東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/4/23

「ペット・サウンズ」から逃れて  

しかしビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ」が
60年代を代表するロック・アルバムで第一位
(レココレ最新号)とは、何とも違和感を覚えざるを
得ない

だいいち60年代にこれを評価した人なんていなかったでしょ?
といった回想モードはともかく
近年急速に高まった再評価を念頭に置いても
その繰り返しにはあまり意味を見出すことが出来ないのだ

というか どうしてビーチ・ボーイズの最高傑作は
「トゥディ」である! という当たり前のことを普通に言う
私のような人間がいないのか 不思議

「ペット」はブライアンのソロ・アルバムであり自己告白であり
BBという「グループ」の歌ではない、というのが
以前から続く私の見解です
確かに画期的で創造性に満ちたアルバムだということは
聞けば解るのだが
そうした賞賛を言われれば言われるほど
逃げだし 反発してしまいたくなる我が習性よ、、、
どうやら「群れる」ことが本能的に駄目なんだなワタクシは

群れない つるまない 囲い込みをしない
一人で考える 自分の感じ方を大事にする
自分の見解を他人に伝える

それがいかに尊く かつまた困難なことか
あなたの周りの「大人たち」を見てごらんなさい
「自分で考える」人間がいかに少ないか、、、

たとえ一人ぽっちになったとしても
私は「トゥデイ」アルバムを永遠に愛するだろう




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ