東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/4/11

杉浦日向子さんを偲ぶ  

杉浦さんが亡くなってから はや2年近く
僕は夕刊を読んでやっと思い出す程度ですが、、、
杉浦さんは 江戸文化のよき理解者でもありました

ちなみに江戸の太平の「三ない主義」とは

 モノを出来るだけ持たない
 出世しない
 悩まない

杉浦さんはこの「三ない主義」について こうコメントしています
「この三ないを私たちは全部持とうとしています
今の産業社会で 飽食の果てに来るものというのは疲弊した肉体と精神で
このままただなし崩し的に滅びていくよりは
新しい貧しさを選択したほうが私はよいと、、、」

なんて清冽な見解だろう

自分に照らし合わせて考えてみると

「モノを出来るだけ持たない」
 う〜ん 微妙です レコードとCDの山に
 日々囲まれていますから
 でも  それ以上に思うのは 
 今部屋にあるすべての音源を 
 残りの人生で全部聞くことはできないということ
 いわば人間のキャパシティに関係する問題ですね

「出世しない」
 上昇志向が強い人とはこれまで友だちになったことが
 一切ありません
 ジェイムズ・テイラーの名盤「ゴリラ」のジャケット
 が指し示していること
 海岸の石ころで僕は充分です

「悩まない」
 誰誰がこうでああでといった愚痴っぽい会話の輪は 
 ただ単に平行移動して別の輪になり
 不毛を繰り返すだけのことなのでくだらんっすよ
 ダブルスタンダードって言うんですか?
 それを繰り返すのは愚かでしょう


そんなことを考えた 雨の午後でした
  







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ