝!
アルバム表題はStill Alive And Well
つまり「どっこい生きてるぜ」と





2007/4/14

4月13日  

本日も9時半より図書館にて原稿を
図書館なので手書きでノートに
アルバム評を15点ほど書き上げる
なんだかんだで午後1時までかかる

夕方より渋谷で本の打ち合わせ
2月からだらだらと気ままに書いてきた僕の「自由原稿」も
いよいよ今後は具体的なタイム・スケジュールに乗りつつある
デザイナーの方も交えて
字体から装丁のことまでいろいろと話し合った

その後は近くのバーで懇親会を
20代の美人編集者 30代の父親になったばかりの代表者
50代の辣腕営業人のお三方とともに 杯を重ねる
あっ 僕はといえば40代後半の訳のわからないおやじです(苦笑)

営業社長の方とはお互いの前職が同業だったこともあり
懐かしい話が飛び交う
代表の方は本好き 読書好きを滲ませる
そして編集の方は とにかく素直だ 曇りとか淀みがない気がする
大きなお目目でそんなに見つめないで〜♪ という感じです

出版という職業はいいなあ としみじみ思う
お三方と接していると とにかく本が好きで
いい本を作り 売りたいということが伝わってくる
そんな彼らと一緒に仕事を出来る幸せを噛みしめる

いつしか四人は中目黒に流れて バードソング・カフェに
何だか「一人ぽっち」の寂しさが救われたような
爽やかな春の夜だった








2007/4/13

4月12日  

朝9時半より練馬図書館にて原稿書き
天気もよく陽差しが窓から零れ 鳥のさえずりも聞こえる
10時までは窓を閉めずに空気を入れる配慮が素晴らしい
こういう静寂の時間と空間を いかに切望していたことだろう

平日の図書館は空いていて実に快適だ
館内にいるのは暇をもてあましているリストラおやじに
郷土史の分厚い資料本を紐解いているインテリおやじに
訳が解らないロッキンおやじ(僕のこと)など
そんな落ちこぼれの人たちばっかり(苦笑)
これもまた 社会の縮図であろうが
なんだか暗黙のうちに温かい空気が流れているのが解る
どう考えても満員電車よりは ずっと人間的だ

午後は志水辰夫「行きずりの街」(新潮文庫)を購入後
久しぶりにレコードを買う
本日の捕獲はシングル盤3枚

◎Jr Walker&The All Stars/Home Cookin (Soul City s35055)
◎Wilbert Harrison/Lets Work Together (Sue 11)
◎Steely&Clevie/Ooh Child (S&C 番号なし)

いずれも次回DJ用 順にモッズ定番、ガレージR&Bの最高曲そして
スタン・ヴィンセントの名曲をレゲエのS&Cで
Versionの方の機械ウネウネ感も最高!
曲自体はファイヴ・アップステアーズをオリジナルにしつつ
ニーナ・シモンからローラ・ニーロまで多数のカヴァーがある名曲だが
レゲエ・ファンならばフレディ・マクレガー版をチェックして頂きたい

夜は編集青年が最新のゲラと一緒にロニー・レインのレコードを
返却にくる
校了を祝して 近所の喫茶店でビールを
「ストレンジデイズ」のロニー・レイン特集は全部の作品
を網羅するなど 僕もそれなりに協力させて頂いた
今月20日発売なので よろしくです




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ