東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/4/11

杉浦日向子さんを偲ぶ  

杉浦さんが亡くなってから はや2年近く
僕は夕刊を読んでやっと思い出す程度ですが、、、
杉浦さんは 江戸文化のよき理解者でもありました

ちなみに江戸の太平の「三ない主義」とは

 モノを出来るだけ持たない
 出世しない
 悩まない

杉浦さんはこの「三ない主義」について こうコメントしています
「この三ないを私たちは全部持とうとしています
今の産業社会で 飽食の果てに来るものというのは疲弊した肉体と精神で
このままただなし崩し的に滅びていくよりは
新しい貧しさを選択したほうが私はよいと、、、」

なんて清冽な見解だろう

自分に照らし合わせて考えてみると

「モノを出来るだけ持たない」
 う〜ん 微妙です レコードとCDの山に
 日々囲まれていますから
 でも  それ以上に思うのは 
 今部屋にあるすべての音源を 
 残りの人生で全部聞くことはできないということ
 いわば人間のキャパシティに関係する問題ですね

「出世しない」
 上昇志向が強い人とはこれまで友だちになったことが
 一切ありません
 ジェイムズ・テイラーの名盤「ゴリラ」のジャケット
 が指し示していること
 海岸の石ころで僕は充分です

「悩まない」
 誰誰がこうでああでといった愚痴っぽい会話の輪は 
 ただ単に平行移動して別の輪になり
 不毛を繰り返すだけのことなのでくだらんっすよ
 ダブルスタンダードって言うんですか?
 それを繰り返すのは愚かでしょう


そんなことを考えた 雨の午後でした
  





2007/4/10

4月10日  

6時半起床
9時から原稿に取り組む
まずは「レコードコレクターズ」用に書いたロニー・レインの映画記事の推敲を
昨日に引き続いて行う
この原稿は送信後 編集の方からお誉めの言葉をメールで頂く
単純な感激屋であるという僕の本性をどうやら見透かされているようである
僕をヨイショしてくれる人と 僕にビールを奢ってくれる人はいい人だ! ^0^

次にクリーデンス概論と 彼らのアルバム「バイユー・カントリー」
「グリーン・リヴァー」「コスモス・ファクトリー」のレビュー原稿を
河出書房新社用に 短い文字数のなかでうまくエッセンスをまとめるのは
僕はわりと得意な方である(と自分で思っているだけ)
ここまで午前に仕上げる予定が
何だかんだであっという間に3時に

夕暮れ時は カントリー・ロックのポコを何故か無性に聞きたくなり(理由不明)
ダンボールに眠っていた彼らのkeeping the legend aliveの映像を楽しむ
04年にナッシュヴィルで行われたライヴ演奏だ
ほとんどの曲を口ずさめる自分に驚いたりして、、、
リッチーもラスティも元気そうで良かった
彼らのハイ・ハーモニーも健在で嬉しい
そしてポール・コットンが弾くギターの腕前には さすがに唸らされた

夜はまた別の編集の方から連絡を頂く
話の流れから
驚いたことに この前の僕の知人の葬儀に編集部三人で駆け付け
祈りを捧げて頂いたことを 初めて知る
当日は そんなことにも気が付かずにごめんなさい

温かい思いだけが残った








2007/4/9

春だったね  

地元の江古田から池袋まで歩いたり
中野の哲学堂で休息したり
今日は社会保険庁で手続きを済ませたあと石神井公園の
川面を漕ぐボートを ぼんやりと眺めていた

原稿はやや小休止といったところ
今日はロニー・レイン原稿の手直しに
クリーデンス原稿に着手
トニー・ジョーには どんな質問をしようかな?

およそ30年まえの今頃も
こうして日溜まりの公園にいたなあ などと
所沢の米軍基地跡に出来た高校を卒業した僕は
ザ・バーズ「グレイテスト・ヒッツ」を買ったのだった

リッケンが鮮烈に響き渡る「タンブリンマン」や
輪廻みたいな「ターン・ターン・ターン」を聞き直すと
今なお僕は 新しい季節への予感に満たされていく
桜の木は 桜ばかりを咲かせていくわけではない

しっかりと根を張った大樹を見ていると
自分がいかに狭い世界しか見ていなかったかが 解る
いや 解った気がしているだけかもしれないけれども
それでも 気が付かないよりは ずっとましだ

靴底を見る
広がる空を追いかけていく
たぶん その繰り返しのなかに
答えが少しだけ隠れているのかもしれない

2007/4/8

友部正人「遠来」  Rock N Roll

きみがニューヨークにいるのと同じように
僕は東京にいる
きみがニューヨークでアパートを借りているのと同じように
僕は東京で借家住まいだ
きみはニューヨークで新しい友だちを見つけただろうか
僕は東京で見つけたよ
そして僕もきみも東京とニューヨークで
歌のことを考えている

きみがインドにいるのと同じように
僕は東京にいる
きみがインドで丘の上の大木を見上げているように
僕は東京で庭の木を見上げている
きみはインドで赤いけさを着てお祈りしているという
僕は東京でコーヒーを飲みながらお祈りしているよ
そして僕もきみも東京とインドで
湯気を立てて晩ごはんの支度をしている

きみがフランスにいるのと同じように
僕は東京にいる
きみはフランス人の書類第一主義のやり方に腹を立て
僕は日本人のあいまいなやり方に腹を立てる
きみからたまにはおいしいものを食べに行くよと手紙が届いた
僕は東京にいておいしいものってなんだろうと思っている
そして僕もきみも風向きが変わり
ヨットは同じ方に走り始めている

きみが台湾にいるのと同じように
僕は東京にいる
きみは台湾に行ってアジアが見えたかい?
僕は東京にいてこの町もわからない
こんなにたくさんの人が生きているのにという
そんな悔しさに奪われることはないかい?
そして僕もきみも東京と台湾で
捨てるもののなくなったドブ川を眺めている

きみが地球にいるのと同じように
僕は地球の上にいる
夜になるとたくさんの町の灯が
つながってひとつになるのを見たことがある
僕らはいつもどこか遠くから
僕らのいる星を眺めている
そして僕もきみもこの地球の上で
解り合えないまま 距離ばかりを大切にしている


Words and Music by 友部正人
P&C 1983 Japan Records
アルバム「Pokhara」より


2007/4/7

ジーン・クラークが好きだった  Rock N Roll

ザ・バーズ歴代のメンバーには個性豊かな人が多かったけれども
僕はジーン・クラークがとりわけ好きだった
どことなく影のある作風が心に残ったし
あっさりグループを抜けてブルーグラス・チームを組んだり
ソロ・アクトに踏み込んだりする一匹狼のような佇まいが好きだった
群れを好まず いつも俯き加減で ナイーヴで

ソロ作品ではやはり「ホワイト・ライト」(71年)が別格の出来映えだと思う
というか 僕は呆れるほどこのアルバムに針を落としてきた
彼の震えるような歌声は 僕を裏切ることがなかった
やや抽象的な言い方かもしれないが  そうした感想が確かにある

で その盤の初回版をとうとう見つけてしまった
お茶の水のディスクユニオンの投げ売りコーナーで 約1000円也
それも 会社で離職票の手続きを済ませた昼に

A&M SP4292という品番はセカンド・プレス以降も続き
レーベル面に書かれたWhite Lightという文字も生かされたけれども
ジャケットには 表にも裏にも 背表紙にさえ
その記述はなく Gene Clarkという文字だけが白抜きされているだけという
不可思議さ

そんな経緯があったせいか 日本キングのリイシュー LP(GXG1036 77年)にも
このタイトルは生き長らえた
現行のCDではどういう扱いなのだろうか
「ホワイト・ライト」という曲自体はA面の3曲めに収録されているものの
当時は何故このタイトルが? という論調が一般的だったと思う

アルバム・タイトルを比較的軽快で ザ・バーズを思わせる「ホワイト・ライト」の曲に
準拠させるのか それとも
ジーン・クラークというセルフ・タイトルにするのか
恐らく製作の時点で スタッフに迷いがあった結果なのだろう
そんな状況ひとつにさえ ジーン・クラークという音楽家が置かれた
中途半端な立場が露呈されているといったら  あまりにも酷だろうか?

ジーン・クラークの音楽は 聞き手に奇妙な染みのようなものを残していく
それはうまく言えないけれども
どんなに明るい光のなかに立ったとしても そのぶんその人の影は伸びていくような
孤独で危うい感情だと思う

光ばかりを求めていても駄目なんだ
暗闇に隠れているだけでもいけないんだ
勝利の美酒に酔いしれても 負け戦を繰り返したとしても
光と影は  ある日きっと束となって訪れる
それも突然に

そんな問いを僕は彼に投げかけてみる
ジーン・クラークは もう永遠に何も答えてくれないけれども

















2007/4/6

思い入れという総体  

音楽というものは罪なものだなあと思う時がある
別に音楽ではなく映画でも本でも構わないが
映画は映画館に行かなければ見に行けない時代があったし
本は本屋さんに行って購入しなければ読むことが出来ない

ところが音楽の場合は まあレコードを買ったりしなくても
電波で聞こえてくるという瞬時性の極地のような媒体である
私は中学に入り立ての頃 ラジオから流れてきたビートルズに圧倒された
そして今 私の周りには 私のような体験をした人たちが とても多い

そういう人たちは誰に頼まれるのでもなくギターを購入したり
バンドを組んだり 雑誌を立ち上げたり ライターになったり
エディターになったり 写真家になったり ロック・バーを開業したり
レコード屋を始めたりした  そう 誰に頼まれるわけでもなく

私もいつしか 自分の見た(勝手な)思いとか夢に巣喰うような男になっていた
むろん収入は激減したが それが何ほどのものだろう?
少なくとも時間に囚われ 我慢大会をしているような人生よりは ずっといい
まだとても「芸は身を助ける」の域までは行かないけれども

明日も原稿を書こう
巣喰った夢に 終わりはない













2007/4/5

4月5日  

6時起床 4月から始まった NHKの連ドラ「どんど晴れ」を見るのが
毎朝の楽しみである ヒロイン役の新人、比嘉愛未は正統派の美人!
モデル出身で今回3000人のオーディションから選ばれたという
まだ若さという武器しかないような演技も含めて 好感を持っている

8時半より 執筆を開始
前日から取り組んでいたリトル・フィート「タイム・ラヴズ・ア・ヒーロー」の
CDライナー原稿だ
午前一杯で仕上げるつもりだったが 結局昼食を遅らせて午後2時まで
高校〜浪人時代の「新譜」が「ラスト・レコード・アルバム」(75年)であり
今回の「タイム・ラヴス・ア・ヒーロー」(77年)であったことは
原稿のイントロダクションとして 正直に書いたつもり
今回はあの素晴らしいライヴ・アルバム「ウェイティング・フォー・コロンブス」
(何というタイトル!)のライナーを同時に担当させて頂いたこともあって
70年代後半のロックを巡る複雑な状況に思いを巡らせたり、、、

3時頃から本日届いたThe Dig誌のディラン特集を読む
自分が書いた拙稿はともかく
ディランのアルバムを聴きながら
一通り楽しく読み終えたら 夕方になっていた

ちなみに同誌で企画された「オレのディラン10枚」の一位に
僕は(当然ながら)「血の轍」を選出
理由は書いた通り

そう、「血の轍」には弱虫の彼が感じられるから














2007/4/3

アヒルと鴨と友だちと  Rock N Roll

渋谷にある試写室で 伊坂幸太郎が原作を書いた
「アヒルと鴨のコインロッカー」の映画を見る

仙台を舞台にした友情物語といってしまえば
ありきたりに過ぎるけれども
偶然と必然 過去と現在が絡みあう濃密な物語である
解りやすく言うとしたら
一見普通の隣人が背負ったものを思い知らされるような

僕の好きな寓話(ファンタジー)が絵空ごととしてではなく
仙台という地方都市で交差する
映画を見る者ひとりひとりに「続き」を委ねるような響きが
鮮烈だ

もっと激しく言ってしまえば
ディラン「風に吹かれて」(オリジナルに許諾が出た!)の意味が
もっと一人一人の日常に寄り添ったり 自問を促したり
あるいは沈殿していくような
そんな響きがある

原題にある「コインロッカー」なり「アヒル」なり「鴨」が
意味するところ メタファーとなる部分は
この映画を見る人の楽しみとして
そっと喉元にこらえておこう







2007/4/2

とにかく書くしかない  

告別式の帰りに江戸川橋沿いを歩いた
桜が残酷なまでに咲いていました
ここ一ヶ月に書いた(一部これからの)原稿と掲載メディアを整理しておきます

◎ロックとボブ・ディラン (The DIg 4月発売)
◎カントリーとディラン (同)
◎私の好きなディランのアルバム(アンケート) (同)
◎ロリー・ギャラガーの人間性 (ストレンジデイズ 4月20日発売)
◎ロリー・ギャラガーの作品紹介 (同)
◎トニー・ジョー・ホワイトの来日に寄せて(レコードコレクターズ4月15日発売)
◎トニー・ジョー・ホワイトへの取材( 同5月15日発売)
◎トニー・ジョー・ホワイトの作品紹介(前掲The Dig誌)
◎ロニー・レインとパブ・ロックの仲間たち(前掲ストレンジ誌)
◎ロニー・レイン来日公演の思い出(同)
◎ロニー・レイン関連の作品紹介(同)
◎ロニー・レインの映画について(レコード・コレクターズ5月15日発売)
◎ザ・バンド概論(河出)
◎バッファロー・スプリングフィールド概論(同)
◎ジェフ・ベック概論(同)
◎クリーデンス概論(同)
◎バッファロー・スプリングフィールド「アゲイン」のライナー(発売中止)
◎リトル・フィート「タイム・ラヴス・ア・ヒーロー」のライナー( ワーナー)
◎リトル・フィート「ウェイティング・フォー・コロンブス」のライナー(同)
◎佐野元春〜ラジカルな知性 (佐野website)
◎キング・クリムゾン(未定)
◎ブリティッシュ・ビート(未定)

その他 アルバム評 8本
「自由原稿」4本など











teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ