東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/5/7

最近購入したLP/CDから  

仕事関係以外で買ったものを 整理の意味でも書いておきますね

1 The Tams/A Little More Soul ( abc)
アトランタR&Bの良心がここに! MODS 御用達!
2 Friends Of Distinti / Grazin (RCA)
よく知らないが 4人組のソウルグループ 
3 Walter Davis&Crarence Lofton ( Yazoo)
バレルハウス ピアノのコンピ
4 Greezy Wheels / Millennium Greezy (indi)
川田さんに無理矢理? 売りつけられた^0^
5 Martin, Bogan&The Armstorong/Old Gang Of Mine (flying fish)
久しぶりに良い
6 David Bromberg /Try Me One More Time (appledeed)
おっさん、いい味出してます さすがブロムバーグ
7 布谷文夫 「悲しき夏バテ」(Naked Line)
 やぶれかぶれの名盤、復活です
8 カンヴェイ アイランド オールスターズ
  /エスケイプ フロム オイル シテイ(MSI)
パブロッカーの集い リー ブリローも参加!
9 Gene Vincent / The Day The World Turned Blue (Buddah)
これが多分遺作
10 Mitch Ryder&The Detroit Whells / Sock It To Me! (New Voice)
門答無用のデトロイト ロック
  ミッチ ライダーを嫌いな人間は信用出来ない
11 John Mayall Plays John Mayall (Decca)
名盤です カッコイイ!
12 Mooney & His Lucky Rhythm/ Hey Good Rockin(indi)
ムーニーさん本人から頂いた! すごくいいです
   ありがとうございました
13 Mose Allison/Who Man On The Loose(Atlantic)
モーズのアルバムもだいぶ集まってきました
14 ジミ ヘンドリクス「クラッシュ ランディング」(ポリドール)
   家になかったのであせって購入 これがいいのですよ
15 Pat Boone/Departure (polydor)
ライ クーダー参加!
16 Oily Rags
チャス&デイヴの前身 イアン ウォーレスがds
    再発ジャケも味わいが、、、
17 リッチー ヘヴンズ「1983」
   ドノヴァン「天国の愛に包まれて」のカヴァー、秀逸です
   ケン ローバーが参加
18 John David Souther (Asylum)
オリジナル米盤 白アサイラム 黒袋
   名曲「アウト トゥ シー」収録
19 Harry Tuft / Across The Blue Mountains ( folk-legacy)
アーティ トラウム参加の76年盤
   鈴木カツ氏も絶賛の名盤を オリジナルLPで、、、
20 Nick Lowe/ LAFS ( F-Beat XX36T)
12インチ コステロ参加の名曲
    コリン フューリー氏のエンジニアリングも冴えています!
    バカラック作「ベイビー、イッツ ユー」のカヴァーが
    また良いんだなあ〜

その他 ライクーダー「紫の渓谷」、ジムパルト「アウト ザ ウィンドウ」
エリー グリニッジのヴァーヴ盤 デッド「スティール ユア フェイス」
スプリングスティーン「ザ リヴァー」
クラッシュ「ブラック マーケット」などの買い直し組(英盤や米盤で
何度も!)
一番嬉しかったのが R.Crumbの絵本&CD「Heroes Of Blues,Jazz&Country 」
でも ゆっくり聞けるのは 一体いつになることやら、、、


















teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ